こんにちは。
鍼灸師の坂手です。
気って聞いたことありますか?
気がどんなものか知っていますか?
そんなあるのかないのかわからない気で治療をする。
それが私の仕事です。

さて、今日は料理教室行ってきました。

今日行って来たのはクインテットからほど近い、阪急オフィスタワー26階にある「クリナップ・キッチンタウン大阪」です。

そこで開催されたのは、大橋りさ先生による「子どもも大人も大満足!ルウから作るおいしいカレーレッスン」。

 


新年早々、1月7日申し込みを済ませていて、今日をどれだけ心待ちにしたか。


普段はカレーについて、油分が多い、基本的に体を冷やすといった理由で治療真っ只中のお客さんにはオススメしません。

また、同じ理由でお腹をこわしやすい人にもオススメしていません。

でも、みんなカレーが大好きな人ばかり。

たくさん食べなければいいんですよといつもお伝えしています。


俺だってカレー大好きだし、あれもダメ、これもダメじゃつまらないよな。

いつもそう思っていました。

そこへ知り合いのFBを通じてカレーレッスンの情報を知ったのです。

カレールウを作るのだから油は使いますが、市販ルウに使われているようなものは使いません。

ちなみに市販ルウの中身といえば↓のような感じ。

 
 


もちろん毒ではないですよ。

いくら食べても死ぬことのない、安全な食品だから販売が許可されています。

添加物だって国が許可したものしか食品にはつかえません。

ま、その国を信じるか否かは個人の判断ですが。


しかし、安全といわれる食品でさえ体調を崩してしまう人がいらっしゃるのも事実。

たぶん酸化が進んだ油とかが体にはキツイんだと思います。

そういった方々には「ほどほどにね」とお伝えしているわけです。


でも、自分でルウから作れば話は別です。

ルウに使う油も自分で選べますし、量も調整できます。

少しずつ作って、直ぐに使えば油の酸化も極力抑えることができます。

添加物も少なく出来ます。

それが自宅で簡単に、ぱぱっとできちゃうってんだから作るしかないでしょ!


こだわればいくらでもこだわれるのが料理。

そんなにこだわらなくても、時間かけなくてもこんなに美味しいカレーがつくれますよ~!!


ということで行ってきました。

ほんと、仕事調整してでも行く価値ありました。

行ってよかった。

カレーがソウルフードな私にとって、今日の講座は宝物です。

家にあるもの、その辺のスーパーで買えるものでこんなに優しいカレールウが作れるなんて。



手作りルウから作ったカレーは優しく、それでいて男の私でも十分に満足のできるお味です。

ちょいと物足りない人は、大橋先生おすすめのアレとかコレをぱぱっとふりかければグッと大人の味になります。

これを読んでいるうちのお客さんへは、大橋先生にいただいてきたパンフレットがあるのでお渡ししますね。

しばらくすると忘れそうだから、「料理教室のパンフレット欲しいんやけど」って言ってくだいよ。


いつもは教室をする側(お灸教室)なので、こうやって参加するとすごく楽しい。

大橋りさ先生、ほんとうにありがとうございました!



最後に大橋先生のブログを紹介します。

興味のあるかたは是非ご参加ください。

カレー以外にもいろいろあって、次はどれにしようかと迷われますよ。

 

 

■大橋りさ先生のブログはこちら■
AD