溜池ではたらく採用コンサルタントのblog

人と組織の問題解決に取り組むコンサルタントのつぶやきです。


テーマ:

こんにちは。

暖かくなったり寒くなったりの毎日ですね。


3月目前。

そろそろ、コートのない生活をしたい杉本です。


前回、東京の職種別求人倍率をみて

圧倒的なエンジニア不足を感じたわけですが、

今回も、その求人倍率という数字に注目してみようと思います。


ただ、今回は「年齢別」女の子男の子


最近、新聞でも雇用延長だとか、

年齢制限の撤廃だとか、

時流としては、年齢に関わらず募集をする方に流れています。


東京労働局が出している

年齢別有効求人倍率の推移」

からのデータを見てみることにしました。


年齢制限の撤廃が法律で施行された

昨年の10月以降、当然、どの年齢層も求人倍率はほぼ同じになりました。


<東京都の年齢別求人倍率>

■2007年12月集計

24歳以下  ・・・1.45

25歳~34歳・・・1.45

35歳~44歳・・・1.31

45歳~54歳・・・1.26

55歳~59歳・・・1.31

60歳~65歳・・・1.36


ということで、

キャリア形成のための若年採用で多少の差があるかとは思いますが、

ほぼ変わらない結果に。


ただ、法律の施行がされる前の9月を見ると、


■2007年9月集計 


-------------------------------

杉本恵美 (スギモトエミ)



24歳以下  ・・・1.45

25歳~34歳・・・1.55

35歳~44歳・・・1.31

45歳~54歳・・・1.03

55歳~59歳・・・0.93

60歳~65歳・・・0.98


ということで、35歳前後・45歳前後で

かなりの差が・・・。



数字的な変化はあったものの、

内情では、

「やっぱり若手が欲しい」

という話になる機会がまだまだ多いように感じています。


ただ、これから若手労働者人口が減っていくのは事実。


「任せたいこと」「期待していること」をかなえてくれる人材って、

本当に「年齢」によって判断できるのか。


「志向・タイプ」や「経験」など、

その人の本質を見れるような採用が出来るようになっていくこと

を期待している今日この頃です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お疲れ様でございます。

採用コンサルタント・齋藤ストライプ有虹です。


もうすぐ春ですね。黄色い花 皆さん春は好きですか?

4月とか華やかなイメージありますね。

ただ私少し苦手です。春の世間のなんとな~く落ち着かない感じ。(わかりにくくてすいません。ふわふわした感じですかね。)が僕の心を不安定にさせます。(x_x;)だから若干苦手です。見かけとは違ってピュアな私でございます。(!)ほんとですって。


さて【1年目観察手記】ですが、

今週のテーマは【ロープレ大会!】です。

先日(2月21日 木)に弊社社内ロープレ大会を開催しました。
趣旨は、

【日頃の成果を見せよう】

【お客様のより役に立つ為に人の提案を参考にし、より解決の手法を多くしよう】
など様々な目的を持って行いました。

年次に関係なく、お客様役のマネージャーにプレゼンをするというもので本格的な戦いなのです。


1回戦・2回戦・決勝と白熱した2時間半だったと思います

(僕は司会者としてアタフタでしたが)


営業としての視点から見ると、他の営業の提案を見るのは凄く勉強になります。
・今まで気がつかない視点からの提案
・プレゼンスキル
・コミュニケーションの取り方

など様々な角度から学べるからです。


果たして1年目のみんなは先輩のロープレを見てどんなことに気づけたでしょうか?

N君のコメント!まね出来ない部分もあったのですが、人の商談を見る機会はほぼなかったので貴重な体験でした。 あとはお客様の立場になって見ることが出来たので提案を受ける側の気持ちが分かりました。」

Yさんのコメント!「先輩が短時間にプレゼンテーションからクロージングをしているのを見て、時間がなくてもしっかりとした提案が出来るんだなと思いました。」

H君(1年目で唯一2回戦進出者)のコメント!
「商談より緊張しました。多くの人に見られることはあまりなかったので。ためになったことは凄く多くて全ては言えませんが、一番はお客様の興味をどうやって引き出すのかの方法ですね。」


みんなそれぞれ感じてくれたことがあると思います。

マネージャー、ベテラン営業みんな一同に会して時間を作りロープレ大会をやると言う意味の背景を考え、機会を活かして欲しいですね。活かすも殺すも自分次第なのですから。


ちなみに第三回クイックロープレ大会優勝者は、営業歴9年目のNさん(女性)

