鍛えて欲しい若者 【一年目観察日記】

テーマ:

こんにちは。ストライプ採用コンサルタント虹齋藤 有です。


先日僕のお客様より、
「齋藤さんがブログで書いているストライプって何ですか?」



って問合せを受けました。

疑問に思っている方もいらっしゃると思うので、ここでお答えします!

スーツとシャツにストライプが多い。えっ


そうです。それだけです!!約9割はストライプです(^^ゞ。

ストライプはシャープ(補足:細く!)見えるだろうという根拠だけです。

以上です。ハイ。走る人


さて気を取り直して、【一年目観察日記】今週のテーマは、「鍛えて欲しい若者」です。

メンバーS君のお客様訪問に同行しました。いいんです。うざい上司と言われてもいいんです。

どういう営業をしているのだろう?現場を通して知るのが同行の目的ですが、実はかなり為になります。


今回訪問させていただいたW社は、アパレルの会社さんですが、売れ行き好調でかなり急成長されている
企業です。社長とお話させていただいたのですが、お話の内容は新卒採用についてということからだんだん
最近の若者像の話になってきました。そして社長の経験から、”若いときはこうした方が絶対いいよ”という
本当にありがたいアドバイスまでいただきました。


要約させていただくと(生意気ながらすいません)


●やっぱり企業は人材
●20代で自ら苦労をしておかないと、その先で取り戻せない。(25~30歳が勝負とおっしゃってました)
●将来の保障は無い世の中になった。市場価値の高い人間にならないと生活も危うい(特に老後)


う~むまさにおっしゃるとおりです。隣の普段クールなS君はどう聞いているのかと心配しながら、僕も勉強させていただきました。


だって社長は明らかに、S君に対してメッセージを投げかけてくれているのです。ありがたいことです。

それをどう聞いてどう解釈するのなか~と、またこういった日々の行動の中のありがたいメッセージ
にどう反応するのかな~と心配です。

商談を終了し、帰り際、S君が僕にこう言ってきました。


「有さん、僕をもっと鍛えてください。」って。


嬉しかったです。正直。だってそんな熱い世代ではないのかな~と思った事もあったからです。

そしてS君は僕の「ハードマネジメントコース」に入門したのでした馬

ハードだよ。

泣くなよ。

少しの失敗で辞めるとか口にするなよ。


結果が出なければ僕の責任です。

優秀なコンサルタントになって、一社でも多くのお客様のお役に立てたらいいね。
僕が足元にも及ばないような。。。


誰が悪い?まずは自分を疑う。
--------------------------------

齋藤 有 虹 (サイトウタモツ隊長)

AD

こんにちは。火曜日担当の加藤です音譜


今日は、読んでいる途中で、
自分のことを振り返って反省ばかりしてしまったしょぼん本を紹介します。


『フォローの達人』
著:中谷 彰宏


この本は、副題に、
「また会いたい」と言われる54の具体例
とあるように、
フォローの達人になるためのポイントが紹介されています。


すべてが「そうだよね~」と思う反面、
「私はできてる?」と自分自身に問いかけながら
読み進めました。本


目次を読むだけでも仕事の参考になるようなことばかりですが、
その中でも1つ印象的だった内容を紹介します。


得点にならない自分の「イナバウアー」を持つ。
実は、「つなぎ」で差がつく。


という項目です。


どういうことかと言いますと、
有名な荒川静香選手のイナバウアーは、
実は得点にもならない演技です。


ですが、このイナバウアーを演技に入れることで、
自分らしさを存分に発揮し、金メダルをとった、
というエピソードを仕事に置き換えて説明されています。


つまり、マニュアルにない、一見余計と思われる「つなぎ」の作業が
人とは違うサービスを提供することに繋がっている
のです。


目に見える努力だけがフォローではありません。
目に見えない部分で、どれだけ自分らしさをだしながら物事にとりくめるか、
そこがフォローの達人か否かの分かれ目になります。


金メダリストに習って、ぜひ仕事でも活かしていきたいな、
と改めて思いました。アップ


-----------------------------
加藤 沙絵子(カトウ サエコ)

AD

あるコンサルの話【食king(shocking) NEWS】

テーマ:

みなさんこんにちは。尾茂田です。

まずは皆さんお楽しみの?! 野球 草野球の話からです。


4月から参加していたリーグ戦も
とうとう、この10月末をもって終了となります。
戦績は勝ち・負け・引き分けを織り交ぜて
バランスの良い感じでした。

その中でひとつ発見がありました。、

ウチのチーム、意外と“接戦”に強いんです。
引き分けと1点差勝利のゲームが4試合(8試合中)もありました得意げ

来季もこの“粘り”に磨きをかけて
“負けないチーム”作りをしていきたいと思います!



