MiXBAR-Queer+s with 女装&トランス

名古屋の新栄にあるMixBAR「QUEER+S」の女装&トランスに関連した外部ブログです。
水タバコ(シーシャ)もやってます。


テーマ:

2月のQueer+s MOVIE Night第53回「シカゴ」(2002年 米国映画)についての評論です。
解説ナビゲーターは、とおる氏です。


【作品解説】
 この 作品の 舞台は 1924年の アメリカ合衆国・イリノイ州の シカゴです。 アメリカは 当時、禁酒法時代で、前年の 1923年に 伝説の マフィア・アル=カポネが この イリノイ州に 本拠を 移したところでした。つまり、この お話は 禁酒法時代、アル=カポネの お膝元で 起こった お話というわけです(作品成立の 事情については 下の 項目を 参照のこと)。
 1920年代の アメリカは、第1次世界大戦勝利後の つかの間の バブル狂乱時代で、「黄金の 20年代」とも 「狂乱の 20年代」とも 呼ばれています。この 年の 大統領選挙では、史上初の 「劇場型大統領選挙」を 行なった カルビン=クーリッジが 当選し、ホワイトハウスで アメリカ大統領として 初めて ラジオ演説を するなど、報道と エンターテインメントが グチャグチャに なる 時代が 始まりつつありました。1918年からは 女性にも 参政権が 認められるように なりましたが、公職への 選出は まだ 認められず、当時のイリノイ州では、「若くて 美人の 殺人容疑者や、『女らしい』 女性の 殺人容疑者は 無罪になる」というような 「男目線の 女性尊重」が 横行していた 時代でした。そうした 実態を ユーモアたっぷりに 皮肉り、
描き出したのが この 『シカァ
イ』という 映画です。
 一方で、禁酒法など、妙に 潔癖な ピューリタニズムが 横行しており、又、モルモン教への 偏見が まかり通っていた 時代であることも、この 映画を 見ると よく 分かります。
 この 作品の 魅力は 何よりも、「ミュージカル」という 形式の 持つ テンポや 可能性を フルに 生かしきっている 点でしょう。本来、殺人・裁判……といった 重苦しい 話題(作品内には 死刑執行の シーンまで 有る)であるにも 係わらず、そうした 「重苦しい」 場面を 直接的に 描くのではなく、歌と ダンスで 見せることで、テンポが 良くて コミカルな 作品に 仕上がっています。又、従来の ミュージカルには しばしば、「登場人物が なぜ 突然 高らかに 歌い出すのか 分からなくて 不自然」という 欠点が 有ったのですが、この 作品は、通常の 演技で 見せるのが 「現実世界」、歌と ダンスで 描き出されるのが 「登場人物の 心象風景」と、それぞれの パートの 役割分担が 明確です。逆に 言うと、歌と ダンスで 描か
れている !
 シーンは、あくまで 登場人物の 心の 中の 風景ですので、『作品内の 現実で 有った 事』ではありません。
 ただ、だとすると、この 作品の 最後、主人公たちが スターに なり、舞台の 上で 華やかに 歌って 踊る あの シーンは、「本当に 有ったこと」だったのか、という 疑問が わいてきます。「歌って 踊ること」が 不自然ではない シチュエーションなので、必ずしも 「主人公の 心象風景」だと 断じることは 出来ません。けれど、ひょっとすると、一見 「ハッピーエンド」風の あのシーン、主人公が もう 一人の ヒロインから、「コンビに ならないか」と 声を かけられた 時に 頭に 浮かんだ 妄想にすぎなかったのではないか……。そんな 不吉なことまで 考えさせられてしまうような 不思議なラストだと 言えるでしょう。