後輩の僕が申し上げるのも失礼かもしれませんが、熱意のこもったいい提案でした。

ありがとうございます。勉強になりました。


次はメンバーが優勝して欲しい・・・。
------------------------------
齋藤 有  (隊長)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは音譜火曜日担当の加藤です。


本日は、今話題のベストセラー、

私も読んでみたのでご紹介します。アップ



『効率が10倍アップする新・知的生産術―

自分をグーグル化する方法』

著:勝間 和代


著者の勝間さんは、

経済評論家兼公認会計士で、

3児の母でもありますグー


今、TVに引っ張りだこテレビなので、

ご覧になったことがある方も多いかと思います。



この本では、勝間さんご自身が

多忙な生活の中で、効率的に

知的生産性をあげることのできた

秘訣が書かれているのですが、

一番印象に残ったことは

「Giveの5乗」の話です。


情報は、「Give&Take」ではなく、

まずは見返りを全く求めずに、

情報を他者に発信し続けると、

そのうち情報を受けている側が、

自然と情報を提供してくれるようになるのです。


もっと発信を意識して行動して行こうと思った加藤でした。


-----------------------

加藤沙絵子 (カトウサエコ)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご無沙汰しております。尾茂田です。


最近、少しずつ暖かくなってきていますね。
この2月は、今年の草野球活動の方針を固める時期です。野球

昨年とは少し違う活動になると思いますが、
具体的になった暁にはご報告したいと思います得意げ



テーマ: 「言い方と受け取り方」


先日、1泊2日で温泉に行ってきました。


泊まったところは
ここ数年で新しくできたみたいなのですが、
非常に趣もあり接客サービスも満足の旅館でした。


みなさんも機会があれば
行かれてみてはいかがですか?
お奨めです(笑)

http://www.hotespa.net/hotels/setsugetsuka/


さて、その道中で経験したことなのですが、
朝食を食べようと店の席に座ると、


男性の店員さんが
「卵と納豆とおかゆが無料でつきますが、
 全てお持ちしましょうか?」

と聞いてくれました。


我々は、
「頼もうと思えば、3つ全て頼めるんだ」
と解釈したわけです。
もちろん、それは間違いではありませんでした。


その後、
家族連れ(4人)のお客さんが隣の席に案内されてきました。


すると、女性の若い店員さんが
「卵と納豆とおかゆが無料でお選びいただけますが、
 どういたしますか?」

と聞いていました。


その家族連れは、
「じゃあ、卵1つと納豆3つ!」と。
“3つのうち1つだけ”選んだんですね。


その後、会話の中で解釈の違いに気付き、
その家族連れも“無事”全てを手に入れることができたので
問題はなかったのですが・・・。


恐らく、店員さんも悪気はなかったのだと思います。
ただ、「自分が知っているが相手は知らない」という意識が欠けていて、
マニュアル通りの接客対応になってしまったのでしょう。


最近ブログを書くようになり、
こんな細かいことまで気になるようになってしまいました・・。
ただ一方で、自分の仕事を振り返るいい機会になっています。


今日はここまでにしておきます。
次回も楽しみにしていて下さいね!

それでは。


--------------------------

尾茂田誠 (オモダマコト)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日のできごとでした。


可愛がっていただいている社長から

一年前に紹介してもらった社長さん。


その会社は現在4名、売上は3億弱位規模です。
一年半かかって関係性もでき、
採用のお手伝いをさせて頂くチャンスをいただきました。

営業職の採用をお考えだったのですが、
待遇面の未整備(社会保険、給与が相場より5万円程度低い)

があったり、事業の優先順位がわかりづらかったり・・・。

そのとき私が提案したのは、タイプマッチングを軸にした採用。
つまり、ありのままの会社を見せ、
僕らには今わかりやすく誇れるものは
何もない、でもその分○○な思いをもって育成します。

