東京都豊島区で96年、立教大学4年の小林悟さん(当時21歳)が男に突き飛ばされ死亡した事件で、警察庁は公費で懸賞金を支払う「捜査特別報奨金制度」の対象にすることを決めた。期間は11日から1年間。逮捕につながる有力な情報提供者には上限300万円の報奨金が支払われる。

 警視庁は傷害致死容疑で捜査したが、公訴時効直前の03年3月に殺人容疑に切り替え捜査を続けている。殺人罪の公訴時効は来年4月11日。

 情報提供は池袋署捜査本部(電話03・3986・0110内線3332)。

【関連ニュース】
【関連記事】忘れない:「似た男」追い続ける父 JR池袋駅立教大生殺害事件
【関連写真】池袋立教大生死亡:情報提供求めビラ配布 発生から13年(09年4月)
◇捜査特別報奨金制度対象事件◇浜田の女子大生遺棄:特別報奨金対象1カ月 情報提供、250件に

遺産2億円を脱税 開業医の養女告発 名古屋国税局(産経新聞)
地下鉄駅前で覚せい剤密売=容疑で自称イラン人3人逮捕-警視庁(時事通信)
<威力業務妨害>運動場に無断でミカン植える…容疑の男逮捕(毎日新聞)
個別記事リンクに賠償請求? 日経サイト方針に大批判(J-CASTニュース)
女子学生へのセクハラ  田勢早大教授が「解職」(J-CASTニュース)
AD