【作品の 成立事情】
 この 作品は、1924年3月11日に 起こった キャバレー歌手・ベルヴァ=ガードナーによる(と 目された) ウォルター=ロウ氏殺人容疑事件と、同年4月3日に 起こった 簿記・ビューラ=シェリフ=アナンによる(と 目された) ハリー=カルステット氏殺人容疑事件、及び 両事件の 裁判を 基に 制作された ミュージカル映画です。(なお、二つの 殺人容疑事件は いずれも 被告女性の 無罪が 確定しています)。
  シカゴの 地方新聞・『シカゴ・トリビューン』紙の 女性記者で、当時、両事件を 取材した モウリン=ダラス=ワトキンス女史が 執筆した 脚本が 原案となっています。
  モウリン=ダラス=ワトキンス女史は 熱心な プロテスタント信者で、アメリカ・バトラー大学の 古典ギリシャ語研究クラスを 首席で 卒業した 才女でありました。大学院でも 聖書の 研究を 続けるため、一旦は マサチューセッツ州の ラドクリフ大学大学院の 古典ギリシャ語クラスに 進学しました。しかし、ギリシャ語古典を 研究するうちに 演劇に 興味を 覚え、自らも 演劇の 脚本を 書きたいと 思うようになった ワトキンス女史は、ハーバード大学で 英文学教授を 務める ジョージ=ピアス=ベイカー教授の 脚本執筆ワークショップに 参加しました。この 事が 彼女の 人生の 転機と なったのです。
  当時、ベイカー教授は 生徒たちに、より 良い 脚本を 書くために、まずは 広く 社会を 知り、職業経験を 積むことを 奨励していました。この 教えに 従い、熱心な プロテスタント信者であった ワトキンス女史は 1924年初頭に、当時、禁酒運動を 熱烈に 推進していた 『シカゴ=トリビューン』紙に 飛び込み、記者に なりました。
  在職中、ワトキンス女史は 二人の 女性による 殺人(とされた) 事件 及び その 裁判の 顛末を 取材し、コラム を 発表。滑稽で 皮肉がきいた その 文体は 民衆の 興味を 引き、人気を 博しました。
  その後、ワトキンス女史は 脚本執筆の 学習のため、ベイカー教授の 異動先である イェール大学に 再び 入学。彼の 授業の 宿題として、本作の プロトタイプとなった、『The Brave Little Women(勇敢なる 小さな 女性たち) 』という 脚本を 提出しました(なお、日本で 『若草物語』として 有名な 小説の 原題は 『Little Women』である。つまり、[これは 酒井の 個人的な 説だが、]アメリカ人にとって この 題名は、『若草物語(勇敢バージョン)』というような ニュアンスを 持っていたはずです)。その後、ワトキンス女史は この 作品を 推敲し、『Chicago, or Play Ball』を 発表。その後も 推敲を 重ねた 脚本・『シカゴ』が 1926年に ブロードウェイで 上演されました。そして、翌1927年には 早速、サイレント映画『シカゴ』(日本での
 公開タイトルは 『市俄古』)が !
 $B@=:n$5$l!"$3$N 作品は 1942年に、白黒映画・『ロキシー=ハート』として リメイクされたのです(日本では 未公開)。
  1960年代には、劇作家・ボブ=フォッシー氏が 『シカゴ』の ミュージカル化を 打診してきました。ですが 当時、敬虔な クリスチャンとして 福祉活動に 邁進していた ワトキンス女史は、殺人事件を 取り扱った 『シカゴ』は 「不真面目な 生き方を 美化した 若気の 至りの 作品」であったと 否定的に とらえており、ミュージカル化を 認めませんでした。しかし、1969年に ワトキンス女史が 肺癌で 亡くなると、『シカゴ』の 権利は ボブ=フォッシー氏に 売り渡されました。ボブ=フォッシー氏は 1975年に ミュージカル・『シカゴ』を 上演し、大好評を 得た。この、ボブ=フォッシー氏による ミュージカル・『シカゴ』が この 映画の 直接の 原作となっています。
  なお、熱心な プロテスタント信者であった ワトキンス女史の 230万ドルを 越える 遺産の ほとんどは、福祉事業や 約20大学の ギリシャ語・聖書研究の 講座に 寄付されました

ナビゲーター … とおる
2010年代から映画評論を展開する(つい最近はじめた)。
視点は労働運動。政治運動。
しかし需要が少ないので、普通の映画評論に手を出しはじめる。
現在、金山駅南口で開催される路上ちゃぶ台では常連であり、Queer+Sでは座敷わらし的存在になりつつある新キャラ。
過去には労組の委員長やビンボーなアースデイの実行委員長なども勤めていたことあり。
好きな食べ物は牛乳と納豆とサトウのごはん。牛乳の味にはこだわりがある。
玉子はどのような形態でも食べられない(ただの偏食)。
最も好きなものはマイナー政治セクトや宗教団体などの人間集団の紆余曲折のウォッチング。
とくに幻と言われる弱小政治集団のチラシなどには目がない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
「デジアナるぼ男のうろ覚え日記」
Queers MOVIE night
「嫌われ松子の一生」2月10日(水)上映済み・2006年 日本映画

嫌われ松子の一生

どうも本当にお久し振り、るぼ男さんの映画評でごさいます。別に怠けてた訳じゃ無いけど、更にパワーアップして帰って参りました。
で、嫌われ松子の一生ですか?う~ん100%完璧に面白い映画と言えますね。
今人生に行き詰まってる人は、是非この映画観るべきですよ。ま、あなたの悩み、諸問題が、解決するかどうかは別にしてスカーっと気分爽快になること間違い無し。

