こんにちは。木曜担当の杉本です。


夏のような暑い日ざしの日が続いたと思ったら
雨が降って急に寒い日になったりガーン雨


電車や社内でも冷房がガンガンにきいていたりするので、
体温調整しっかりしないといけませんね。


さて今回は、
東京の業界別労働者数を調べてみました男の子女の子


最近だけではないのですが、お客さんとお話をしている中で、

「どこの業界が採用が多い?どんな業界経験者が多いのかな?」

という話題が結構あって、そのタイミングで
よく求人を見かける業界の話をしているのですが、
そもそも、どんな業界に母集団が多いのか、改めて調べてみました。


平成20年の1~3月平均の産業別就業者数データ(東京都総務局調べより)によると、

卸売・小売業に従事している方が123万人、
製造業に従事している方が90万人

ということで、上位2業界となっています。

(ただし、各業界に分類されない業界の合計数値である
 サービス業の方が124万5000人いらっしゃいます。)


ついで、情報通信業が55万5000人、建設業が51万1000人。



実は、全体的にどの業界も就業者数が増えている結果だったのですが、
2007年末から就業者が減って、
比較すると57万人減・・・という業界がありました。


医療・福祉業界です。


大手介護サービス会社の
最近、新聞などでも医師不足が特集されていたり、

医療体制の見直しなどが叫ばれていますが、
目に見えて人材の流出が数値にも表れていますね。


1年サイクルで、9月から10月への変わり目と、
3月と4月の変わり目がどの業界も増減の幅が目立つものの、
「大変だから人が流出する」「人が流出するから大変になる」という、

負のサイクルに陥っているように思います。


どの産業もなくてはならない、社会を支える柱になっていますが、
その、社会を支えている人々を支えるのが
医療・介護業界の方々。


大切なお仕事なので、もっと働きやすい環境が整って欲しいと願っています。


詳しくはコチラ
http://www.toukei.metro.tokyo.jp/roudou/2008/rd08ea0400.xls


-------------------------------


杉本 恵美

AD

お疲れ様でございます。採用コンサルタント・齋藤ストライプ有です。虹


先日高校の同級生で、かなりの頻度でお茶を飲んでいた

(僕の地元の方は意味が分かると思います)

親友がアメリカより一時帰国をしたので、何年かぶりに会いました。


彼は高校卒業と同時にアメリカの大学に入学し、

そのまま原子力学のドクター課程まで進んだ男です。

今は米国立の研究機関で働いています。


親友連中何人かで集まり飲みながら語り合いました。


みんな大人になったな~。



アメリカ在住の彼が言っていた言葉


「有は変わってないね。」


いつまでも若い私です。。。




さて今回の気づきですが、「褒めるって難しいか!?」です。


マネージャーになった当初、僕はキレキャラでした。


お恥ずかしい話。 (今でもキレキャラ?)


ただ、褒めるのって大事だなって最近気づいたんです。


僕が部下を持っていない時のことを思い出すと、

叱られたことよりも褒められなかったことに不満を持ちました。


自分が褒めて欲しい時に、他のメンバーが褒められてたりすると

悔しくていてもたってもいられない。そんな状態でした。

モチベーションが下がる要因てもしやそこにあるんじゃないかと!


とある本に最近の若者は即時評価に慣れていると書いてありました。
原因はゲームにあるそうです。

頑張ってクリアーするとすぐにエンディングで褒められる。

そんなゲームに慣れていると、今頑張れば5年後に昇進なんて言葉は刺さらないわけです。


その前に、人がいいことをしたら素直に賞賛する。そんな心意気ステキですよね。


かの糸井重里さんは某玩具メーカーにいらっしゃる時に、

若手のクリエイターがいい企画を出すと目を輝かせて褒めたそうです。


そんな素晴らしいことを社員がみんな自然にやる。


そういう会社ってきっとHAPPYですよね。


昨日(27日)で30歳になりましたっ。
---------------------------------
齋藤 有  (隊長)

AD

こんにちは。火曜日担当の加藤ですニコニコ


今日は、経営者の方はもちろん、

営業、販売職の方など、

みなさんが売上をあげる1つの手法として

とっても気になる「口コミ」についての本をご紹介します。



『口コミ伝染病』

著:神田 昌典



私も営業をしているのでよくわかるのですが、

お客様がお客様を紹介してくれるほど嬉しいことはありません音譜



しかし、その口コミって偶然に広がるものなのでしょうか?