というストーリー。


しかし、社長には「軽んじて見られた・・・」
という印象を与えてしまったのだ。


怒鳴り声が響いた。


「ばかにしてんのか?そんな思いで仕事をしてない
 お前を過大評価していた、残念だ」


率直なご意見を頂いた。
一瞬ひるんだ、しかし例え口論になったとしても
私もハンパな想いで仕事をしているわけではないので
言い返した。


そこから、約25分激しい口論。


二人とも視線は全くそらさない、緊迫した雰囲気・・・

「客観的に見て俺がいってんだから素直に受け入れろ」
その社長の言葉でその場は収まった。


少し、私の目も潤っていた。
伝えきる事ができず悔しかった。


最後、帰り際エレベーターにのる時


「次も採用の時は御願いするよ」

社長の一言。


胸が熱くなった。


また、心から反省した。


ありがとうございます社長。

-----------------------------

長妻 潤(ナガツマジュン)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、寒い中にも、なんとなく春がもう一歩先まできてるんだなーと
実感していります今仲です。


さて、バレンタインデー・ひな祭りと何かと女性が脚光を浴びる
2・3月ですが、今回は、女性エンジニアが上司をどうみているか?
っていうお話です。


リクナビNEXT Tech総研の記事に、


「モテ上司度チェック」


というものがありました。


上司のここが好き★ランキングTOP3は、


1位 傷ついたときの優しい気遣い
2位 納得できるアドバイスをくれる
3位 自分を信用して、仕事を任せてくれる


となっています。

やはり、フォローは当然として、仕事を前に進め、仕事をきちんと評価していることを
示すことが大事なのですね。


こんな意見もあります。


●プライベートの充実を応援、家族の病気や休みを促すような態度
●ストレスを発散させてくれる
●圧倒的なエンジニアとしての知識
●視線を合わせて、対等な立場が垣間見れる など

ちゃんと向かい合って、観ていてくれるということがポイントなのかもしれません。


参考までに、こんなランキングも・・・。

○上司のココが嫌い


1位 期限によって態度が変わる気分屋さん
2位 都合が悪くなると逃げ出す無責任男
3位 相手によって態度を変える玉虫上司


最後に、モテ度シュミレーションがついていますので、一度お試しを。。。

では、また、次回!
-----------------------------------

今仲昭喜(イマナカ アキヨシ)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝起きると「う~、寒い…」
思わず2度寝したくなりますよね。


でも、私のパートナー(妻)は毎朝5:20に起床し、
2度寝を絶対にしません。
なぜだろうと観察してみました。


5:20…目覚ましが鳴る。部屋中のカーテンを開ける。
5:25…キッチンへ行き、ホットミルク用に火をかける。
5:30…トーストと一緒に朝食を用意し、私を起こしに来る。


先週末に、実際にやってみました。


・カーテンを開ける ⇒ 寒さを実感。思わず布団に入りたくなる。
・珈琲豆を用意する ⇒ 挽くのが面倒…。
火をかける ⇒ 段々目が覚める。火が危ないので2度寝は諦めがつく。
珈琲豆を挽く ⇒ 約3分間、珈琲ミルのハンドルを回し続ける。興奮し目が覚める。
・朝食の用意 ⇒ 気持ち良く朝食。


火をかけて豆を挽くことがキッカケで目が覚めることに気がつきました。
朝食後も、調子が良いのか、本を読もうという気持ちになりました。


この方法。気になって調べてみると、「作業興奮」という
現象なのだそうです。
脳は、何かをやろうと「想って」も動き出さないのですが、
「実際に手を動かす」ことによって興奮し、活動的になるようです。


朝が苦手な人、多いと思いますが、
まず、火をかける「行動」からスタートしてみてはいかがですか?


-----------------------------
松沼郎 (マツヌマ ヒデオ)ダイヤ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!
西川です(^∇^)。


これまで、2週間に一度、最近の若者のハタラクことに
対する意識について書いてきましたが…。


最近、ふと、思ったこと。


若者の意識について考えていると、
彼ら・彼女らに背中を見せている自分達って
どうなんだ?
と、思うようになってきました。


鴨でもそうですけど…(笑)

親とか、近しいところにいるオトナの背中を見て、
育ちますよね、子供って。


そう、考えると、もしかして、今の20代前後の子たちの
前にいる、私達にそもそも問題があるんじゃないかと
ふと、ふと、思ったのです。


昨日のこと。
東京国際マラソンがありました。
テレビでいろいろと話題になって取り上げられていて、
あるニュースを見ました。


今、中学3年生を受け持っているという先生が
走っているのを見たんですよ。
諦めないということを、受験を控えている子供達に教えたい。
その一心で、初マラソンにチャレンジした先生。


