溜池ではたらく採用コンサルタントのblog

人と組織の問題解決に取り組むコンサルタントのつぶやきです。


テーマ:

こんにちは。

月曜日担当の堤です。


突然ですが、「フロー体験」ってご存知ですか?

これはイタリア生まれのミハイ・チクセントミハイが提唱している概念です。

スポーツの世界では「ZONE」と呼ばれています。


何かに没頭していて、集中している状態。

そして、活性化していて楽しく感じながら成功する。


簡単に言うと、そんな感じです。

私もバレーボールをやっていたときにそんな感覚になったことがあります。


セッターだったのですが、

非常に試合に集中していて

歓声が不思議と遠く感じられ

熱中しているのに、頭がクリアな状態でした。


そして、動きがスローモーション。

相手のブロッカーの動きがなぜか頭の後ろなのに感じられ

どんな球でもアタッカーの手に吸い込まれるように上手くトスができ

アタッカーも、そこしかない!という場所にボールを打ち込み

当然のようにアタックが決まってしまう。


自分は天才ではないかと思う瞬間でした。



先日、フロー状態を仕事で作り出すためにはどうすればいいのか

というセミナーに参加しました。


スキルとチャレンジのバランスが良いとフローになれるそうです。


ふと、仕事でフロー状態を体験したことがないかも・・・

と上司と話していた時に、見つかりました!


仕事でフローを感じている瞬間!


それは、お客様と楽しく話しているときです。


没頭して時間があっという間に過ぎている!

そして、いつの間にか深く共感して受注をいただけている!


これってフローじゃないの?


ただのおしゃべりではないという声も聞こえそうですが

これもフロー体験なのではないかと思っています。


是非皆さんのご意見をお聞かせください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは音譜金曜担当の斉藤です!


少し秋めいてきて、外回りが楽しくなってきました。

本当に時間が経つのは早いですねー。


今日は弊社「クイック」のちょっとイイ習慣についてお話したいと思います。

弊社には

「褒める」「みんなで喜ぶ」「助け合う」という文化が根付いていますドキドキ


私は早くも入社3年目となったのですが、

1年目の頃から「会社の雰囲気、いいなぁ」と思っていました。

この雰囲気、今でも全く変わっていませんアップ


このブログを書く1時間ほど前、1年目の男の子が受注をしてきました。

受注の報告を受けた男性の先輩は電話口で「すごいすごい!」を連発。


「早く帰っておいでー!」と電話を切り終わると

隣の席に座っていた女性の先輩が、

「●●くん、なんか受注したって?」と聞きます。

内容がわかるとこれまた「すごーい、よかったねドキドキ」と

本人不在にも関わらず、褒め称えます星



30分後くらいに本人が帰社したら、

電話での話の流れを知っている人たちが、

本人の周りにわんさか集まってきて、握手開始晴れ

それにつられて会社にいた人(おそらく全員)が寄ってきます音譜


こんなことは弊社では日常茶飯事です。


他にも最近あったことをあげると


●朝礼で誰かが発表をすると拍手!(毎日)

●ゴミ箱につまづいて転んだ人がいたら駆けつける

 (私もびっくりしたのですが、多分10名ほど集まってました)

●誕生日を祝う(毎回)

●コピー機が壊れていて困っている人を見たら、仕事の手を留めて駆けつける



1つ1つは小さいことだけれど、素敵な気遣いがたくさんありますラブラブ



最近「社員に意見を求めても何も話してくれないんだ・・・」

とおっしゃる社長さんがいらっしゃいました。


でもその前に社員の方を受け止める雰囲気が社内にありますか?

「なんでも聞くよニコニコ」という姿勢は社員の方に伝わっていますか?



小さい行動が集まって、

その会社の雰囲気や社員の方のモチベーションが作られる!

