溜池ではたらく採用コンサルタントのblog

人と組織の問題解決に取り組むコンサルタントのつぶやきです。


テーマ:

こんにちは。

齋藤 有です。


まだまだ寒いですね~。


さて、先日ワークス研究所(http://www.works-i.com/ )の研究員の方にお話をお聞きする機会がありました。

テーマはずばり「2020年の【働く】を展望する~成熟期のパラダイムシフト~」です。


★詳しくは、http://www.works-i.com/research/2011/  へ


2020年の人と組織はどうなっていくのか?

これから未来の流れに対して、我々は何を考えていけばいいのだろうか?


人材ビジネス業としてかなり興味深い題材でした。


その中でも、

・失業率は6.6%に増加

・男性の多い製造業の就業者数は減少、女性の多いサービス業の就業者数は増加

・団塊ジュニア(2020年に45~54歳)に対する企業の課題感

という分析に驚きました。なんと労働力人口の4人に1人は団塊ジュニア層だということです。

4人に1人が45~54歳の組織。。。恐ろしい!


その中でワークス研究所は12のシナリオを描きます。

1、集団で海外に渡る「グローバル出稼ぎ」が現れる

2、ミニジョブを掛け持ちするハイスキル・ワーカーが増える

3、六次産業化が進み、人材の異業種間移動が活発になる

4、アウトソーシングが有力産業となり、プロ人材の有力な仕事先になる

5、社員のほとんどが「部長」という会社が生まれる

6、主要企業で世代交代が起こり、40代の社長が続々登場する

7、見た目が若く、能力も高い「スーパーシニア」が活躍する

8、日本企業が世界中で新卒採用を行い、優秀な外国人を大量採用する

9、NPOが企業と拮抗する「雇用の受け皿」になる

10、ジョブカラーチェンジを促進させる教育機関が充実する

11、地元定着志向が強まり、地域の優良企業が注目される

12、「女子力」が初めて経営に生かされる


遠い未来とおもいつつ、あと8年後。

組織は企業は経済はどうなるのか?考えざるをえません。



--------------------------------------------------

齋藤 有 (さいとう たもつ)  新横浜番長



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

火曜担当の菊地です音譜


昨日お伺いしたお客様で、とっても感動する出来事があったので

是非、お伝えさせていただければと思います。


「販売スタッフの採用を考えている」というお話をいただき、

初めて訪問した京都の老舗お菓子メーカーさま


まず驚いたのは、到着すると入口で取締役が待って下さっていたこと。

そして中に入ると、全員が立って挨拶をして下さり、

帰り際にはお土産を持たせてくれました。

全社員が集まる新年会では毎年成人のお祝いもしているということで、

対内的な心遣いも素晴らしく、ほとんどが定年退職というのも納得です!


さすが300年以上続く老舗中の老舗!

長く続く企業の本質を見たと、感銘を受けました。

頂戴したお菓子はオフィスの皆でおいしくいただき、
記念撮影をしたので、後ほどお客様にお送りしたいと思います♪


それでは今日は、この辺でニコニコ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは音譜金曜担当の斉藤です。



先日クイックの採用活動の工夫をお客様にお話する機会がありました。


その際に弊社の取り組みのいくつかが新鮮だというお声を頂いたので、
一部をご紹介したいと思います。



まず前提として採用活動に関わる弊社社員は、自分が広告塔だということを意識しています。
採用活動は企業側が学生を選考するという部分と、
学生側が企業を選ぶという部分の両方が存在するからです。



【実際に行っていること】

■説明会の司会も登壇する先輩社員もロープレを繰り返している。


■説明会で学生に知ってもらいたいこと、印象付けたいことは何かということ
 を全員が共有している。
→2013年度新卒採用のキックオフを開催し、その場で発表をしました。
 採用活動へのモチベーションを全員で上げていけるので、お勧めです。


■学生からどんな質問を受けたのかをメールで社員に共有している。

→自分であればその質問になんて答えるかを考える機会を作っています。


採用=営業だ」とはよく言いますが、本当にその通りだと思います。
採用したい!と思う学生は他の企業からもアプローチを受けているのが当たり前。

自社の魅力を最大限に伝える社員を育て、様々な場面で活かしていくのは有効です。


こんなお話をするミニセミナーを3/14(水)に開催します。

5名のお客様をお迎えして、座談会形式で和やかにお話をし合う1時間です。

残枠2名ですが、ご興味があればぜひ!!


************************************************************************

2、第14回 新卒採用担当様向けの新たな情報収集・交換の場【クイックラウンジ】


『社内の面接官レクチャーがしやすくなる!人事向け面接ミニ講座』

より優秀な学生を採用するためにも、面接での面接官の役割は重要。
「該当の面接官は少人数だし、外部の研修に行くほどでもない、
人事が簡単にレクチャーできればいいのにな。」
という企業様向けに、社内ですぐに使える人事向けの
面接ミニ講座をご用意!


