新学期、心配なのは「勉強」と「友達」-。バンダイナムコゲームス(東京都品川区)などが小・中学生(有効回答473人)に行ったインターネット調査で、こんな傾向が浮かび上がった。

 「学年が上がるに当たって心配だったこと」(複数回答)を聞いたところ、「勉強」が54.8%でトップ。「友達」51.2%、「先生」34.9%が続いた。

 学年別では、中学生(177人)の勉強への心配は72.3%で、小学生より高かった。友達面の心配も小学校低学年が28.6%と最も低く、学年が上がるごとに高くなり、中学生は61.6%。成長につれて、交友関係の変化を心配する度合いが高くなる傾向にあった。

「頑張りたい科目」はどの学年層でも理数系が1位。「算数・数学」が小学校低学年(71・4%)、高学年(64%)、中学生(71.2%)で最も多く、小学校中学年では54.9%が「理科」を挙げた。

【関連記事】
玄関先で立ち話、家には一切入らず…家庭訪問に“異変”
昇給なく雇用も不安定…外国人英会話講師の劣悪待遇“実態”
勤務先で多発、子供が大半…浮かび上がる教員のわいせつ行為
相次ぐ中学生の自殺なぜ 対人関係が苦手?
後絶たぬブログ、SNSでの“告白”

参院選民主予定者「逆風は覚悟している」(読売新聞)
たちあがれ、比例で杉村太蔵氏擁立(産経新聞)
旅先で野球拳「私的な席とはいえ…」町長陳謝(読売新聞)
国保組合の「入院・治療無料」見直しへ(読売新聞)
<詐欺罪>山内議員元秘書、詐取1件認める 東京地裁初公判(毎日新聞)
AD