さて今日の本題ですが、
先週に引き続き日常で感じたことをお話したいと思います。

テーマ:「ある飲食店同士の“戦い”」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【前回の内容はこちら】


あれから2週間経ちました。
気温もだいぶ下がってきて、
あたたかい食べ物が恋しくなる季節になりました。

そんな中、“屋台”と“ファーストフード店”にも
変化が出てきています。


・屋台はたこ焼き、お好み焼きに続いて
 チョコバナナ、水あめとメニューの種類が増えました。
 一方、ファーストフード店はメニューは変わっていません。

・ファーストフード店は
 従業員の数が増えているように見えます。
 特に、注文を取り付けるレジ係の人員が1名から2名。
 多いときは3名体制になっているときもあります。
 一方、屋台には変化がありません。
 (もちろん、1つの屋台に1名体制です。)

・また、屋台は少し遅くまで営業をするようになりました。
 とはいっても、ファーストフード店よりは早く閉めるのですが。
 ファーストフード店:23:00
 屋台:21:30くらい


このように、注意して調べてみると
両者とも細かな工夫をしているのがわかります。
恐らく、対抗意識から出てきているのでしょう。


それじゃあ、お客さんの変化は?というと。



相変わらず
ファーストフード店のほうにについているんですね。



なぜでしょうか?


確かに前回でもお話したとおり
2つの店には、
・メニューの種類
・接客サービスの質
・販促活動の有無
の違いがあります。


ただ、それだけではないように思えてきました。


今日はここまでにしておきます。
次回は、
いまのところファーストフード店にお客さんがついている理由を、
私なりにまとめて発表したいと思います。


楽しみにしていて下さいね!

---------------------------------

尾茂田誠 (オモダマコト)野球

AD

おはようございます。

長妻でございます。


さて本日の社長。


「覚悟」
やはり、社長はみんなここだけは
共通して凄いものがあるなぁと思います。
雇用の創出、雇用の安定。
失敗したら、家まで差し押さえ・・・

様々なリスクのなか、茨の道を選択する。
その覚悟。
本当に漢(おとこ)です。

あるお世話になっている社長は
2回会社を潰し、家の差し押さえ
や取立てなどで辛い思いをしても
尚、トライし続け今、成功を勝ち取ろうと
していらっしゃいます。


七転八倒とはいいますが
大なり小なり実際出来ている人は
本当に凄いと思うし
自分もそうありたい。


成功するまでやれば失敗はない。

そう思うのであります。


------------------------

長妻 潤 (ナガツマジュン)

皆さんこんにちは、エンジニアの気持ちです。


朝、布団から出るのが億劫になってきましたね。
そんな中、今仲はひそかにダイエットを始めました。
ターゲットを設定して、それに向かって実行をし、
達成度をチェックしていく・・・
結構、たのしいですね!


そんな、今回は目標(ノルマ)についてのお話


このブログを読んでいただいている、人事や営業の方は、
「採用目標が達成できそう!」(できなさそう???)や
「売上や利益目標がちょっときつい」など、色々感じていると思います。


しかし、エンジニアのノルマも結構きついです。


・開発ノルマ
・実装ノルマ
・技術取得ノルマ
・特許出願数ノルマ などなどなど


そんなノルマのなかにも、
いかにもエンジニアらしい、アクションプランがあり、
就業時間の1分、1秒まで行動が決められているところも・・・・

なんか、結構つらいですよね。(;^_^A


しかし、そんな行動の全てに意味を見出し、
全力で突き進みたい。

そういう誇りがあるみたいです。


ただ一方で、ノルマがあまりにもきつくて、
転職の理由になることも・・・・(・_・;)

まあ、どんな仕事も、行動の効率と正確性がもとめられてるんですね!


