女性首長を実現する会 愛知

今まで女性首長のいない愛知県に初の女性首長を出そうよ!


テーマ:
<FL政治塾・谷岡塾長ゼミ(第14回)>

時 2017年1月27日(金)午後7時~9時
場所 大須 aichikara事務所   参加者 8名

音譜本日の論議
・第14回の今日は、「サスティナブルなまち暮ら市の具体化」についての話し合いが行なわれました。
・前回は「歳入」という現実的な問題でしたが、「あまり現実的にせず、自由に考えよう」としたことで、「暮ら市は面白い人がはいってくるまち(人が訪れたくなる、住んでみたくなるまち)」「税金は現金だけにせず、租庸調なんでもあり」など、大変面白い発想がいろいろ得られたので、今回も同じように「自由にサスティナブルを考える」と決めてスタートしました。

クローバーサステイナブル【sustainable】とは、 持続可能であるさま。特に、地球環境を保全しつつ持続が可能な産業や開発など についていう。<<塾長解説>>「ちゃんと流れて回っていること!」
クローバー持続可能性のスリーワードは「水・種・祭」
<水>は社会の血液。環境の健康度の指標。
<種>は生命の源。種=命を商品化してはならない。
<祭>は自然と人間の出会い。サステイナブルなコミュニティには神輿がある。
「石の文明はモノが残るが、木の文明にはコトが残る」

①    暮ら市のエネルギー開発は「小規模」が基本(遠くへエネルギ―を運ぶという発想はやめ、基本的にエネルギーも地産地消)
・太陽光、風力、波力、間伐材、ゴミなどを最大限利用。
・あらゆる「自然エネルギー研究者」を呼び込み「自然エネルギー研究所」を作り、研究と同時に、その研究成果でエネルギー供給もしてもらう。
・島を「研究所だらけ」にする=「モニタリング・シティー」としても位置付ける。

②    島に建てる家は、基本的にすべてエコハウスにする
・家には小型ソーラー、コンポスト(コンポストトイレ)などを設置
・基本的に大きい家は建てない

③    サスティナブル・ライフを実践する暮ら市では、基本的に「太陽が昇るとともに起き、沈めば眠る」というライフスタイルを奨励(もちろん強制はしない。ワークライフバランスを重視)

④    「実験的な家」-土地の家、紙の家、レンガの家(ブーウーフー?笑)
ロープの家なども「研究所」で開発し、「家見学」という観光資源としても活用する(見学者観光)

⑤    こうした実験的・実践的な研究を、住民の中の希望者がモニタリングするというシステムを作る

⑥    それを「サスティナブル産業」にまで育てていく。

⑦    研究とその成果発表は「暮ら市の手帖」(笑)として、楽しく雑誌的に発表し購読者を募る

⑧    財源の一つとして、株の運用なども取り入れ、その才能がある人間を引き込み、こちらも「研究所」化

・・・前回と合わせ、なんとなく暮ら市の全貌が 見えてきたようです。

石以上が「サスティナブルシティ・暮ら市」について話し合われた内容ですが、
いつものように興味深い「谷岡塾長語録」がありましたので、それをご紹介。
(直接討議内容にかかわっているわけではありませんが、参考になるお話です)

キラキラ キラキラ キラキラキラキラ谷岡語録キラキラ キラキラ キラキラ キラキラ
・「最近読んだ『希望のバイオリン~ホロコーストを生き抜いた演奏家たち~』(2016/著者・ジェイムズ・A・グライムズ/白水社刊/定価3024円)は、文化活動というものを考えるとても面白い本だった。現代は文化があまりにも商品化(消費対象)されすぎているのではないか。
・至学館大学で、学生に「お金で買えないもの」を書かせたら、思った以上にたくさん出てきて、結果「お金で買えるもの」より増えた。
・お金で買えないものの価値についての具体例として、福島の子たちに「やりたい」ということを挙げてもらい、それが実現できるような道具をプレゼントするというプロジェクトをした。
(例)
剣道やテニスがやりたかった子に道具を贈る
おじいちゃんと一緒に釣りがしたかったという子に釣道具をプレゼント


「もの」を贈っても、それが「こと」と結びつくことが重要

・日本には携帯などから取り出すことによって、多くの「都市鉱山」がある。
そのために、大府市と至学館が協働し、その専門の会社(小さい)に委託して事業にすることにした。(これもサスティナブル産業推進の一環)

・話し合いの中にも「ユーモア精神」を大事にしたい。


次回【第15回】の塾長ゼミのテーマは、
「暮ら市の健康」(社会的健康 人間関係の健康etc)を考えます。
それぞれの案をお持ち寄り下さい。

日時 2017年2月24日(第4金曜) pm7:00~9:00

場所 aichikara事務所 中区大須2-26-28アイランド大須1階
会員無料、一般1000円

・3月は総まとめ、小冊子化について検討の予定です。

(まとめ・高野)




 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
四周年記念セミナーは嘉田由紀子さん

♀デモクラシ―・・・・SEALDs、ママの会など、人々の新しい動きが目覚ましく、今こそ人々が一丸となった、デモス(人々の)クラティア(統治)が求められている
♀ポピュリスム・・・・ブレグジット、トランプ現象、、、人々の意見が政治のシーンを動かしているが、、、それって。
♀フェミニズム・・・・小池都知事、(実現しなかったけど)ヒラリー候補、、、女性活躍推進法--<はあ??>

そんな視点で、「今政治家に求められること」というテーマにお話しいただきます

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハートフルフェスタ2017 

 

1月28日(土)午後1時半~3時半、ハートフルスクエアの大研修室で
「岐阜市女性問題連絡会」が「女性参政権70年 ガラスの天井を破るには!」を催し、
野田聖子さんが基調講演されます。

シンポジストは
同会代表の森川幸江さん(岐阜市元副市長、弁護士)と、
全国フェミニスト議員連盟 事務局の小磯妙子さん(神奈川県茅ヶ崎市議)、
そして神永※(クオータ制の実現をめざす会)です。


ハートフルはJR岐阜駅にあり交通至便、
7月8、9日にある今年の全国フェミニスト議員連盟サマーセミナー(詳細は後日)の会場予定地です。

当会会報や新聞報道などで、ご存知と思いますが、
超党派の「政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟
(中川正春会長、野田聖子幹事長)」が2015年にまとめた
「政治分野における男女共同参画推進法案」(理念法)を
昨2016年5月、民進、共産、社民、自由の4野党が、
12月には、男女平等を「均等」に変え「人材育成」を付加した修正案を
自民、公明、維新の与党が国会に出しました。

当会も賛同団体である「クオータ制を推進する会(Qの会;赤松良子代表)」役員らによる
活発なロビー活動などや、4野党の福島みずほさんや山尾志桜里さんらの積極姿勢、
自民党内での野田聖子さんや宮川典子さん、土屋品子さん、
公明党の高木美智代さんらの尽力があってこそ
今月20日から始まるという通常国会での成立が見込まれるところまできました。

成立までに予想される一波乱を乗り切ってもらうためにも
超党派議連幹事長の野田聖子さんにエールを贈りたいです。

ご都合のつく方は是非、ご参加くださいませ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。