溜池ではたらく採用コンサルタントのblog

人と組織の問題解決に取り組むコンサルタントのつぶやきです。


テーマ:

皆様こんにちは。齋藤 有です。


お久しぶりになってしまい申し訳ありません。


今回は医療業界について思うことを語ります。

なんか「週刊ダイ●モンド」や「「●洋経済」みたいですね。


齋藤が申し上げたいのは、

まず医療は「雇用創出産業」であるということです。


これまで医療は、コストという概念で考えられてきましたが、

経済活動という視点でみると、高齢化と高度化に

伴って、医療に対する需要は増加し続け、今では産業の要になっています。

医療が生み出す雇用は、全産業の中でも最大規模になっています。


実際、産業界の求人倍率は0.5前後ですが、

医療関係者はいずれも1倍を超えます。

看護師・ドクターに関していうとありえない位の倍率になります。


雇用は経済の要です。

今後の経済政策の面でもっと重要視されるようになるでしょう。


他方、医療業界は「サービス業」であるということです。

昨今色々な方面でそういわれていますが実際は伴っていないと思います。

中でも医療業界に「医療は崇高なものであり、

売上げ・利益の追求はタブー」といった考えがまだ深く残っているように思います。

ただ現実には、病院は赤字経営に苦しみ、

公的な病院には政府や地方自治体から多額の補助金が導入されています。

補助金=税金です。


我々市民は、医療を支えるために保険料プラス税金も払っているのです。


企業であれば赤字ならいずれ潰れます。病院が潰れたら人々が困ります。

潰さない経営それはすなわち、売上げや利益の追求ではないでしょうか。

もちろん、過剰サービスに走れといっているわけではありません。

医療業界にあったやり方があるのではないかと思うのです。


例えば、


●民間で経営ノウハウを学んだプロの経営者を採用する。

●コストの見直しを図り経費を削減する。


などなど。


もう手をつけていらっしゃる医療施設も数多いと思いますが、

まだまだこれからだと思います。


医療業界と一緒に伴走していきたい齋藤でした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

齋藤 有 (サイトウ タモツ) メディカル番長


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。火曜日担当の加藤です。


今週のオススメ本はこちら。



本田直之「人を動かすアフォリズム」90/本田 直之
¥1,050
Amazon.co.jp


私も好きでよく読んでいる本田さんの本ですが、

これは他の方が書いた本から

本田さんの視点で名言をピックアップした

名言集になっています。



パーソナルブランディングを提唱している方なので、

この切り口の名言が多いな、という印象は受けました。



企業の寿命は人の寿命よりも短いことの方が

多いため、会社に頼るのではなく

個人のブランドを確立していくべき、

そんなメッセージが色々な方の名言から

読み取れました。



簡単に読める本で、

かつ色々な方の本のエッセンスを一度に吸収できるので

オススメの一冊です。



-----------------------------

加藤 沙絵子(カトウ サエコ)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんこんにちは。尾茂田です。




先週の木曜日、クイックのセミナールームで

営業セミナーを行いました。


今回で第2回目です。




季節外れの寒さと朝から降り続いた雨の中、

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

感謝申し上げます。




セミナーの中では、

講師の川勝先生が

実際にコンサルティングで支援されてきた企業が

“どんな手法で”“どう変わったか”を3つの事例を通して

お話されました。



ある会社では、

1年前の月の売上に比べて

いまの売上が2.5倍になったというケースも!!



しかも、

・営業人員はそのまま(採用して増員していません)

・CRMなどのシステムを投入したわけではない(高額な投資は一切なし)

という点がミソです。




『現有戦力をそのまま活かして業績を上げていく!』




みなさんこの秘訣を知りたくないですか?




少しでも興味をもっていただけたら

ぜひ、次回のセミナーに参加してみてください。

お待ちしています。


↓↓↓セミナーのご案内


「情報収集型“立体(3D)営業”セミナー」


日時:5/20(木) 17:00~19:00

   ※任意ですが、19:00~簡単な懇親会も行う予定です。


会場:溜池山王 クイック社内セミナールーム(ATT新館3F)

    東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館3F


費用:無料 ※懇親会参加企業は1社につき3000円


対象者:経営者の方・営業ご責任者の方(1社2名でお越しください)


※この件に関するお問い合わせ

担当:日本経営教育研究所(株) 尾茂田(オモダ)

TEL:03-3222-0561

mail:m-omoda@nihonkeiei-lab.jp



それでは。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは隊長です。

リクナビNEXT隊長でございます。

長妻 マッハ潤です。


何がマッハか?