と改めて感じる今日このごろでした目





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

木曜担当の杉本ですぶーぶー


急に、朝晩が涼しくなり、

秋の気配を感じるようになってきましたね。


営業に出ていても、先週くらいまでは夕方でも

暑くてジャケットを羽織っていられなかったのに、

今週からは来ていても、結構平気ですかお



最近、2週に1回くらいのペースで

ABCクッキングに通っていますナイフとフォーク


申込みをしたのは3年ほど前・・・。

ここ1年半くらいずっと行っていなかったのですが、

期限もあと1年となり、意識して予定を入れるようにしたら、

すっかり普通に通えるようになりました。

(習慣化って、大事です。)


自分の通える曜日・時間に予約が出来るプランでお申込をしていて、

だいたい、土曜か日曜の昼に行っています。


レシピは決まっているものの、

教え方など、先生によってやっぱり違って、

分かりやすい先生の授業は、

料理だけでなく、伝え方なども勉強になりますキラキラ



教えてくれる先生は、業務委託契約をされているそうで、

土日の先生は特に、普段、別のお仕事をされている方が多いようです。


ABCは、「ライセンス」という、

私的および商用の目的で、ABCテキストレシピを利用できるという

資格を取るコースもあったりして、

その取得を目指している生徒さんともご一緒したりします。


本当に、料理が好きで、のめりこんでそのまま講師になる方も

結構いるのではないかなと思いました目


おケイコからおシゴトに・・・

「好き」を仕事にしている先生からは、

本当にそれが授業や対応などからも見えて、

知識も深く、料理を教えるプロだなと感じます。

(しかも、本業は別にあるだなんて、凄い・・・。)



仕事に取組む姿勢って、

お客様とか、サービスを受ける立場で改めて

感じるところがありますよね。


自分も、プロとして仕事ができているか、

改めて考えさせられる瞬間です。


--------------------------

杉本 恵美

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

齋藤 有です。


先日お伺いしたお客様先で最近の中途採用における

応募者の話をしていた時に、面白いお話を聞きました。


それは履歴書の趣味欄に

「インターネット」と書いてあるのをよく目にされるとのこと。


趣味「インターネット」?


例えば趣味「ゴルフ」その情報を得る為の手段でインターネット活用。


・・・分かります。


趣味「インターネット」?少し分からない齋藤です。



さて今回のお話は「サービスと顧客満足」についてです。

僕が経験した二つの事例で、気づいたことをお話します。


お恥ずかしながら、9月末に新婚旅行なんぞに行かせていただきます。

旅先はアフリカ。そうですアフリカ大陸です。

ケニアとタンザニアあたりにステイし、

自然と世界遺産なんぞを満喫するのですが、


旅行会社がひどいです。。。(かわいそうなので社名は伏せます。)


アフリカって旅費高いんです。なのでコチラも期待値が上がるわけです。

僕は営業なので、大抵のことは大目に見て、

厳重注意をさせていただき済むのですが、それにしてもひどい。


●こちらの連絡に対する返事が遅い(ひどい時はシカトです。)

●お願いしたプランと違う見積もり。

●言っていることがコロコロ変わる。

●入金催促は最速、入金確認及び御礼などは最遅


どうですか?上記だけでも萎えませんか??



他方、先日暑い日でノドが乾き、

15分時間があったのでO駅構内ののBECK’S(ベックスコーヒーショップ)

に寄りました。(いいことだから名前出しします)


210円の水出しコーヒーSなんぞを急ぎで飲んでいたら、

すぐそばのテーブルを拭いている女性のスタッフの方がいました。


僕がお客様先に向かう為に席を立ち、

グラスなどを下げようとすると満面の笑顔で、


「お客様ありがとうございます。そのままで結構ですよ。」


と言ってくれました。

ここまではありえることですが、その後すぐ近くの出口に向かったところ、

なんと扉を開き見送りをしてくれるではありませんか!そして、


「暑いですが、頑張って行ってらしてくださいね。」


と笑顔で送り出してくれるでありませんか!!


営業はお客様先に入る前は

どんな親しいお客様でも少なからず緊張しているものだと思います。


夏の暑さと緊張を吹き飛ばしてくれるそんなステキな笑顔でした。



数十万円の旅行代金には旅行の前のことも含まれていると思います。

210円のコーヒーには商品と飲む空間の提供代金だと思います。


費用対効果はどちらが高いのでしょうか?


我が振りなおす自省をする今日この頃です。




★齋藤の心窓から★

フットンダ」という深夜番組知っていますか?僕のマイブームです。

アメトーク→一服→フットンダ→寝る

というのが木曜夜のパターンになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

齋藤 有


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。火曜日担当の加藤です。


今週のオススメ本はこちらです。



『スティーブ・ジョブズ

神の交渉力』

著:竹内 一正



溜池ではたらく採用コンサルタントのblog-スティーブジョブズ


今や誰もが知っている、

アップル社創業の

スティーブ・ジョブズ。



彼が偉業を成し遂げられた背景には、

飛びぬけた交渉力・プレゼン力!