では、また2週間後!


--------------------------------

今仲昭喜 メガネ (イマナカアキヨシ)

みなさん、こんにちは。
松沼ですニコニコ


先週に引き続き、

「早寝・早起きは本当に仕事の効率を上げるのか?」
について執筆させて頂きます。


前回を振り返る意味でも、ポイントをまとめると。
 ・起床  6:00 → 5:00 にする晴れ
 ・就寝  25:00 → 24:00 にするお月様 

  (会社を出る時間を21:00に設定)


を行い、仕事が効率的だったかを確かめます。


結果は、
 
15日 5:10(23:00)
 16日 5:08(23:00)
 17日 5:05(23:00)
 18日 5:10(23:00)
 19日 2:45(25:00) 
(°m°;) アレマッ!



でした。
ほぼ、5時起きといった感じですベル
順調に週の仕事をこなしいましたが、
最終日に、いい仕事レポート(通称ベスプラ)を

書いていないことに気付き、
あわてて2時起きをした形跡があります(^。^;) あせる


さて、まず効率的だったと思うことは3つでした。

 ・5:30~6:40の通勤時間中に起きて新聞を読めた
 ・6:40~8:00まで静かなオフィスで集中できた
 ・21:00~22:00までの帰宅時間中に本を1冊読めた

特に朝、夜の通勤時間に、本を読めたことはすごくプラスでしたチョキ
(夕方から21:00までの集中力もちょっぴり上がりました)


また副産物として、得られたものとして下記がありました。

 ・朝、挽きたての豆で淹れた珈琲をゆっくり飲めたコーヒー
  →淹れるのに15分位かかるのでいつもはNGでした。
 ・帰ってから、楽しく会話ができた合格
  →帰宅が22時なら、疲れも少ないので。


正直、仕事が効率をどこで図るのか決めていなかったので、
検証とまではいきませんでしたが、良い結果が出たと思います。
みなさんも、お試しあれ!!

ハートダイヤクラブスペード


【この1週間で読んだ本】
 ・「朝4時起きの仕事術―誰も知らない「朝いちばん」活用法」

  著者:中島孝志
 ・「伝える力」 著者:池上 彰
 ・「「チームで働く力」が身につく本」 著者:中島孝志
 ・「勝負に強い人がやっていること」 著書:松本 整

  ↑まだ途中です…。


-----------------------------

松沼郎 (マツヌマ ヒデオ)ハロウィン

こんにちは!
月曜日が度々お休みだったこともあり、
かなり、かなり久しぶりの登場,、西川です。


このところ、急激に涼しくなってきました。えっ
日中はそうでもないのですが、朝夕の冷え込みに、
秋が深まってきたことを感じさせられます。



さて、10月1日、多くの企業で内定式が行われました。
今年に関しては、まだ来年4月入社の新卒採用を
している企業もあり、内定式どころではないという企業もありましたが…。


先日、初めて新卒を採用したという企業の
人事の方とお話しました。

内定式が終了し、今、内定者へのフォローの
一環として研修をしているそうです。

「やっぱり新卒は違いますね!」
と、その方はおっしゃっていました。

「素直だし、こちらが想定できないくらいの結束力と
団結力がある。失礼ないい方かもしれませんが、
ものすごくかわいいというか…。しっかり育てたいと思いますね」


その会社、なんと研修の中で、こっそり
人事の人たちに対しての感謝ビデオを作成していたそうです。
人事以外の社員の人たちに助けてもらいながら。

研修の途中か何かで、「ここで内定者から発表があります!」
という感じでお披露目したんじゃないかと思うんですが…。


「全く気がつきませんでしたから…。
すごいサプライズでした。嬉しかったですね」


人事の仕事ってとても忙しいし、大変ですが、
そんな苦労がふっとぶくらい、嬉しかったようです。
いいなぁ~と、思いました。


きっと、その会社に入社が決まっている内定者の
みなさんは、説明会から何度もお世話になっている
人事の人たちに、感謝の気持ちを表したかったんだろうし、
嬉しいサプライズをプレゼントしたかったんでしょう。


成功するかどうかはわからないし、
お給料をもらってやっている仕事でも、研修の課題でもない。

正直、「やらなくてもいいこと」だと思います。


でも、やってみたかったんでしょうね…。

喜ばせたい、びっくりさせたい、
本当にありがとうございました…!!