いろいろマッハです。


最近は水を噛んで飲むようにしています。

水っておいしいね。

水道水ですよ。


やっぱ、常温ですよね。

あっ水の話ですよ。


ご飯は10回必ずかみます。



ありがとうございます。




理想と現実。


目標と現状のギャップをうめる為に

日々、努力を重ねるわけなのですが

目標に対していっこうに近づかない時

いつ、再設定しますか?



長妻は思います。

理想は理想

目標は目標

でいいと思っています。


ただ、そこまでのプロセスをイメージできる必要はあると

思います。



イメージが具体的にできないのであれば

再設定すべきだと思います。


イメージできないのであれば

それは、現実に即していないもの




イメージできるように日々努力をしたい。



日々模索中。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんにちは。

先週末の季節外れの雪が一変、昨日は東京では初の夏日でした。


GWが間近に迫っているのに体調なんて崩してられませんよね?



さて、今日はECの話、その2です。


テーマは、「顧客との関係を作っていくには」。


店舗での対面販売の場合であればお客様を目の前にしているので、

お客様の側に立った情報提供をしやすいですが、

メディアを通じた間接的なコミュニケーションでは、

企業側が伝えたいこと(商品説明や販促情報など)を言ってしまいがちです。

逆にお客様側に立った情報とは、

「その商品やサービスを利用されたお客様の声」や

「その商品サービスの周辺の情報(啓蒙情報)」など。


お客様側に立った情報が8割、

企業が伝えたい情報を2割りくらいの割合で発信し、

その情報に反応してくれるお客様が、

ロイヤルカスタマーに育つと考えられています。


おそらく、実店舗での販売や日々の営業活動を考えると、

関係性のよいお客様との会話の割合はこれくらいじゃないでしょうか?

そして、互いの価値観に共感し、信頼性を生むんだと思います。


ぜひ、実践してみてください。


それではまた次回。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高田です。


2011年度の新卒採用が、内定出しのピークを迎えていますね。


中堅・中小企業さんからお話をお聞きしていますと、

4/19~28で、最終面接・内定出しというスケジュールが多いようです。


人事の方にお聞きすると、今年は面接慣れしていない学生が多く、

質問に答えることに苦労している学生が目立つそうです。


そのような状況ですので、例年通り、そのまま役員面接に上げると

落ちてしまう危険性が高い!

という人事の方の不安をよくお聞きします。


そこで、ある企業では、役員面接前に、選考を伴わない

「面談」というプロセスを急遽設定しておられるそうです。


目的は以下の4つ。


学生の志望度の確認。

企業理解の促進。

学生の疑問や質問に個別答えてあげて、不安を払拭させる。

採りたい学生の優先度を見極め、役員通過率を調整する。



採用マーケットにおける学生側の状況を把握しつつ、

選考活動で何が足りないかを見極め、活動プロセスを柔軟に変えることで、

採用確率を高めていく。


効率的かつ相思相愛な採用を実現できる、ポイントの一つかと思いました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

---------------------------------------
自らの意志で何をするか考え、行動できる。
そんな生産性の高い組織を作りたい。
---------------------------------------


先日、新卒採用のお手伝いで、
取引をしているお客様に相談された内容です。
代表の方は、とても危機感を持ってお話されていました。


詳しく伺った内容整理すると、
このような内容だったかと思います。


・若い世代に経営を委ねていくために必要であること。
・個人は育ってきたが、組織としてはまだまだであること。
・スピードをもって、今後数年間で成し遂げたいこと。
・十数年前に、評価制度の見直し、徐々に風土を作り上げてきたこと。


とても熱を持ってお話いただきました。
耳を傾けている内に、私も熱くなったことを覚えています。


まだ、どんなお手伝いを提案するか決まっておりませんが、
コンサルタント曰く、『自発的に考える風土』を作る為には、
要望はシンプルにし、

個人個人が考える余力を与えること

だそうです


確かに、やることがたくさんあると、散漫になるなと、
自分を振り返って、そう思いました。
いいご提案にできればと思います。


--------------
松沼英郎ハート

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

月曜担当の堤です。


賞与の時期が近づき、人事考課で頭を悩ます頃ではないでしょうか。


「人事考課」と聞いてどのようなイメージをお持ちですか?


