気の働き

こんにちは、鍼灸師の坂手です。

 

大阪の梅田というところで鍼灸院を営んでいます。

普通の刺す鍼は使わず、刺さない鍼専門。

 

気で気を洗い。

気で気を流し。

気で気を増やす。

 

そんな施術です。

一般的な鍼灸はしません。

仙術(せんじゅつ)を用いて気を扱うことを専門にしています。

 

ここからが今日の本題です

「気」の働きってどんなものだと思いますか。

 

 

人間はどうやってこの身体を維持しているのだろう、そう考えたことありませんか。

 


学校で習ったように、食べ物を食べて、それを臓器が栄養に作り変えて身体中に分配する。

 


いらないものは大小便として排泄する。

 


それはその通りですが、それら生命活動に必要なエネルギーの源が「気」なのです。

 

 

脳が働くのは「気」の力。

 

呼吸ができるのは「気」の力。


消化吸収できるのは「気」の力。

 

血が巡るのは「気」の力。

 

身体が温かいのは「気」の力。

 

病気が治るのは「気」の力。

 

心が健やかなのは「気」の力。

 

 

「気の減少」はこういった生命活動の低下をまねきます。

 

 

もし、病的に「気」が減少したらどうなるのか。

 

 

脳の働きが鈍くなる。

 

呼吸がしにくくなる。

 

消化吸収しにくくなる。

 

血が巡りにくくなる。

 

身体が冷えやすくなる。

 

病気が治りにくくなる。

 

心が健やかでいられなくなる。

 

 

身体の調子が悪いのは「気が少ない」から。

 

 

 

東洋医学では「気が少ない」ことを「病」と言います。
(↑このあたり、他の解釈もあるでしょうけど、そこはおおめにみてくださいね)

 

 

あなたは普段から自分で「気」を取り込んでいます。

 

 

食べ物から栄養を吸収するのと同時に、食べ物から「気」を吸収しているのです。

 

 

しかし、多くの人は食べ物から吸収できる「気」だけでは足りないのです。

 

 

さらに、食べ物が悪ければ「気の質」が悪いのです。

 

 

だからクインテットではあなたに合った「良質の気」を増やす施術をします。

 

 

「良質の気」が増えれば身体は自分自身を治すことができるのです。

 

 

良質でない気のことを「邪気」と呼んでいます。

 

 

「邪気」を身体に溜め込むのは「脂肪」を溜め込むようなもの。(もっと怖いかも)

 

 

脂肪にサヨナラするダイエットもいいですが、「邪気」にサヨナラするクインテットの施術もいい

と思いますよ。

 

 


 

ここ最近は非常にご予約が取りにくい状態が続いています。

 

既存のお客様が次回予約をされて帰られるため、新規の方のご予約が困難な状態です。

 

2017年7月7日現在、7月中旬以降については19時以降の診療について、これまでよりもご予約いただき易くなるよう調整中です。

 

電話は繋がりにくいので、ホームページの予約フォームをご利用ください。

 

連絡が取れにくくご迷惑をおかけしております。

 

 

■梅田本院 施術料金■

30分お試し\3,000
60分施術\6,000
90分施術\9,000
120分施術\12,000

 

 

AD