【日 時】2012年3月14日(水)17:00~18:00
【会 場】株式会社クイック リクルーティング事業本部 東京営業部
      東京都港区赤坂1-9-20 第16 興和ビル北館8F
      (銀座線・南北線「溜池山王」駅A9 出口より徒歩5分)
【参加費】無料(コーヒー、お菓子をご用意してお待ちしています)
【対 象】新卒採用のご担当者様
【定 員】5名(残席2名様分)
【問合せ】セミナー事務局
     (TEL:03-5573-9191 E-mail:seminar@919.jp )まで

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆様 こんにちは。
寒い日が続きますね。

年明けに引いた風邪がいまだに尾を引いております。


さて、今日は、茨城にある小さなスーパーのソーシャルシフトのお話。

2012/2/22の日経に、
「ソーシャルメディアで経営改革 老舗食品スーパーの決断」


この記事は、茨城の小規模スーパーの会長がトップダウンで、
ソーシャルメディアを経営に取り入れていくという記事なのですが、
その仕組みや効用ではなく、
背景にある消費者の考え方の背景が人々の生活を根本的に変えていく、
そこに乗り遅れないようにしようという内容が非常に興味深かったです。


ぜひ、ご一読いただけたら幸いです。


それでは、また次回。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高田です。


先日、リクルートさんから2013年度新卒学生の活動プロセス調査が

発表されました。

1月度時点のものですが、以下のような特徴がありました。



◆活動対象とした業種で、「ソフトウェア・情報処理」が ランクアップ

 ※前月、前年同月と比べてもともに。

◆公社・公団・官公庁、運輸・倉庫がランクアップ。

◆銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫、証券など金融業種が大幅ダウン。


◆活動対象とした職種で、クリエイティブ関連職、
 専門・スペシャリスト、コンピュータ・通信・ソフトウェア関連職、
 生産・品質管理・設計関連職を希望する学生がアップ。

◆商品企画・マーケティング関連職、営業関連職がダウン。


欧州危機などの影響で金融関連の人気が低迷している中、
公務員や鉄道関連の安定業種の人気が高まっているようです。

また職種選びの傾向としては、商品企画・マーケティングという
イメージで選ばれやすい職種から、より現実的かつ「手に職」的な
専門、技術職が選ばれる傾向が高まっているようです。
業種のソフトウェア・情報処理のランクが上がっているのも、

この影響があるのかもしれません。


今年は特に、2月は、大手・有名企業のエントリーシートやセミナーに

目が向きがちの学生も、3月以降は、より現実的な企業探しを始めるタイミングです。

多くの学生と接点を確保していきたいですね。



なお、今回の詳しい資料をご要望の際は、クイック 高田までご連絡ください。

takata@919.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

先日誕生日を迎えました西村です晴れ


新たな1年、

精一杯頑張っていきたいと思います。

引続きよろしくお願い致しますニコニコ



本日は『日経ビジネス 2/20号』より、

表題の件に関する記事のご紹介です。



以前から

常に注目の的だったスマートフォンビックリマーク

それが初めてパソコンの出荷台数を抜いたというのです。



2011年のパソコンの出荷台数は3億5300万台

それに対して、

スマートフォンはなんと4億7500万台とのことあせる

すごいです。


2015年にはスマートフォンの出荷台数は

10億台を突破するという予想もあるのだとか。



これから

Webサイトをスマートフォン対応にするなど、

情報提供方法の見直しが必要になってくるのでしょうねひらめき電球



ちなみに

弊社で扱っているリクナビNEXT

主要中途採用メディアで唯一スマホ対応しておりますアップ

今後はスマートフォン対応しているかどうかで差が出てくるかもしれません…


本日は以上です。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
堤です。

最近、景気が回復傾向にあるのか
人事制度の見直しをされる企業が増えてきました。

組織は生き物なので、
それにピッタリ合う完璧な制度は存在しません。

定期的に見直していく必要があります。

どんな制度であっても、一番大切なのは、
会社と従業員の納得度です。

会社が伝えたいメッセージを
従業員に制度を通して伝える仕組みが
人事制度だからです。

納得度を高めるためにも
人事制度を見直すに当たっては
経営の目指すビション(V)
それを実現するための戦略(S)
戦略を遂行するための組織形態と組織構造(O)
組織を構成する人(P)
についてもう一度整理して考えておく必要があります。

この四つをまとめてVSOPと読んでます。

経営層と現場責任者、人事の間で
VSOPについて共通認識を持っていただければ
会社と従業員の納得度の高い人事制度ができると思います。

これらVSOPについて議論するワークショップをご用意していますので、
ご興味があればお問い合わせくださいね。

-----------------------------------------
堤由紀子
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。金曜担当児玉です。