この本では、口コミは偶然ではなく、

思わず他の人に話したくなる仕組みがあるから広がる、

ということが書かれています。



いくつかポイントがあるのですが、

私が思わず納得してしまったことを一つご紹介します。アップ



それは、

お客様が期待することと、実際に提供するサービスの

ギャップを利用する、

ということです。



例えば、私たちは高級レストランナイフとフォークに行くときには、

それなりのサービスを期待し、少しでも不手際があると、

クレームを言おうとしますプンプン


しかし、それはそのレストランに対する期待値が高かっただけ。


逆に、無愛想な店主のいるラーメン屋ラーメンで、

ある時店主から笑顔で「ありがとう」と言ってもらえた、

そんな時は、「あ、あの店主、結構いい奴じゃんきらきら」と、

印象に残って、人に言いたくなるわけです。



「普段は無愛想な店主だけど、

味は確かなラーメン屋があるんだ。

ホント無愛想なオヤジなんだけど、

この前初めてありがとうって言ってくれたんだ」

といった感じです。かお




この例は極端かもしれませんが、

人はこういうギャップに弱いんですね。




私もこの本を読んで、

お客様の期待値を上回るサービスをし続けていかなきゃな、

と改めて思いましたにこちゃん


---------------------------

加藤 沙絵子(カトウ サエコ)

AD

気付き【食king(shocking) NEWS】

テーマ:

こんにちは。



尾茂田です。





本日の最高気温は30℃という予報・・・。


本当かどうかわからないけど、たしかに暑いですね。





暑いといえば夏。


夏といえば甲子園。


甲子園といえば野球。野球




そろそろ活動します!ほんとうにそろそろ・・。






さて、今日はある人事の方からお聞きした

『気付き』に関するお話をしたいと思います。




その方は、人事担当になられてまだ1年。

去年は、ほぼ1人で採用面接をされていて

100名以上の応募者とお会いになられたとのこと。




昨年を振り返ると、

応募者と会えども会えども

なかなかうまくいかなかったそうです・・。

選考途中の辞退や内定後の辞退。

ひいては入社初日に来ない、など。




そんな中、必死に考えて工夫した結果、

今年に入ってから状況が一変したそうです。




「いままでは、会社のアピールばかりしてたんです。

『全国に展開していて・・』とか『上場を目指している・・』とか。


ただ、それって応募者の方にはあんまり関係ないんですよね。

気付きました。


それからは、

『社長の社員に対する想い』とか『私自身がこの会社で働いていて感じること』など

リアルな話をするようにしたところ、応募者の反応が変わったんですよ(笑)」




相手が欲しているものを与える・・。




どんな場面においても重要なことなんですね。

気付きました。

いよいよ、夏の匂いがしてきた今日この頃です。


ちょっと、最近寒暖の差が激しい為、下痢の日々が続いております。

そんな長妻でございますが、

今回の社長さんは21歳、学生社長の方です。


3期目の今期の売上げは2億を見込んでいるなんともスペシャルな企業さんです。

しかも、利益率は相当高いっぽいです人件費以外は全て利益、

これまた、ミラクルです。


「お客様と自分達が幸せか?」を常に判断基準としてもっていて、

具体的にはここの強みは「SEOの技術」にあります。


それこそ、商品化できるレベルのノウハウがあり、実際その様な

依頼が寄せられて来るのだが、その事業を行なう事が

社員のハタラク幸せに常がるか?という観点から

あえて、事業化していません、やった方が今よりスピードを

早めて拡大できるのに。



そこまで理念をしっかり持ち、それをベースに決断をされている

21歳。 はんぱない・・・・



自分の4つ下。 話にならない・・・非常に強い危機感を感じました。

自分の行動モットー

「どぶ板営業喜んで」

を徹底して行い。 これを行動判断基準において

少しでも早く追いつける様にしたい。



ぱないぜ社長!