という、気持ちが、一つの集団を動かしたのだと思います。


すごい!と思いました。(≡^∇^≡)
すてき!とも思いました。ヾ(@^▽^@)ノ
やるじゃん!若者!ヽ(゚◇゚ )ノ
そういう素直でまっすぐで、キレイな想いこそ、
人を、集団を動かす。それがきっと、ビジネスの基盤にもなる。



近頃の若者は根性がない。
すぐに辞めてしまう。我慢することをしらない。
考え方が甘い。



なんて言葉、よく聞きますが
(私もそう思ってしまったことも、もちろんあるんですが…笑)、
い~や、やっぱり、社会にはじめて出る若者はいい!と思いました。



ちょっと世間にもまれて、
ちょっと厳しい現実にもさらされて、
ちょっと泥水もすすってみたような、社会人●年目、という私たち。


いくら一生懸命、眼をこすってみても、
何かが付いてしまっていて、物事をまっすぐ見れなくなっている。



その点、スタートラインに立っている若者たちの眼は
曇りがなく、美しいと改めて思いました。


それをどこまで、企業として失わせずに、
より高めていってやれるか。


素直でキレイな目線を持った彼ら・彼女らを、
生かすも殺すも、全て企業の教育にかかっているのかもしれません。


--------------------------------

西川悠希 (ニシカワユキ)


どうも。ストライプ採用コンサルタント虹 齋藤 有です。


先週は、土曜日にゴルフ(朝4:30起床)

日曜日に野球2試合(5:00起床)という健康的な( ̄▽+ ̄*)v
週末を過ごしました。

いや~気持ちよかったですヽ(゚◇゚ )ノ

やはりスポーツっていいですね~。

「秋晴れのもとゴルフに興じる」なんて最高ですよ。


さて【1年目観察手記】です。

テーマは、変化とチャンス。


10月より弊社も組織変えをしました。

我々の課もメンバー一新。新しい顔ぶれです。

ここで恒例の!?メンバー紹介。


Yくん(1年目)・・・前の課も一緒だった唯一のメンバー。
あだ名はもこみち(僕が命名)。お菓子大好き、やってきたことテニス、野菜は嫌い、と非常にシンプル。ハンカチ王子の先輩で頭はきれるが、在学6年γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ。
夕方にあるにつれ元気に。普段は気配を消しているという噂アリ!?。


Sくん(1年目)・・・新しくメンバー入り。見かけとは裏腹の行動力有。名刺獲得キャンペーンでは2位に入るなどダッシュ力完備。しかし、いつも冷静。情熱を見せる場面があってもよいのではと我思う。

自分の興味ある業界にめっぽう強い。もっとたくさんのことに興味をもったら大物に!?


Nさん(1年目)・・・新しくメンバー入りの紅一点。
東北出身、大工のお父さんと二人暮しのいぶし銀。昭和の臭いを残す女性です。話し方に落ち着きがあり、
ロールプレイング大会でも上位入賞。渋い例え話が、年配者に好かれる予感?!


そして、
Jくん(3年目・リーダー)・・・12月にパパです。ハイ。以前同じチームだったことアリ。
入社以来着実に成長してきた。最近ではメンバーの模範になる姿勢や分からないことを貪欲に聞いていくこと。
さらには日本語の習得など成長目まぐるしい。何かが伸びれば何かが縮むのがたまに傷。


という4名+僕で戦います。


テーマは「伝説を作る」課。


僕自身変化に戸惑うことはあってもネガティブにはとらえません。

変化はチャンスですから。メンバーにも是非チャンスを活かしてもらいたいと思います。

これから新たなメンバーの観察手記を書いていきますのでご期待ください!


我思う故に我あり

-------------------------------

齋藤有 (サイトウタモツ) 隊長!

