新卒学生と会う方法の多様化

テーマ:

高田です。


2013年度の新卒採用活動もいよいよ佳境に入ってきています。

そんな中2013卒では、企業が学生と会う最初の接点となる

会社説明会の形式を多様化しているようです。


自社の食堂やカフェを利用し、お茶を飲みながら先輩社員と談話するカフェ形式。

朝の始業前30分~1時間程度の短い時間で先輩社員と会う朝会式。

自社の女性社員とお酒を交わしながら、対話する女子会形式。


会社説明会というと、形式ばったものだと敷居が高いが、

先輩社員と話は聞いてみたい、という学生側のニーズに対応した動きのようです。

自社のSNSサイトに登録した学生限定に告知するなど、企業の情報発信ツールの

多様化も影響しているようです。


中小企業がこれらを導入する場合、よりテーマを明確にして、学生が話を聞きたいと

思う工夫が必要かと思います。

少数の採用であれば、会社説明会を開催しない企業もどんどん増えてきそうですね。

AD