あったことがこの本を通じて書かれています。



自分の思い通りに物事を運ぶために、

・契約を結んでくれるまでお客様先から帰らない

・意見の合わない役員や従業員を即解雇する叫び

など、

普通の人では真似できないような

傍若無人ぶりが紹介されています。



「こんなわがままな人の下で働きたくない」

と思う一方、

成功のための異常な執念は、

普通のビジネスパーソンであっても

真似すべき部分でもあると感じました。



「できないことをどうしよう」

と考えるより、

「どうやったらできるか」

ということに人生の大半の時間を使っている

彼だからこそ、ここまでの成功を

収められたのだと思います。



読み始めはジョブズの批判?

と思うような内容でしたが、

読み終わってみると爽快な

気分になれる1冊でした。すーっ


------------------------------

加藤 沙絵子(カトウ サエコ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんこんにちは。尾茂田です。




いよいよ23日(日)から健保組合の野球大会野球がはじまります。

結果は追って共有させていただきますね。勝手にですが・・。



“本当の”甲子園が盛り上がっているなか

年に1度のお祭りを楽しみたいと思います(笑)。





さて、今日はある人事の方とのお話をご紹介します。




こちらの会社さんは

通年で中途採用を行っていて

年間80~100名採用されているようなご状況。



去年と比較して今年は、

この景況感もあって採用基準を高めています


例えば、去年まで

「●●(商品)が好きなので御社に入社したいんです!」という方は

採用になっているケースがありましたが、今年はNG。


「成長したい、貪欲にスキルを身につけたい」という方に

絞って採用されています。

しかも、それを忠実に徹底!!されています。


面接では良いことばかり言わず、

実際の業務の厳しい面むっもこれでもかというくらい伝えているそうです。



いま現在、期の途中ではありますが

早速、変化が出てきているとのこと。




何かと言いますと、

配属先の評判が格段に上がっているらしいんです。


「今年の子は良いよ~○○さん」

「なんかベースが違うよね。吸収も早いし」

などなど。




この結果にはたくさんの要素が影響していると思いますが、

ここまで如実に変化が出てきて、ご担当者もビックリされています!




こういうときだからこそ

思い切った“変化”をつけてみる。



勇気がいりますが大事なことですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

グッドフライデー。

長妻 24 潤です。


最近、お客様先で

「最近涼しくなってきたんじゃない?」という

お話を頂く機会も増えてきたように感じます。

しかし

全く、そんな事はありません。

汗の量はまだまだまだまだ大量、

ジャケットの襟までびっしょびっしょ。

こんなエブリデイです。


あるお客様が最近、

2010年度の新卒採用を開始しました。

初めての新卒採用を行なうお客様だったので

説明会初日は、べったり張り付いてお手伝いを

させて頂いたのですが、

その時に20名位の学生さんと直接お話を

させて頂く機会があり

こんな会話をしました。

「いつから就活はしてるの?」

「1.2月からです。」

「何社位うけてるの?」

「20社以上は受けています」

「内定はもらっているの?」

「まだ1社ももらっていません・・・」


学生さん達は、受け答えもしっかりされていて

かつ、非常に誠実な雰囲気をもっていました。


ちゃんと活動もしている、素敵な学生さんが、

まだ1社も内定をもらえていない事に、

驚きと深刻さを感じました。


本当に優秀なごく一部にのみ

内定が集中していて、

平均的なレベルの学生には内定が

出ていない・・・


こんな感じが09にも増して顕著になって

きている様な気がします。


説明会に参加してくれた学生の中には

「満席で予約できなかったのですが

どうしてもお話を聞いてみたかったので

来てしまいました、立ち見でもいいので

参加させて頂けませんか?」

こんな熱い思いをもった女性学生も

いたりしたのです。



もっと多くの学生に新卒としてハタラクチャンスを

供給しなければならない。

もっと多くの出会いを実現しなければ

と強く感じました。



何社リクナビに参画して頂けるか?

