女性首長を実現する会 あいち

今まで女性首長のいない愛知県に初の女性首長を出そうよ!


テーマ:
<FL政治塾(第9回)谷岡塾長ゼミ>
時  2016年7月29日(金)午後7時~
場所 大須 aichikara事務所   参加者 5名 
 →第10回は9月22日(金) 同時間、場所です
<8月は休講とします>

◇22日だった予定が変更になったこともあり、参加者は5名。
今後のスケジュールも含めディスカッションしました。
8月はオリンピックもあり、休講となります。
=========================
◎9月は、 9月23日(金)19:00から @大須aichikara事務所
=========================
この谷岡ゼミは来年3月をめどに終了、まとめることとしているので、
9月はこれまでの経過の検討とともに、後半の計画を立てる場にすることしました。

【そのほかのディスカッション】
◇参院選---どう動いたか
・女性首長の会は「いのち♡女性ネット」として、安保法制に反対する愛知地方区二名の女性を応援した。
共産党は、市民とつながっていこうという絵をしっかり示したが、民進党は組織(連合)頼みの態度。
これに対応し、市民としての具体的な「票」を確保するアクションのプランも始動しつつある。
・共産は変わろうとしているが、勝てていない。民進etcは過去の同じ態勢を変えていない。

◇参院選は選挙権が18歳に下がって初めての選挙だった
>若い世代で自民支持率が高い理由をどう考えるか
・若い世代はコミュニスト嫌い。左翼もきらい。格好悪いと感じている
・今までの左翼勢力は、60年70年の平和主義気分という遺産を食いつぶしてきただけで、あとの世代にには魅力が示せてない。
・日本にかつてあった「判官びいき」の感覚がすたれ、若者は勝ち組ノリになってきた

・60、70年代にアウトサイダーだった右翼は、反省し講演会など市民運動的手法を取り入れ成功につなげた
・何を現実化したかが、政治の基本だ
「至学館短大1年の投票率は65%だ。それなりの教育をすれば結果が出る。」
「私(谷岡)は学生に、[選挙は負けたかもしれないが、君たちは政治的に勝った]と伝えた。
若者・学生の要求が、給付型奨学金を政治的課題とし、政府を動かしたからだ。」
・既成の野党は、反対し正論を言うのみで、果実をとってこなかった。
・政治はせめぎあいだ。「何ができてナンボ」。野党はそのことを理解する必要がある。
・自民の良識的部分や、公明の平和主義にこだわる部分と組むほうが案外ましなのかも。
・(野党は)沖縄問題についても、果実を取る動きが十分でない。また、沖縄として閉じていると感じる。

◇沖縄について
・沖縄は独立したほうが良いのでは?
・独立したほうがいいが、基地がなくてはやっていけないのがジレンマ。
・それ(↑)は現実を知らない誤解。「本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド 矢部宏治(著)」を読んでみて。
・沖縄は観光で十分やっていける魅力を持っている。

◇でも、観光立国ってどうよ…食糧自給や、ほかの産業はなくていいのか
・ブータンは、隣国ネパールが商業主義になり、経済的植民地化したことから学び、
入国制限をかけるなど、「計画観光」にしている。自国でできないものを調達するに足る外貨さえ稼げればよいという考え方。
継続的成長ではなく、持続可能性を念頭においているのだ。
・久米島では海洋深層水発電実験が始まっている。エネルギー自給の可能性有望。
・冷たい海洋深層水を用い、寒冷地の野菜など作物の幅がひろがり、観光・農業資源として活用できる。
・それも、自然の改変ともいえるが、必要なのか?

…などなど、沖縄問題についてディスカッションが進み、当ゼミのテーマ「暮ら市」を、
具体的に「沖縄(または与那国、石垣、西表島など)がどう自立できるか」という議論に替えていってはどうかとなりました。

9月ゼミでは、この点について話し、後半のスケジュールを決めていきます。
是非ご参加ください。

リポート栗原 (ご参加の方、訂正追補等あればおねがいします)
======================================
女性首長を実現する会 あいち
〒464-0092
名古屋市千種区茶屋が坂2-6-B805
Eメール:womanhead@hotmail.co.jp
ブログ:http://ameblo.jp/quota-aichi/
Facebook: https://goo.gl/2c6YYc
=======================================

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
<FL政治塾(第8回)谷岡塾長ゼミ>
時  2016年6月24日(金)午後7時~
場所 大須 aichikara事務所   参加者 6名 
 →第9回は7月22日(金) 同時間、場所です 

◇参加者は塾長含めて6人。
前回は「参議院選挙公開討論会」参加の課外ゼミだったのに加えて、
英国のEU離脱報道もあるなかでゼミ仲間が久々2ヶ月ぶりに顔を合わせたこともあり、
「クラ市番外編」となりました。

◇まずは、どうして英国民がEUから脱退したいのかについて、谷岡さんの講義。納得しました。
EUへの認識自体が英国は他の加盟国とは異なる。
欧州大陸で国境を接しながらの第一次、第二次大戦の地上戦を体験した国民と、日本のような島国英国の国民とでは、戦争体験の痛みが違うということ。
EUに入り成功したのは金融だが、その果実は国民には分配されていないこと。
また、EU諸国は地続きの国土、河川を共有しているので、国境警備だけでなく環境汚染対策など、一国だけで解決しない問題に対処していくには、EUとしてのまとまりが必要。しかし英国はそういう切実さがないということ。
今後としては、英国がEU離脱したことで、アイルランドと北アイルランドとの国境問題、これまでの各種、国民投票の結果から、スコットランド独立や北アイルランドのアイルランド移行などが再び俎上にあがるかもしれない。

◇次に、5月、大府市の至学館大学の講義の一環として実施された参議院選挙候補予定者による公開討論会について。
政治はゴジラのようだという谷岡学長挨拶、学生たちの奨学金・安保関連法・平和・女性の政治参画に関する質問や、各候補予定者の応答などについて。(法律、条約、まとめ講義での参議院の在り方。) 
関連し、主権者教育の重要性と、ブラックバイトをなくすための大学としての取り組み。 
また、公開討論会をJCと担当した「伊達コミュニケーション研究所」の由来について。 

◇そして、名古屋市長選挙の話題に絡んで、谷岡さんが2007年の参議院選挙に出た理由、また、今の、学長職は、市長職とは異質ながらおおきなやりがいがあり、名古屋市長には出馬する理由がないことなど。
つまり「何故、立候補したか。今、何をしたいか」という選挙に出る理由が重要であることを語られた。

など、濃厚充実な時間でした
また、今度の参議院選、野党スローガンは「反核!」「反格差!」の「反核格」であるべきではというのにも、まことにふむふむです。
わかりやすい核心を突く言葉は大切だと思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「選挙に行こう」などのカードを持って名古屋市地下鉄名城線を周回する
「名城線ミニジャック」というサイレントアクションをやっています  .
次回は 7月1日(金)
19:00金山駅改札の中集合。
右回りの後ろから二両目乗車。いくつかの駅で降車。一周予定。現在地(駅)は、FBページでお知らせ予定。連絡取りたい人は、
メール(womanhead at hotmail.co.jp)してください。



イベントサイト 
https://www.facebook.com/events/247273875655662/     

第一回目(6/17)と第二回目(6/24)のサイト 
https://www.facebook.com/events/987466178038187/



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。