多くの方は、残念ながらマイナスイメージを抱くのではないかと思います。

それは、会社に"評価・判断される機会"であり

自分が“認められる機会ではない”からです。


最近、私は病院やクリニックの採用や組織活性化について

お手伝いすることが増えていますが、

医師の転職、もしくは転職希望が多くなっているそうです。


年収3000万以上ある医師でも転職をしてしまう。


その理由のひとつとして挙げられたのが、

組織から感謝されることの不足感です。


医師といえば、患者さんに感謝されることの多い職種と
思われがちですが、ここでお伝えしたいのは、
“組織から”感謝されることが不足しているという点です。


言い換えれば、感謝される=認められる=存在意義を感じるということ。

この感覚が、人事考課の中でもポイントになります。


すなわち、人の意欲を高めるためには
“感謝”や“認める”という場が必要になるのです。


特に評価面談の場は、これに最適な機会です。


被評価者が取り組んでいることで、良い部分を徹底的に褒め、
それを踏まえた上で、次ステップのためにとるべき行動を
すり合わせしていく場にすることが重要ですね。


そのためにも、まず「褒める場にする」と意識することから

始められてみてはいかがでしょうか?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんこんにちは!金曜担当の斉藤です音譜

もう4月も半ば。本当に1日1日があっという間に終わりますニコニコ



最近弊社では数社のお客様の新入社員をお預かりしての研修を行いました。

この研修の良いところはもちろんたくさんあるのですが、

その中の1つは、弊社の担当営業がメンターとして半年間、

新人さんたちのフォローを行っていくということです。


4年目の私にとって1年目はまだまだ近い存在だから、悩みを共感できる音譜

と思ったのもつかの間、

実は当時の悩みや不安をあまり覚えていなかったりします叫び

新人達の悩みを想定しておこう!

というメンター会議の際にも思い出すのに時間がかかりましたハートブレイク



当時の日報などをもとに思い出した一例を挙げると

●ちょっとしたメールの送り方がわからなくて

 何分間も迷う(bccとccの違いにいつも迷ってました)

●黒のリクルートスーツを卒業できるのはいつだろうと悩む

●先輩より先に退社してもいいのかとうじうじする

●営業バックや、手帳は何が使いやすいのかとなかなか買えない

●一度断られると怖くて再アタックの電話ができない



上記を今見てみると本当に取るに足りないことばかりですよねあせる

でも当時はこんな細かいことに一生懸命だったんです目


きっとどの会社の新人さんたちも社会人生活に対して

わくわくする気持ちを持っていらっしゃると思います。

ただ、同じくらい小さなことにつまづいたり、悩んだりしているはずです。


新人の頃と全く同じ視線を持つことは残念ながら難しいけれど、

何年か社会人をしたからこそわかることも当然あって、

その経験は新人さんのために活かしたいですよねアップ



ちなみに昨日、

研修を受けていただいた新人さんたちに1週間強ぶりにお会いしました。

今日から本格的に業務が始まるそうですニコニコ


影ながら応援していこうと思いますドキドキ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。木曜担当杉本です桜


新年度を迎え早2週間。


4月にある新たな出会い・変化も
少しは定着してきた頃でしょうか。



そして、就職活動中の学生さんへの
大手各社からの内定出しも、進んできている時期です。

企業側も2012年の準備期間に入り始める頃。


それに向けて、株式会社アイ・キュー主催の
「HRカンファレンス」 が相当気になります得意げ

リクナビ、マイナビ、日経ナビの3社が、まさかのパネルセッション。

2011年総括と2012年の展望が話されるようです。

どんなやり取りがなされるのでしょうか。



そんな中、企業選びにも影響がある「働きがい」について、

最近、雑誌などで、ちらほら取り上げられています。


3月にGreat Place to Work(R) Institute Japan(GPTWJ)が
自薦企業77社の中から選出する、

「2009日本の『働きがいのある会社』」調査 という調査結果の発表をしました。


ここでいう「働きがい」とは、
「従業員が会社・経営者・管理者を信頼し、自分の仕事にりを持ち、

一緒に働いている仲間との連帯感を持てる会社」を指すと、

定義しているようです。



1位 モルガン・スタンレー証券
2位 リクルートエージェント
3位 マイクロソフト
4位 ワークスアプリケーションズ
5位 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル
6位 インテル
7位 日本イーライリリー
8位 アサヒビール
9位 東京海上日動システムズ
10位 キッコーマン




というランキング結果。

ちなみに、
「会社の人たちは仕事に行くことを楽しみにしている」
という設問への回答が、アメリカに比べ、
日本の低さが際立つ項目ったそうです。


新人からも、学生からも見られるこの季節。
社会の先輩として、
「仕事を楽しく」する姿を見せたいですね



【追伸】
リクルートさんが、50周年を記念して、記念サイトをオープンされています。

それが、結構おもしろいですパソコン


「じぶん人生50年」


その年の流行曲をBGMに、
「流行のアイテム」「赤ちゃんの名前人気ランキング」
「出生数」「平均年収」「新卒求人倍率」など、

流行や時代をうかがえる画面が1960年~見ることが出来ます。

こうやって見ると、半世紀も経つと、

すごい変化がおこっているんですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。