という事も当然重要な事、しかし

そっちにばかり目がいってしまい

本来の自分達のモチベーションである


「何人の人生の門出を創出できるか?」


もっとこっちの意識を強くもって

日々の仕事に打ち込みたいと思った次第です。


本当にそこを強く持つ事が

結果の数字を追う上でも必要な気がしました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


皆様お久しぶりです。
この夏はいかがお過ごしでしょうか?
旅に出られた方も多いと思われます。
今日はそんな旅のお話。


鹿児島の山奥に
天空の森
という宿があります。



溜池ではたらく採用コンサルタントのblog



この宿何がすごいというと、
滞在中、案内されるスタッフの方以外は誰にも合わない。

霧島連山を望む15万坪の広大な敷地になんと3組分の宿泊施設しかない。
もちろん露天風呂は部屋付で、源泉掛け流し、
裸のままで部屋から向かうそうです。


そして、テレビも何もなく、携帯も通じない。


このリゾートは、主人の田島氏が14年間構想を練って作られたそうです。
都会人に本当に必要なものはなにか?
自分たちにできるサービスはなにか?

そこでたどり着いた理想が「何もないサービス」だったそうです。


ちなみに出される食材のすべて自家製もしくは地元産の有機無農薬。
(ここには泊まったことはないのですが、同じ食材を使う系列の雅叙園に
 宿泊したときに供された薩摩地鶏は本当に美味でした。)

ちなみに、宿泊料金は、一人20万円のお部屋と15万円のお部屋があります。
この広大な敷地とお客に対するスタッフの数

(自家製の農作物を作るスタッフまでいます)でいうと、

お安いのかもしれません。

主に、東京など都会からの宿泊客でなかなか予約が取れないそうです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高田です。


先日、千葉県にある従業員50名ほどの会社の社長さまと

お話をさせていただく機会がありました。


新卒採用や育成を社長自らがとてもとても熱心に

実施しておられて、話を聞いて感動しました。


社員の幸福を追求する、大家族主義を理念とし、

社長自らが親代わりとして、社員が間違ったことや

社会道理に合わないことをしたときには真剣に叱って

一人前に育てるために尽力しておられるそうです。


懐の深い、慈愛に満ちた社風を肌で感じました。


その話を聞いていて、

「採用した人を責任を持って育てる!」と言い切ることができるのは、

社長自らが目の届く場所で面倒を見ることができる中小企業だけが

言える言葉だということ。


誰と一緒に働くか?

を企業選びの基準としている学生にとって、とても魅力的な

企業だと思いました。


会社は人次第であること。

採用で会社が変わること。

このことを、真に理解しておられる社長がいる会社で働くことは

とても素晴らしいことだな、と感じる瞬間でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の夏休みは、埼玉県秩父の長瀞に行ってきました。
岩畳が有名な場所で、水と緑豊かな良いところです。


そこで出会ったおばちゃんの質問力に感動したので、
今回はそのことについて書きたいと思います。


その日は、少し遅めの出発だったので、

現地に着いたのは13:00近く。
そろそろお昼ごはん食べたいなと、ふらふらしながら、
お蕎麦屋さんの呼び込みに耳を傾けていました。
でも、なかなか決心つかず、迷っているときに、
そのおばちゃんに声を掛けられました。


おば「長瀞にようこそ。楽しんでるかい?」
自分「実はまだ着いたばかりなんです。」
おば「そうかい。予定は決まってるのかい?」
自分「いいえ。でも妻とゆっくり

   名物のお蕎麦でも愉しみたいですね。」
おば「蕎麦かい。いいよね、さっぱりしてて。

   暑い日にぴったり。探したのかい?」
自分「いえ、それもこれからです。」
おば「大変だ。奥さん、お腹空かせちゃうじゃない。」
おば「奥さんは、

   どんなお蕎麦屋さんなら喜んでもらえるだろう?」
自分「そうですねぇ、

   冷たいお蕎麦が美味しいお店なら喜ぶと思います。」
おば(側にあったパンフを取って)
おば「ここのざる蕎麦は美味しいよ。近いし行ってみたら?」
自分「そうですね、妻も喜びそうなので行ってみます。」


さっきまで迷っていたのが嘘のように、
そこで食べてみたい!と思ったのを記憶しています。


恐らく、おばちゃんの質問のおかげなんですね。
“どうせ食べるなら妻の喜ぶところで”と、

心のどこかで思っていたことを、
引き出してくれたからだと思います。


相手の欲求を、

気付かせてあげるコミュニケーションって大切なんですね。
とても、学ぶことがある一場面でした。
自分も見習わねばと思いました。


P.S.
お蕎麦も美味しかったです。

-----------------------------
松沼郎   (マツヌマ ヒデオ)ダイヤ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。