すばらしい!と、思いました。



背中を見せていると。
体当たりのその行動は、少なからず、
子供たちの心を打ったのではないかと思いました。


そういう「背中を見せること」。
自らやってみせること。チャレンジすること。


それが実は、とても大切なことなんじゃないか。


偉大な親たちに、代々受け継がれてきた
日本人としての心や生き方。心の持ちよう。強い精神。
果たして、私たちは、どこまで伝えることができているんでしょうか。


若者のことを批判する前に、
自らの足元を、今一度、じっくり見つめていく必要があるように思いました。


-------------------------------

西川悠希 (ニシカワユキ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちわ。
最近、東京の「うなぎ」と「そば」を経験して衝撃を受けた杉本ですえっ


前回の担当のとき、
「東京の人々はどこに住んでいるのか?」
というお話をさせていただきました。


今回は、そんなたくさんの人がいらっしゃる東京で、
「どんなシゴトが求められているのか」について調べてみることにしましたサーチ


今回、参考にする数は「有効求人倍率」


「有効求人倍率」とは、ご存知の通り、
公共職業安定所で扱った「月間有効求人数」を「月間有効求職者数」で割った数値。


景気動向を見るために作成される景気動向指数の一致系列に
採用されている数値です。


東京労働局の資料によると、
2007年の12月段階で、東京の有効求人数は合計16万7726件ビックリマーク


そんな中、どんな仕事が求められているのか、
みなさんご存知でしょうか。


一番倍率が高い職種は、


なんと、6.38倍叫び


ズバリ、「情報処理技術者」の求人です。


有効求人数が2万0379件に対し、有効求職者数が3195人


・・・エンジニア不足です。


逆に、一番倍率が低い職種は、
求人がなかったにも関わらず希望者が9人いた
「鉄道運転の職業」電車

当然、0倍


ちゃんと求人があって、倍率が低い職種は
「その他の労務の職業」
2250件に対し、1万2235人


「その他の労務」って何かというと、
「清掃員」キラキラなんかが分類される職業です


年齢不問での募集が法律で施行されましたが、
おそらく、ハローワークを通じて、高齢の方々などが
希望されているケースが多いのではないでしょうか。


そんなそんなも含め、
全てをひっくるめて東京の求人倍率
2007年12月段階で1.32倍


数値的には「結構、求人は落ち着いてきている」なんて見方もありますが、
募集される企業様は、欲しい職種の市場も見てみる必要がありそうですね。



★詳細の数値は「東京労働局」の「関東市場圏職種別有効求人・求職状況」へ
http://www.roudoukyoku.go.jp/roudou/balance/index.html


-------------------------------

杉本恵美 (スギモトエミ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

採用コンサルタント・齋藤ストライプ有です。虹


そろそろ花粉が飛ぶ時期でしょうか?

幸いにも僕は花粉症ではないのですが、辛そうですよねほんと。
しかも毎年「これは花粉症に効く!」という民間療法が現れる気がします。

今年はどんな荒療治が出現するのでしょうか!?


さて【1年目観察手記】ですが、

今週のテーマは【もうすぐ2年目だよ】です。


社会人の1年なんてほんとあっという間ですね.
1年目が入社してもう11ヶ月が経ちます。
2月ももはや中盤で、あと1ヵ月も過ぎれば彼らにも後輩ができるのですビックリマーク


僕は常々「君達にもすぐに後輩ができるんだよ。先輩として色々教えることができるか?」と投げ掛けています。
頼もしい先輩になって欲しいです。
そんな話をするとみんなまだまだ先だろ~という顔をします。
まあそうだよねあと1ヵ月半もあるしね。 (1ヵ月半しかないしね。)


ここで少し先輩からアドバイスグッド!

人に教えるということは生易しいことではありません。

人間の理解レベルは、

【知る⇒実行する⇒理解する⇒教える】 という流れだと言われています。


この一年に知ったことをやってみましたか?それもとことんやってみましたか?そして身に付けましたか?理解しましたか?


たぶん4月からは質問の嵐でしょう。 後輩は優しくないぜ。(;´▽`A`` (苦笑)

後1ヵ月半の間に自分が身に付けたことを棚卸ししておくのをお勧めします。
そしてまだ身に付けてないことがあれば遠慮なく聞いて、やってみて、失敗もしてみましょう。

遠慮なくやれる期間は後1ヵ月半もありますのでアップ


----------------------------------------
齋藤 有  (サイトウタモツ隊長)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。