5日午前9時10分ごろ、群馬県伊勢崎市境保泉(さかいほずみ)、石材業、藤生(ふじう)一郎さん(53)方から出火、木造2階建て住宅を全焼した。焼け跡から3人が遺体で見つかり、女性1人が病院に運ばれたが死亡が確認された。県警境署などによると、藤生さんら家族4人と連絡が取れなくなっており、身元の確認を急いでいる。

 同署によると、藤生さんは妻(53)と長男(26)、長女(24)の4人暮らし。

 現場近くの女性(63)は「バーンという音がしたので、交通事故かと思って外に出ると、さらにバンバンと爆発音がし、居間から火柱が上がった。助け出そうとドアのチャイムを鳴らす人がいたが反応はなかった」と話した。別の主婦(60)は「爆発音で外に出ると、火柱と黒煙が上がっていた。『火事だ』と叫ぶ声も聞こえた」と話した。藤生さん夫婦は中学、高校時代の同級生同士で仲が良かったという。長男は藤生さんと同じ職場で働き、長女は会社員という。

 現場は、東武伊勢崎線剛志駅から北西に約200メートルの住宅と田畑が混在する地域。【鳥井真平】

【関連ニュース】
宮城アパート火災:重体の2歳長男も死亡
群馬たまゆら火災:理事長、施設長を起訴 業過致死罪
火災:アパート爆発 1人死亡3人やけど 福島・矢吹町
火災:住宅全焼1人死亡 栃木・真岡
火災:団地の1室全焼2人死亡  山梨・南アルプス

避難所利用わずか6.5% 第1波後、次々と帰宅 東北4県(河北新報)
シャチに5億円!博物館から水族館へ国内で異例の譲渡(スポーツ報知)
<チリ地震>日赤あて義援金の現金書留は無料に(毎日新聞)
「記者会見は全面開放すべき」 新聞労連が大手マスコミに提言(J-CASTニュース)
鳩山首相 政治家の監督責任強化に言及(毎日新聞)
AD