群馬県伊勢崎市は19日から実施したクールビズ実施の通達の中で、男性職員のひげを禁止することを明記した。同市職員課は「市民に不快感を与えないよう、一律に禁止する」と説明。総務省は自治体によるひげ禁止について「(内規などの)調査をしたことはないが、聞いたこともない」としている。

同市は18日、職員向けの通達で「髭(ひげ)についても不快に思う市民もいるため禁止します」と記載。同市役所は以前からひげ禁止は暗黙の了解といい、これまでもひげをたくわえた職員には個別指導している。約1500人の市職員の中で、現在ひげを生やしている職員は「把握している中では一人もいない」という。

明文化のきっかけは今月上旬、市内の男性からの「ひげを生やした職員がいる」という苦情。実際は男性職員のもみあげだった。【塩田彩】

金星探査機「あかつき」打ち上げ延期(産経新聞)
嫁不足…狙われる東北の農家 純粋な男心を弄ばれた被害者の心の叫び(産経新聞)
民主・横粂氏、「小鳩体制」にノー(産経新聞)
「マニフェスト」民主のせいでイメージ悪化?(読売新聞)
同志社大留学生らが「ワンコイン英語塾」 サラリーマンに人気(産経新聞)
AD