女性首長を実現する会 あいち

今まで女性首長のいない愛知県に初の女性首長を出そうよ!


テーマ:
「岡崎市議会におけるセクハラ問題への抗議と要請」
を岡崎市議会議長あて20日付で提出しました。

女性首長を実現する会 あいち は、男女共同参画社会の形成のために2013年1月に
発足した会です。政策決定の場の過少代表状況を改善したい、人権感覚のある女性議員
を増やしたい、未だ愛知県には一人もいない女性首長が誕生するように、と、男性議員
も応援しながら様々に活動しています。

2014年、東京都議会セクハラ問題を契機に、議会における女性議員へのセクハラ、
パワハラの現状や、その対応など各議会の旧態依然とした体質が報道されだしました。
中でも、貴議会でのセクハラ事件報道には、驚愕と怒りを禁じ得ません。

報道によれば、横山幽風議員(無所属)に対するセクハラ行為は、2014年1月27日夜、
東京都への委員会視察の際の田口正夫議員(自民清風会3期)に端を発しています。翌日、
横山議員は同僚議員に相談し、視察後、議会事務局に被害を訴えています。田口議員は
事実を認め一旦は謝罪の意向を示したものの、文書による謝罪はしませんでした。当時
の新海正春議長(現県議)は、双方の話を聞くなどしながら、「議会の問題」「人権侵害」
だという認識が無かったようで、「当事者同士」「個人」のこととしました。

三浦康宏議員(自民清風会1期)によるセクハラは、この頃から次第にエスカレートし
て、今年3月「一方的に具体的性交要求」するに及び、横山議員は4月25日~28日の
九州研修を希望しながら参加できない深刻な事態に陥りました。様々な場面で公然化し
ていたセクハラを、許容し見逃し糺してこなかった貴議会の怠慢に厳重抗議します。

6月2日、原田範次議員(民政ク)ら8議員が請求の「政治倫理委員会」が蜂須賀委
員長により7日に招集されました。田口議員、三浦議員は中日新聞を名誉棄損で6月末
までに提訴する、しない場合は再度、委員会を開催するとのことですが、

○被害議員の回復への尽力 ○男女雇用機会均等法、DV防止法、ストーカー規制法に
準じて、加害議員を厳重に処罰、辞職勧告すると同時に、被害議員の公務、議員活動に
必要な立ち回り先への立ち入り禁止処置を課し安全を図る ○再発防止や予防のため全
議員・全職員への専門家による研修 ○人権侵害事案発生の際の相談、調査・裁定、指導
部署の新設を求めます。君子豹変、岡崎市議会が全国の模範となることを希望します。

==要請抗議文送付内容以上==

<<参考:中日新聞内容>>

【5月24日の記事内容】
5/23、蜂須賀議長の記者会見記事などによれば、横山議員に対して、
「議会として判断しようがない」「(議会が)深入りすべきではない。個人の問題だ」
「(セクハラ問題は)議会事務局が対応すべきことではないので、持ち込まないで欲しい。
今後は事務局に相談しないように」と口頭で注意した、ことも中日新聞の取材に明らかにした。

4/29~5/23に三会派の代表者会議4回開催。
5/9、18には(被害)横山議員、(加害)三浦議員の当事者から個別に聞き取り調査し、
その過程で、横山議員から2015年7/2のメールなど以外に「会話内容の音声」があること
の説明を聞きながら、「議長は提出を求めなかった」

【5月28日記事内容】
蜂須賀議長は、一旦は対応に乗り出したものの、5/23の会見で責任追及を断念したと発表。
「(女性の訴えで)もし問題が司法の場に移れば、あらためて対応する」と述べた。

【6月3日記事内容】
蜂須賀委員長は「政治倫理委員会」を7日に招集。

【6月4日記事内容】
5/23、「セクハラ問題を議会事務局に持ち込むな」と横山議員に注意した。

【6月8日記事内容】
6/7、政治倫理委員会は、田口議員と三浦議員が「セクハラ行為を否定」したため
事実関係についての判断を避けた。「真実は司法の場で明らかにすべきだ」と要求。
6月末までに提訴するよう求め、両議員が承諾。提訴しない場合はあらためて委員会開催。
委員会構成;11委員中5人が自民清風会議員。正副委員長となる正副議長も自民清風会出身。

