溜池ではたらく採用コンサルタントのblog

人と組織の問題解決に取り組むコンサルタントのつぶやきです。


テーマ:

『“なぜダメだったか”じゃない、“なぜうまくいったのか”を考えろ!』


先日、お会いした社長から助言頂いた言葉です。
この言葉は、とても衝撃でした。


実は、振り返ってみると「ダメ」から始まる思考が
染み付いていることに気付きます。
例えば後輩と、今日の商談について振り返るとき。


「あの商談で、結論がでなかった原因って何だと思う?」
「ヒアリングが足りなかったからっすかね?」
「なぜ、ヒアリングが足りなかったの?」
「事前に、会社のこと調べておくのが足りなかったから…。」
「なぜ?」
「・・・」


とても、息が詰まった状態になっていきます。
それに、次回もあまりうまくいきません。
それは、ダメだった原因が“それ”だけでななかったからです。



しかし、「うまく」から始まる思考で考えると、


「あの商談、結論はでなかったけど、担当者は熱心に聴いてたね。」
「なんでだと思う?」
「事前に、訪問目的をメールしておいたからですかね?」
「いいね。なんでメールが良かったんだろう?」
「お客様の中で、何を聴きたいか、明確になってたからですかね。」
「なるほどね。他のお客様でも使えそう?」
「使えると思います」


と、ポジティブな思考になりやすいことに気付きました。
グーグルで検索してみると、これは「解決志向」のひとつだそうです。
明日から、会社が楽しみですね。


-----------------------------
松沼郎 (マツヌマ ヒデオ)ダイヤ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。羽蚋(ハブト)です。


最近、とても感動したことがあります。


あるお客様先にアポイントで行った際のことです。


玄関のところに


「羽蚋様、いらっしゃいませ」


大きなメッセージボードが置かれていました。


そのお客様はまだお取引きもいただいておらず、
お会いするのも2回目でした。


2年ちょっと営業をやってきましたが、こんなことは
初めてだったのでとても驚き、感動してしまいました。


この会社の社長にお話を伺ったところ
「会社に来ていただく方、全員に喜んでもらいたい」
いうことでした。


メッセージボードは旅館や飲食店などでは目にすることはありますが
このようなアポイントの場ではなかなかないと思います。


社長の発想の転換にも今までになかった気付きをいただきました。

さりげない工夫で人を感動させる。

このさりげなさで相手との距離も一気に近くなると思います。


一番難しいことだとは思いますが、相手がどんなことをしたら
喜んでくれるか、嬉しいかを考えて日々行動していきたいと思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
金曜担当の斉藤です音譜


先日お客様先で新卒採用についてのお話をしていましたニコニコ


そのお客様の悩みは


「頭の回転が早い学生を見抜きたいが、

どのような質問をしたら良いのかわからない」


ということ。

確かに頭の回転は志望動機を聞いても、

自己PRを聞いても、わかりそうにありません。
話をしていてその会話のタイミングや内容の理解度が見えてきて

「頭の回転の早い人だなぁ」と思うものだと思うんですチューリップピンク


そこでお客様と出した結論は


「面接っぽくならず、気軽に話ができる場をもうけよう!」


ということ。

他社さんだと学生をエレベータへ送る際の何気ない会話をチェックしたり、

面接前に一緒にゲームで遊んだりしているそうです。


面接で学生は、自分をよく見せようと自然に思ってしまいます。

面接以外の場を上手く利用したいですねラブラブ

そこから学生の真の姿がちらりと見えるかもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。木曜担当の杉本です。
6月なのに、30度を越える暑さの日も出てきましたね温泉


この季節は、

仕事帰りに冷えたビールを飲むと
たまらなくおいしいですねビール


・・・なんて感じるようになったのは、
いつからでしょうか。


甘めのお酒しか飲まなかった
学生時代が、遠い昔のように感じる歳になってきましたあせる



最近、「景気底打ち」の話が出てきて以来、
少しずつ、日本に元気が戻る兆しが出てきたようです。


ふと、手にとって読んだ『L25』に、
ボーナス減、でも景気は上向き!?いまいち実感できないのはなぜ?

