「日経新聞の黒い霧」など著書2冊で名誉を傷つけられたとして、日本経済新聞社が著者で同社元部長の大塚将司氏に3000万円の賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は23日、200万円の支払いを命じた。大塚氏は鶴田卓彦元社長の私生活を記したり、日経子会社の不正経理事件に経営陣が関与しているような記載をしたが、岡健太郎裁判長は「真実と認められない」と判断した。

 判決は記載について「元社長らの品性・人格が低劣でモラルに欠けるとの印象を与え、同社の社会的評価を低下させた」と指摘。一方で「名誉を傷つけたが、不正があると断じたわけではなく、比較的慎重な表現方法を用いている」とも述べた。【和田武士】

【関連ニュース】
名誉棄損:報道発表被害 原告の訴え一部認める…松山地裁
ネット名誉棄損訴訟:接続業者にも開示義務 最高裁初判断
2ちゃんねる名誉棄損:原告、元管理人の印税から賠償金
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
ネット書き込み名誉棄損訴訟:発信者情報、接続業者に開示義務 最高裁が初判断

JR西強制起訴 抱える難問 同じ証拠で異なる立証 被害者多数、どう意見反映(産経新聞)
選挙費用で整体・整髪…民主・長島議員が訂正(読売新聞)
「私は某御曹司。自民に資金提供を…」190万円を振り込ませる(産経新聞)
5月決着あくまで目指す=普天間、政府案は未決定-鳩山首相(時事通信)
両親を傷害致死罪で起訴 1歳児虐待死事件 寝屋川(産経新聞)
AD