なお、岡崎市議会は10月に市議会議員選挙が控えています。
「改革の好機」であることは、間違いありません。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いのち女性ネット

4月に発足した、「いのち女性ネット」からのレポートです
ホームページ
Facebook

5月9日 参院選愛知選挙区女性候補者に公開質問状を出し、
 期限までに、すやま初美さん、伊藤たかえさんから、期限後に奥田香代さんから、 
​  回答いただいた結果、
”いのち♥女性ネット”は、すやま初美さんと伊藤たかえさんを応援することに決めました。

*奥田さんについては、回答に「修正もある」とあった等の理由で、安保関連法反対の
 明確な意思確認ができるまで、 応援を留保します。
        
詳細は>ご回答ページに

6/12 栄でアピール>Facebook

6/12豊明でアピール>Facebook

6/13名古屋駅前で>Facebook

6/19大須でアピール>Facebook


マネキンモブもやってます

Facebook

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月30日、至学館大学
「参院選出馬予定者公開討論会」


5月30日、至学館大学で、同大とJCの共催で「参院選出馬予定者公開討論会」が開かれました。 Facebook
斎藤よしたか(民進)、すやま初美(共産)、平山良平(社民)、奥田かよ(減税日本)が登壇(並び順)。当初参加回答していた、自民、公明は不参加でした。すでに第7回を数える谷岡塾長ゼミの特別ゼミの場になったので、ゼミ生も5名ほど参加。

講義の一環だったので500名の学生が出席し、巧みな司会を展開した石田芳弘氏(元衆議院議員)は、まず「これは主権者教育の一環であり、貴重な機会を活かして欲しい」と切り出し、熱気ある討論会になりました。続いて谷岡さんは、「大学での政治討論会は米国では普通。政治との距離を縮めよう。」と挨拶。

学生からの質問は、「奨学金問題」「ブラックバイト」「若者の政治参加の促進」など、当事者立場の質問も出ましたが、「憲法改正について」「出馬を阻む高額な供託金」「マイナンバー制」などへの言及もありました。
 主な回答を紹介します。
憲法改正は、斎藤、すやま、平山氏は反対。
「安保法制のもと、私たちは戦争に行くことになるのだろうか?」との問いに、平山氏「戦争は自然現象ではありません。止められます。あなたや私が」との名言に、「かっこいいなア!」と後部席からの声。奥田氏は「核を落とされたらどうするのか、行かなくてもよい社会を作る事を考えよう」と明言を避けると、斎藤氏は「安保法制は、攻められなくても出かけて行くものだ。違いを知ってほしい」「徴兵制はないかもしれないが、経済的徴兵が進む危険がある」。すやま氏は「戦争法で、南スーダンや、ISへの軍事作戦の参加が可能になり、自衛隊が殺し殺される現実的な危険がある」ことを訴えました。

若者向けの政治、主権者教育というテーマでは、平山氏は「教育の中立の名のもとに、教員にモノが言えないのが問題。自分は裁判などで教え子に自分の姿を通し訴えてきた。」斎藤氏は「大学学費を無料にします。ただし、皆の将来の税金で返してください。。そういう案を出したら、みなさんどう考えますか?」と、学生にかんがえてもらう具体的実験提案がありました。

首長の会FL政治塾谷岡ゼミからは、神永さんが、
①現在の政治制度は国民の意思が反映されていないが、どのような改革案を考えるか、
②女性の政治参加を促すにはどのような方策があるか、
③女性差別撤廃条約選択議定書批准について、と三点質問しました。

 ②女性の政治参加については、各氏とも前向きでした。斎藤氏はクオータ制の必要をあげ、党では、2020年までに30%は女性にしようという党内クオータ制を進める男女共同参画推進委員会を作りハラスメントの規定を作るなど、機能する仕組みを進めている。
③についても、斎藤、須山、平山氏は賛成で、斎藤氏は質問趣意書を出すとのことでした。

締めには、谷岡さんが登壇し、図入りで参院の役割を説明。チェック機能であり、だから参院選はとても重要と説明されました。
 特定の傾向にない、若い聴衆を前に、候補予定者たちは、各々工夫を凝らし、かみ砕き、経験を交えて答えており、その人となりも出て、とてもよい会だったと思いました。こういう場はもっと必要だなあと痛感 です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。