という記事がありました。


確かに、政府は何を持って「景気」の判断してるのか
全く良く分からないというくらい、
生活をしている上では、実感ないです。


でも、企業が元気にならないと、
雇用されている我々が実感するのは
もっともっと遠くなることを考えると、
日銀がそう判断できるところまで来たのは、
嬉しいニュースですよね音譜


その景気を支えているのが、

ビジネスマン・ビジネスウーマンです。


最近、弊社内では、
「今日も世界を変えるために出社している!」を合言葉に
仕事に取組んでいます。


大げさな話、もしくは宗教的な話に聞こえるかもしれませんが、
でも、働く一人ひとりが頑張ることで、
きっと世の中は変わります。


営業、エンジニア、事務、販売・・・

どんな仕事の方も、世界を変えられると思います。


暑さに負けず
世界を変えるため、今日も一日頑張りましょうアップ


--------------------

杉本 恵美

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。
採用コンサルタント 齋藤 有です。


今回は私事な話です。興味ない方申し訳ないです。


先日、実家で一緒に住んでいた祖母が亡くなりました。

体重は30㎏位しかない祖母は丈夫ではなかったですが、

まだまだ元気だったので驚きました。


一連の行事などを通して思った事を書きたいと思います。


以前読んだ本で「死生観」を持って生きること、

仕事をすることが大事だという内容がありました。

確かに大事だなとその時思いましたが、正直実感が沸きませんでした。


現在の世の中では、【死を意識して生きる】ことって中々ないですよね。

僕もここ最近は考えたことがありませんでした。


そんな中での家族の、身近な人の臨終。


悲しみの中で、改めて生命の尊さや、人生の締切を考える機会になりました。


全力で生きているか。

後悔しない行動が出来ているか。

世の為、人の為になっているか。


などなど。


さらに小さい男な僕としては、


死んだら泣いてくれる人がいるのか。

残念がってくれる人は。


「死生観を持って生きる」「全力で後悔しない生き方をする」


改めて大事だなと思いました。


おばあちゃんの教えとして、今後とも頑張っていこうと感じた今日この頃です。


小さい頃から色々お世話になったおばあちゃんへの恩返しとして。。。




最近「アメトーク」にはまっている僕です。

おかげで少し早めに帰るようになったとか

なっていないとか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
齋藤 有



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



こんにちは。火曜日担当の加藤です。紫陽花


今月のオススメはこちら↓



『一流の人は空気を読まない』
著:堀 紘一


溜池ではたらく採用コンサルタントのblog-空気読まない堀



今となっては

KYドクロ

が大ブームになったのも
懐かしいですね。笑



「空気の読める人になろう」
「場の空気はこう読め」
みたいなノウハウ本も
当時は書店に多く並んでいたような気がします。


この本は、「KYは悪」ではなく、


「空気とは読むだけでなく創るもの」
「空気を創り出せる人間になろう」

という話が展開されています。



これからの日本では、
自分の頭で考えて、
自ら場の空気を創れるような、
そんな力が必要とされると思います。



大変勉強になる一冊でした。sao☆


-----------------------------
加藤 沙絵子(カトウ サエコ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんこんにちは。尾茂田です。




ひさびさに野球ネタ野球をご報告します。


日曜日、地元の草野球チームで公式戦の予定でした。

ご存知の雨雨のため、試合は中止になったのですが、

もし行われていたらスゴいことになっていたんです!


何がスゴいかと言うと、

1チームを作るのに全部で5つの組織から

人をかき集める事態に・・。

すでに原型をとどめていませんドクロ


もうすぐ30才。がんばります!




さて、今日はTVで取り上げられた、

ある飲食店ナイフとフォークの話をご紹介したいと思います。



そのお店がオープンしたのは約10年前。

いまでもリピーターを中心に賑わっている繁盛店です。

そこから派生して、いまでは同じ業態を4店舗まで展開しています。



つい先日、そちらの店舗がTV番組で紹介されていました。

某有名人が通っているとかで取り上げられていたんです。



ここからは、このお店の方のお話。


「非常に嬉しいことなんですが、

●●店は番組に取り上げられてからメチャクチャ混んでいます。


意外というか、TVの影響力を感じたのが

他の3店舗も賑わっていることなんですよ(笑)


