8日午後5時ごろ、長野県下諏訪町の諏訪大社下社で開かれている御柱祭で、高さ約17メートルの柱を垂直に立てる「建て御柱」の最中、柱に乗っていた氏子の男性3人が十数メートル下の地面に落下した。県警諏訪署によると、3人のうち、同県岡谷市の増沢徳寿(のりとし)さん(45)と同市加茂町4の平田和也さん(33)が頭などを打ち死亡。1人が軽傷。他に1人が軽傷を負ったとの情報もあり、同署が詳しい状況を調べている。

 建て御柱は保管場所から境内へ柱を運び、複数のワイヤやロープで引くなどして垂直に立てる儀式。県警や祭りの参加者らによると、ワイヤ1本が切れて柱がぐらつき、3人はバランスを崩して落ちたらしい。命綱を付けていなかった人もいた模様。また周囲にいた1人に切れたワイヤが当たり軽傷との情報もある。

 諏訪大社の御柱祭は6年(数えで7年)に1度行われる。8日は最終盤の見ものである下社「里曳(さとび)き」の初日で、多くの見物客が見守る中、1本目の「春宮一」の柱を立てていた。

 県内外の関連神社でも御柱祭は行われており、4月には同県千曲市の神社で、建て御柱の最中に柱が突然倒れ、氏子の男性4人が巻き込まれて会社員(38)が死亡、3人が重軽傷を負った。【武田博仁、大平明日香】

【関連ニュース】
御柱祭り:神事中に柱倒れる 氏子4人死傷 長野・千曲
木落とし:急坂に熱狂 諏訪大社
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕
諏訪大社御柱祭:豪快「木落とし」--長野
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕

<もんじゅ>冷却系配管で高温警報(毎日新聞)
もんじゅ運転再開 感無量、職員ら拍手 「やっとスタート台に」(産経新聞)
滑走路にこすり傷=米デルタ機が接触か-成田空港(時事通信)
インド軍との物資融通検討=国際貢献で連携、対中けん制も-防衛省(時事通信)
廃棄すべき売れ残りの豚肉をカツ重にし販売/コープかながわ(カナロコ)
AD