6月のストーブ

こんにちは、鍼灸師の坂手です。

 

大阪の梅田というところで鍼灸院を営んでいます。

普通の刺す鍼は使わず、刺さない鍼専門。

 

気で気を洗い。

気で気を流し。

気で気を増やす。

 

そんな施術です。

一般的な鍼灸はしません。

仙術(せんじゅつ)を用いて気を扱うことを専門にしています。

 

ここからが今日の本題です

 

先日、ストーブを使いました。
 
そんなこと書くと、「北海道か?」と思われるかもしれませんが、大阪です。
 
なぜ、気温が20度を越えるような気候でストーブが必要なのか?
 
その日、窓を大きく開けて、風通しをよくして自分の鍼灸院で過ごしていました。
 
ベッドの上で自分の治療をはじめて、しばらくするとついウトウトと眠ってしまいました。
 
気が付くと1時間ほど眠ってしまいました。
 
ベッドから起き上がると、めまい・倦怠感・軽い頭痛があります。
 
一般的には「風邪」と思われるような症状ですが、体を観察すると下半身が異常に冷えていることがわかります。
 
開け放った窓のほうに足を向けていたので、たっ1時間ですが冷えきってしまったようです。
 
原因がわかれば対処は簡単です。
 
まだ片付けていなかった遠赤外線ストーブをつけて、足の裏を丹念に温めます。
 
次に膝から下。
 
そしてストーブを抱きかかえるようにしてお腹や胸を温めます。
 
そうした後、白湯を飲んで治療は完了。
 
 
先ほどまでのめまい・倦怠感・軽い頭痛はすっかりありません。
 
こんなときに、寝たら治るとばかりに寝るのは時間がもったいないです。
 
夏の体調不良、意外とオフィスのクーラーが原因かもしれません。
 
そういった場合は、騙されたと思って体を温めてください。
 
 

 

ここ最近は非常にご予約が取りにくい状態が続いています。

 

既存のお客様が次回予約をされて帰られるため、新規の方のご予約が困難な状態です。

 

朝9時ですとか、初めての方のために金曜日・土曜日が比較的空くように調整いたしました。

 

7月中旬以降はほぼご自由に予約日時をきめていただけます。

 

電話も繋がりにくいので、ホームページの予約フォームをご利用ください。

 

連絡が取れにくくご迷惑をおかけしております。

 

 

■梅田本院 施術料金■

30分お試し\3,000
60分施術\6,000
90分施術\9,000
120分施術\12,000

 

 

AD