素敵な社長!


負けんなおれ!


今までしてこなかった分、頭を使えおれ!


日々勉強!



アジアの人流 「アジア経済圏」

テーマ:

みなさん こんにちは。

採用コンサルタントの今仲です。


2週間ぶりでございます。


昼と夜の気温の差にやられている感がありますが、
新緑のまぶしい季節。


外へ出るのが気持ちいいですね。


ところで【アジアの人流】の第4回目になりますが、
今回は、「東アジア経済圏」についてです。


南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国と日本、韓国、中国が中心になって

モノやお金の流れの障壁を極力取り除いた経済圏構想のことをいうのは

ご存知だと思います。


その中の1つである韓国では、ホンダのCR-Vやトヨタのレクサスなどの日本車が
よく売れているそうです。

これだけ聞くと、ふーんという感じですが、

韓国で日本車の輸入が解禁されたのは、ほんの10年前の1998年です。
すでに。33%が日本車の占める割合。大方の予想では、これが40%代には

跳ね上がると言われているそうです。


車に限らず、日本の製品の販路が広がります。

勿論、競争も新たに生まれますが、確実に経済は活性化するでしょう。



この経済圏構想が完成すれば、20億人近くがこの市場のプレーヤーになり、

欧州連合以上の経済圏になります。


EUの例に学んでも、「生産」「IT」「開発」「金融」「農業」など
地域性を含んだ適材適所の経済活動をすれば、
アジアの人たちは豊になると考えられています。

新人との対話

テーマ:

こんにちは、松沼です。


もう、しばらく経ちましたが、
みなさんはGWに何をして過ごしましたか?
私は、3月末に購入した新居の家具を揃える為に、
話題のIKEAに買い物に行ってきましたよ。


個人的には、庭に置くテーブルが気に入りましたが、
まだ購入はしていません…。


さて5月に入り、そろそろ新人さんも本配属の時期ですね。
先輩となる皆さんも、程よい緊張感が生まれる頃だと思います。
うまくコミュニケーション取れてますか?


昨今、若者の志向が分からないと嘆く方が
多くなっている中、どう対話したら良いのかご質問を頂く
ことも多くなってきました。
弊社で取り組んでいることが参考になればと思います。


■喜怒哀楽を確かめる


対話の第一歩です。
特に、「喜」と「怒」を確認していくのですが、
つまり、モチベーションを高めるキーワードと、
NGのキーワードを知っておくということです。


例えば喜。
新人「学生時代にアルバイト先で社員に誘われたんすよ」
先輩「へぇ、なんで嬉しかったの?」
新人「なんか、認められたっていうか。」
先輩「具体的には?」
新人「学生バイトの中では一番仕事を覚えるのが早かったんです。」
   「それが認められたようで、嬉しかったっすね。」
先輩「(期待されると喜ぶのか。ふむふむ。)」


といったように、キーワードにしたがって
過去の体験を振り返ることにより、見えてきます。
この新人には、頻繁に「期待しているよ!」「期待以上だ!」
という言葉をかけてあげるとモチベーションがあがりますよね。


今日は、ここまで。
また次回、続きをお話させて頂きます。


-----------------------------
松沼郎 (マツヌマ ヒデオ)ダイヤ

儲かるビジネス【熱い社長】

テーマ:

こんにちは。


羽蚋心(ハブトココロ)です。

ご無沙汰しております。



今回は先日お会いした社長様からお聞きした

今アメリカで増えている「コンシェルジュサービス」をご紹介したいと思います。



コンシェルジュサービスは日本でもマンションなどに組み込まれたり

富裕層の方が住んでいらっしゃる周辺にできたりしています。



アメリカでは・・・



①ECサイト運営会社と提携したコンシェルジュサービス


②チェーン展開しているショップがコンシェルジュサービスを実施



以上の2つが伸びているみたいです。



①のECサイトとの提携では幅広い商品を扱えるので、

お客様からの満足度が高まり、リピートが増え収益が安定します。

また在庫コストがほとんどないのでリスクが軽減できます。



②実例ではスターバックスコーヒーが行っています。チェーンならではの情報網と

輸送機能などでコストが削減できます。




また富裕層の方は自分の考えていたピッタリの物がなくても

それに代わる物でサプライズな物があれば価格関係なく

購入していただけるそうです。



富裕層ビジネスはまだまだこれから様々なビジネスとのコラボレーションが

生まれそうな気がします!!