近頃雪がちらほらすることもあり、

そういった日は身も心も引き締まる思いです。


昨今日本では、大手企業様をはじめとして、

グローバルの事業展開や雇用が進んできております。

今回は、日本と中国の就労観の違いに関するアンケート結果を少しご紹介したいと思います。


以下は株式会社リクルートマネージメントソリューションズが

中国と日本の学生約200名ずつにWEB上で実施したアンケート結果です。



■「就業先選択の上で重視すること」

・日本

1位 職場の雰囲気のよさ(49.5%)

2位 勤務時間や勤務などの勤務条件(35%)


・中国

1位 会社の成長性(39.5%)

2位 能力開発や育児制度の充実(34.2%)


終身雇用を前提とした働き方の日本と、中途も流動的な中国との違いのようです。



■管理職になりたい人が「就業先選択の上で重視すること」

※回答で差があった項目をご紹介。


・将来のキャリアに役立つ、専門性が身につく(中国40.7%:日本14.3%)

・自分が成長できる(中国55.6% 日本38.8%)

・高い収入が得られる(中国50% 日本38.8%)

・雇用や収入が安定していること(中国69.4% 日本35.2%)


日本では、雇用や収入の「安定」を目的に、管理職を目指すのに対して

中国では、キャリアアップや成長をして出世することで将来高い収入を得ることが就労の目的となっているようです。

明らかな違いが出ております。


各国の経済状況・勢いの違いにより、現在の就労観や今後のキャリアの捉え方も大きく異なって

くるのかと思います。

裏を返せばそれだけ、これまでの日本が経済的に安定し、会社に勤めていれば安定的にある程度スキルが身につき

高い収入が得られるという考え方が定着しているということなのかと思います。

とてもありがたいことです。

きっと中国では、頑張って自身を鼓舞し成長させていかたければ、

競争も激しく稼いでいくこともできないのではないでしょうか。


ただ最近は日本も状況が異なってきており、

少し就業への意識を変えていかなければならない時代となってきております。


将来の日本を担う世代としては、

これからのことを考えながら、安定だけではなく

自身の成長と会社の成長をリンクさせていくような、就労観の拡大を目指していきたいものです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。
木曜担当の杉本です音譜

私はありがたいことに元気ではありますが、
風邪が流行りながら、

更に、花粉症のシーズンにもなりつつあるようですね。

マスクの方も非常に多いシーズン。

せめて、早く暖かくなって欲しいです。


さて、今日の気になる数字なんですが、
「朝布団から出るのにかかる時間」。

シチズン時計が運営する
「リアルスケール」というWEBマガジンがまとめた、
時間に関する意識調査結果からです。

全国の男女3108人を対象に実施したアンケート結果によると、
朝布団から出るのに要する時間について、
75.3%が10分かからず、
全体の平均が「8分5秒」ということでした。

男女別では、10分かからない人は

男性が79.4%、女性が67.6%。


年齢別で見ると、最も平均所要時間が長いのは

20歳代の「11分46秒」、次に20歳未満の「11分4秒」で、

年齢が上がるほど所要時間が短くなるそうです。


ちなみに、布団から早く出るための工夫を「している」人は

全体の23.2%ということでした。



私は寒い季節の間、結構時間がかかり、

平均を大幅に超える15分~20分くらい出られない気がします。

暖かくなってきたら、平均の8分くらい。


日常にも、もう一工夫、必要かもしれないです・・・。


--------------------

杉本恵美

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

齋藤 有です。

突然ですが、「ねるねるねるね」ってご存知ですか?

産経新聞の2/15朝刊に面白い記事をみつけました。

練るほどに色が変わり、膨らんでくる手作りおもしろお菓子「ねるねるねるね」。ユニークなネーミングと魔女が登場する強烈なテレビコマーシャルで、子供たちの心をわしづかみした。

 昭和61年の発売開始直後から大ヒットし、年間5000万個を売り上げた。27年目の現在も人気は衰えず、年間1000万個を販売する。

思わず懐かしさがこみ上げてきました。私もよく兄弟とねって遊んだのを記憶しています。

まだあったんだ!しかも27年のロングセラー!?

なぜそんなに継続し、売れるのか?

思わず分析したくなりました。

子供にもわかりやすい「ひらがなの説明書」を添付していたり、細かい配慮もされているとのこと。

「ねるねるねるね」恐るべしです。

数多くの商品がリリースされ、すぐに消えていってしまう時代。

その中でも、継続される商品がある。

我々もお客様に選び続けられるよう努力しなければいけません。

たまには「ねるねるねるね」でも煉ってみようかなと思う今日この頃です。

--------------------------------------------------------------

齋藤 有 (さいとう たもつ)   新横浜番長

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。