日本ケミカルリサーチ(JCR)と大日本住友製薬は5月27日、現在両社で販売している遺伝子組換え天然型ヒト成長ホルモン製剤グロウジェクトの販売提携契約を解消するほか、7月1日付で大日本住友製薬の成長ホルモン事業をJCRに譲渡し、販売をJCRに一本化する事業譲渡契約を締結したと発表した。これについて両社は1月に基本合意書を交わしていた。

 グロウジェクトは、JCRが1995年に発売し、2000年から大日本住友製薬と同一ブランドで販売している。今回の契約締結についてJCRは、昨年にバイオ後続品が上市されるなど成長ホルモン分野での競争環境が厳しくなり、グロウジェクトの販売最大化を目指すための具体的な方策について両社で協議・検討を重ねた結果、JCRに販売を集約することが望ましいとの結論に達したとしている。

 グロウジェクトの昨年度の売上高は、JCRで前年度比5.6%増の85億円、大日本住友製薬で7.0%増の46億円だった。JCRによると、成長ホルモン分野の市場は拡大傾向にあり、グロウジェクトは売り上げが増加したものの、シェアは縮小したという。


【関連記事】
初の国産バイオ後続品を新発売
「バイオ後続品」で先行―サンド日本法人
バイオ後続品の薬価算定に配慮を―中医協・長野専門委員
アバプロ、ロナセン、プロレナールで360億円に―大日本住友製薬
昨年度の医療用薬市場は6.3%増の8兆8968億円

<普天間問題>自民、不信任案提出へ(毎日新聞)
<エベレスト>13歳と50歳の世界記録誕生(毎日新聞)
アユ密漁容疑で書類送検 「稚魚がおいしい…」(産経新聞)
学生1400人の情報流出=教授がUSBメモリー紛失―関西大(時事通信)
老人介護施設で8千人が「虐待」の身体拘束(医療介護CBニュース)
AD