こんにちは合格火曜日担当の加藤です。


今週のためになるビジネス本は、かなり実践型の本をご紹介します。


『スピードハックス ~仕事のスピードをいきなり3倍にする技術~』
著:大橋悦夫 佐々木正悟


世の中に仕事を効率UPさせるためのノウハウ本はたくさんでていますよね。



私も社会人2年目以降ぐらいから、
仕事の効率UPについては常に考え続けていて、
この手のノウハウ本も、読みかけては途中で投げ出し・・・
ということを続けていました。汗



しかしそんな私もこの本は一気に全部読みきりました本
というのも、かなり実践的な話が多く、
すぐに明日からできそう!と思えるノウハウが多かったからです。

ここでは私がすぐにできるぞ!!
と思ったノウハウを1つだけご紹介します。



それは、
仕事はできるだけ細分化して考えること。


例えば企画書を作るとき・・・
やることリストに「A社の企画書作成」と書いていませんか?


ですが、よく考えると、企画書作成にはいくつもの過程があります。


例えば、私が企画書を作るときは・・・


①今までのお客様から聞いている情報をまとめる
 ↓
②過去に同じような課題で企画書を書いたことがあるか、過去の資料を探す。
 ↓
③①と②を元に今回の課題と解決策のアウトラインを考える。
 ↓
④今回の企画書に盛り込むべき新たなデータを作成する。
 ↓
⑤過去の企画書を今回のお客様に合わせて加筆修正する。
 ↓
⑥出来上がった企画書のチェック



と、今ざっと思い浮かべただけでも、
企画書1つ作るにも、6つの工程がありました。



このように、

仕事をできるだけ細分化して考える癖をつけることで、
やることがより明確になり、
「なにしよう?どうすればいいのかな?」
という時間が短縮できます。



初めはこのリスト作り自体も難しいかもしれませんが、
仕事の効率UPのためには「急がば回れ」走る人です。

みなさんもぜひ、実践してみてください!


-------------------------
加藤 沙絵子 (カトウサエコ)

あるコンサルの話【食king(shocking) NEWS】

テーマ:

みなさんこんにちは。尾茂田です。

さて、まずは恒例の草野球の話からです。野球


現在、年間を通じたリーグ戦に参加しています。
チーム毎の実力をみてブロック分けの調整をしてくれたり、
試合会場、審判まで手配してくれます。
参加チームは、試合をやりたいときに
運営側にFAXで申請するだけ。
参加費は少々高めですが、至れり尽くせりですよ!

気になる方はこちらをご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kusayakyu.com/



さて今日は、
日常で感じたことをお話したいと思います。

テーマ:「ある飲食店同士の“戦い”」


私の地元の駅前には
前々から屋台がお店を開いています。

「たこ焼き」とか「お好み焼き」とか、です。

私自身、屋台の雰囲気は好きですし、味も悪くない。

しかも、こういう商品を扱っているお店が他にはなく、地元マーケットをほぼ独占している状態でした(笑)。

(こんな理由で私もちょくちょく買っています。(*^.^*))


そこにきて最近、
屋台から数十メートル離れた場所に
たこ焼き・お好み焼き・焼きそば、など粉モノを中心に扱うファーストフード店(テイクアウトのみ)が開店したんです。


いままで平穏だった
半径100メートルほどのエリアで
“粉モノ”マーケットΣ(・ω・ノ)ノ!における戦いが始まったのです。


現状、
ファーストフード店(以下、FF店)は、
オープニング期間ということで
話題性や販促チラシなどの効果で
お客さんが集まっているように見えます。

私も早速、購入しましたが
値段、味とも屋台と遜色ないと感じました。


2つのお店の相違点を挙げるとすれば
・メニューの種類
 (屋台は1種類のみ。FF店は5種類ほど)

・接客サービスの質
 (屋台は1名でほぼ無言。スピード重視。
 FF店は常時5~6名体制。コミュニケーション重視)

・販促活動の有無
 (FF店はクーポン付チラシなどを配布しています。)

こんな感じでしょうか?


いま“戦い”が始まって約1ヶ月ほど経とうとしています。


今後も両者の動向を追いかけて
どちらがお客さんを多く獲得できているのか、
トピックスを交えながらレポートしていきたいと思います。


楽しみにしていて下さいね!
---------------------------

尾茂田誠 (オモダマコト)