みなさん、自ら調べて来店されてるんですよね。

いまの悩みは、

古くからのお客様に迷惑がかかってしまうかもしれないこと・・・」



改めて、マスコミの影響力の大きさを実感しました。

今回のように良い点ばかりでなく、

悪い点などもすぐに広がってしまうんだなぁと思うと

いろいろ考えさせられますね。

このお店の方も、メディアへの露出は慎重に判断されているようです。


それでは。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とめどなく溢れる汗、

情熱と書いて 長妻 と呼んで欲しい。

長妻 ジェームズ 潤です。


ここ二週間で二件、非常にめでたい事がありました。


中学時代からの友人で今、強豪校の野球部コーチを行なう、休みは年間7日間

天然パーマのK君。

大学時代からの友人で最近起業した、顔がチワワにそっくりなN君。


こんなお二人が、子供を授かりました。

私の、第二子と同級生ですので、産まれる前に友達ができた感じで

なんて素敵な事だろうと感じる

今日この頃。




さて、最近とても気になっている事について。


それは

「HOW」と「WHY」


どのようにやるのか?なぜやるのか?



ついつい、仕事のシーンだと、HOWに

走りがちだったりする、

確かに
HOWだけでもパフォーマンスは一定まであがるのかもしれない。

しかし、

HOWのみの人からは「感動は感じない」と思う。


かりにWHYだけでもパフォーマンスはあがらないかもしれない。

でも、WHYが強烈にある人からは

「感動は猛烈に感じる」と思う。



HOW⇒WHY 

でも

WHY⇒HOW

でもどっちの順番でもいいと思う


でもWHYのある、人間でありたいと感じる。



そして、WHYがある事の素敵さを

後輩から回りの人から感じてもらえるように

WHY全開で生きたいと思う。


それが、背中で語るという事だったりもするのかな?

と思う今日この頃。


私のWHYは 

成長と感動を感じ続け、回りをエナジャイズする為です。





今日も、ふんどし締め直して生きます。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

お久し振りです。


皆様、ご飯は好きですか?

兼業農家に育った私は、白いご飯が大好きです。

ついに家で糠漬けまで漬け始めました。


今日は、そんな白いご飯の上のお話。


日本食料新聞によると、


ふりかけ・お茶漬け市場は2008年、消費者のご飯食回帰や

内食・節約志向の高まりという追い風を得て前期比3%増の

564億円で着地した。市場の定番商品を中心に既存商品が好調で、

新商品や各種販促策による新たな価値提案へと準備が整った。


とのこと。



まずは、誰もが知ってるのりたまのお話。

ふりかけ分野のガリバー丸味屋が、これまで

小中学生と主婦に集中していた購買層に若い女性を何とか取り込みたいと、

パッケージを一新した手のりたまを発表。

OLを中心に若い層の売上が伸びているそうです。



溜池ではたらく採用コンサルタントのblog-手のりたま
「手のりたま」



そして、あったらいいなを形にして、大ヒットをした商品があります。

「グリコのちょい食べカレー」。


溜池ではたらく採用コンサルタントのblog-ちょいたべ

つめたいままで、ご飯に掛けても油が固まらないとうもろこし油を使い、

そのまま掛けて食べられるのが受けたらしいです。当初の

発売目標の2倍を超える大ヒットだそうです。

ちなみに、このカレーを開発したグリコの矢野さんは、サークルの先輩で、

いつも新商品の開発のアイディアを考えていました。



また、

んな本も料理本としては異例の12万部の大ヒットしています。


溜池ではたらく採用コンサルタントのblog-ねこまんま2
「おとなのねこまんま」



やはり、「手軽」「身近」「あればいい」といったところが、

今のヒットのキーワードなんでしょうか?


それでは、また、次回。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高田です。


先日、ある企業さんの新卒会社説明会に関する

お話を伺う機会がありました。


その企業は、組織風土やナレッジ共有を実現するための

コンサルティングを行なっています。

欲しい学生は、自分で問題を発見して課題設定し

解決することに興味を持っている学生。


そこでその企業が実施した会社説明会のテーマは、

「欲しい情報を自分で考えて獲得する」というもの。


この企業の営業現場では、営業が聞きたい情報を整理して

お客様にヒアリングして、情報を獲得して課題設定していくので、

説明会でもそれを体感してもらおうというわけです。


会社説明会では、学生がグループになって聞きたいことを考えて、

まとめてからそれを企業側にぶつけて、

企業側はそれに答えていくというものでした。


学生に共感してほしいテーマを決めて、それを体感できるように

説明会の運営自体を大きく変えたのです。


この新しい説明会に共感できない学生もいるそうですが、

むしろスクリーニングできていると考えられます。


企業側から情報を提供するだけが

説明会ではないのだな、と関心するお話でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。