これからも儲かる熱い社長様のお話をご紹介したいと思います。

よろしくお願いします。


お久しぶりです。
木曜担当の杉本です。


この「溜池で働く採用コンサルタントのblog」も
GW明けて、グローバルな感じのデザインになりました。


杉本が大阪から転勤をしてきて、
一番感じているのは、町で見かける外国人の方々の多さ。


オフィスのある赤坂界隈も、
大使館などが近いこともあって、よくすれ違ったりします。


英語が苦手な杉本は、万一声をかけられたら

応対できないとドキドキすることもあります。


さて、最近、海外から日本にいらっしゃっている
外国人の方の採用を増やすなんて記事も新聞に載っていたりしますが、

労働力の減少が必至の中、
そういった対策が企業の未来をささえるのかもしれませんね。


ということで、今回は、
東京にいらっしゃる外国人の方について調べてみました。


東京都には、平成20年1月1日現在
39万321人の外国人の方がすんでいます。(東京都総務局調べより)


やはり、アジアからが多く、
アジア合計で32万4366人、そのうち多いのが
中国からで、13万4493人。ついで、韓国・北朝鮮からが11万5051人。


他、ヨーロッパ各国からの合計で2万5802人、
北米の合計が2万3553人で、うち、アメリカ合衆国から1万9001人なので、
圧倒的に違います。


留学や就労などで人の交流があるにもかかわらず、
新聞やニュースで外国人労働者の方に対する雇用待遇の悪さなども挙げられたり、
違法な雇用があったりと、少しずつ改善はあるものの、
日本国内での労働環境に関する体制はまだまだ・・・。


雇う企業側の外国人の方に対する意識が、
まだ閉鎖的なようにも感じますし、
そもそも、言葉の壁を必要以上に感じる文化は
まだまだ変わっていないのではないかなと思います。


世界競争力も22位の日本。
雇用という面だけでなく、海外の方に対する意識も
どんどん前向きに変えていかなければいけませんね。

こんにちは。齋藤 有です。


ご無沙汰しています。



中国の地震は非常に痛ましいですね。オリンピックも控えているし心配です。

日本でも最近、地震に関する報道が多いような気がするのは気のせいでしょうか。


これって何かあるのかな~と深読みしてしまう今日この頃です。


備えあれば憂いなしですね。



さて今回お話しする気づきは【自分と向き合うことの大切さ】です。


先日、2日間の外部研修に参加してきました。


仕事を離れて自分と向き合うその研修は凄く新鮮で為になりました。

普段は様々なことが次から次と押し寄せてくるので自分と向き合う時間はなかなかとれないことが多いです。


その研修は、自己評価と上司・部下の行動に関する評価を調査し、

その結果をもとに「つもりの自分」と「人が見た自分」の違いを明確にし、

そして自分の現状を理解し、今後の行動に活かす。というものです。


正直辛かったです。。。

人から見た自分を突きつけられるとほんとに恥ずかしくて、情けなくて。


こんな人間は駄目だ~と思っていた行動を自分でしてたりとか。

よかれと思ってやったことが実は相手には迷惑だったりとか。



思わず研修のトレーナーの方に逆ギレしてみたり・・・

(すみません反省しています)



ただ辛かった分得たことは大きいと思います。

研修後から自分の世界が少し開けた気がします。


行動も少し変わったような。。。

・・・・いやいやまだまだですね。


皆様もたまには自分と向き合ってみるのはいかがでしょうか?


できれば周りの人に、忌憚のない意見を匿名でもらったりして。


気づきは多いと思います。

だって人間は結局一人称の世界にいる訳ですから。


いやーしかし・・・本当に辛かったです。




自分から行こう。自分からやろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

齋藤 有