宮崎県の口蹄疫問題で、現地対策本部長を務めていた山田正彦農相の後任として篠原孝副農相が10日、宮崎入りした。副農相は、対策特別措置法に基づく一定地域での強制的な殺処分の可能性について「消毒で防げればいい。なるべく無駄な殺処分は避けたい」と慎重な見方を示した。

 東国原英夫知事と懇談した副農相は「全力を尽くしてまん延防止と農家の不安をはらい、経営支援対策に取り組む」と強調した。知事も「何とか封じ込めていたが、都城に飛び火し残念。一致団結して頑張りたい」と応じた。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎・日向の牛にも症状
口蹄疫:「自衛しかない」 最大の畜産地・都城、悲嘆
口蹄疫:菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合
口蹄疫:宮崎・都城の肥育牛「陽性」 208頭殺処分
口蹄疫:日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市

ハイエース盗の輸出手助け、貿易代行業者も再逮捕 兵庫県警(産経新聞)
衆院で統一会派=国民新、新党日本が合意(時事通信)
家族旅行回数、仏韓の約半分=観光白書(時事通信)
阿久根市長への告発状、地検受理…職員降格問題(読売新聞)
「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
AD