人に好かれたくて好かれたくて努力して来たあなた。この映画観たれば、そんな考えはアホらしなるでしょ。人ってさ、何だかんだ言って奇妙キテレツな生き物だからさ、色々あるよ。他人にどう思われようと、嫌われようが自分らしく生きた方が勝ちだと思う。松子さんを見ててそんな風に思ったなり。
松子さんは、尋常じゃない様々な不幸に見舞われますが、その節目節目はスパッと切り抜けてるからイイんじゃな~ぃ。その都度松子さんは職場でえ、修羅場でえ、いつでも何処でもミュージカル仕立てで乗り越えなさるよね!さあ、あんた達も職場でえ、修羅場でえ、煮詰まっちゃたら松子さん見習ってミュージカル仕立てやっちゃいなさいよ!ちゃんと見ててあげるからさ、吹っ切れるよ~お。
エンターテイメントなんだよね、全編に渡って隅から隅までエンターテイメントの要素がギッシリ詰まってんだよね、この作品。よく勉強されてるネ、いい仕事されてるネ、この映画。
中谷美紀さん松子役ですかね。こんなに綺麗な女優さん、いわゆる汚れ役ですかね。昔の女優さんですと、余程、必然性が無ければ役を引き受け無かったり、はたまた受けるにしても台本を書き換えさせたりして、そう言う女優さんは「必然女優」なんて言われたもんですわ。
今はイイ時代なりよね。今時の女優は何でもやってくれる。脱げっちゃっ、すぐ脱ぐし何でも万能対応が効くしね。
そんな松子さん(万能・ミキ)の、記憶の中ではうろ覚えな甥っ子が全編に渡って、叔母である松子さんの足跡を辿りながら、ナビゲーター的な存在として出て来る訳ジャガー、程々良い距離感で叔母さんを慕い(そうでも無いか)面影を追ってるとこが、泣かせるよね、ヨネヨネ

う~ん
構えなくっていいよ、気楽に楽しんでもらえば。これぞ映画の醍醐味満載、言うことナスっ!


今後のQueer+sムービーナイトの予定は…

3月9日(水)「藍宇~情熱の嵐(2001年香港)」
4月13日(水)「おこげ(1992年日本)」
5月11日(水)「下妻物語(2004年日本)」

藍宇~情熱の嵐

おこげ(1992年日本)

LGBTIQA Mix Dining & Bar Queer+s
営業日:火・水・金・土・日
(水タバコは水・土・日対応)
営業時間:19:00-25:00
名古屋市中区栄4丁目13-18 栄スパークビル5F
TEL : 080-4542-4532

新Queer+s地図


   ランキングに参加しております。
   よろしければ、ポッチっ!と応援お願いします!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Queer+s MOVIE Night! 4月は「おこげ(1992年日本)」
4月13日(水)19:00~  参加費無料(チャージ料金500円+1Dオーダー)
http://queer-s.com/

毎週第二水曜日は、Queer+s MOVIE Night!
4月の第43回は「藍宇~情熱の嵐(2001年香港)」について語りましょう!

■4月13日(水)19:00~ 
■参加費:無料 (チャージ料金500円と別途ドリンクの注文をお願いします。)
■会場: Queer+s (地図と詳細は下記)
http://queer-s.info/

ゲイに関心をもっている女性・小夜子は、彼らの発展場として知られる海岸へ
行った時、あるカップルの愛の光景を目の当たりにする。
その後、とあるゲイバーで偶然本人たちと遭遇。彼らの事情を知った小夜子は、
行く当てのない二人を自分のアパートに迎え入れることにした。

ゲイのカップルに魅了された女性が、様々な困難を経験しながら愛の形を
摸索していく。ここで言う「おこげ」とは、男性同性愛者に付きまとう女性を指す
俗称(蔑称)のことである(劇中お釜に引っ付いてくるからという説明あり。
近年における類義語としては腐女子がある)。

藍宇~情熱の嵐

LGBTIQA Mix Dining & Bar Queer+s
営業日:火・水・金・土・日
(水タバコは水・土・日対応)
営業時間:19:00-25:00
名古屋市中区栄4丁目13-18 栄スパークビル5F
TEL : 080-4542-4532

新Queer+s地図


   ランキングに参加しております。
   よろしければ、ポッチっ!と応援お願いします!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Queer+s MOVIE Night! 3月は「藍宇~情熱の嵐(2001年香港)」
3月9日(水)19:00~  参加費無料(チャージ料金500円+1Dオーダー)
http://queer-s.com/

毎週第二水曜日は、Queer+s MOVIE Night!
3月の第42回は「藍宇~情熱の嵐(2001年香港)」について語りましょう!

■3月9日(水)19:00~ 
■参加費:無料 (チャージ料金500円と別途ドリンクの注文をお願いします。)
■会場: Queer+s (地図と詳細は下記)
http://queer-s.info/

1988年の北京。高級官僚の子息で青年実業家の陳捍東は金に困っている
学生・藍宇を紹介され、一晩ベッドを共にする。捍東はゆきずりの遊びで
快楽を買ったつもりでいたが、藍宇は初体験の相手だった捍東を本気で
恋慕うようになるが、二人の関係はすぐに破錠する。
やがて勃発する天安門事件。銃声が鳴り響く深夜の街で捍東は藍宇を探し
まわり再開。しかし幸せな生活は長くは続かず、捍東は仕事で知りあった
通訳の林静と結婚。藍宇は捍東の元をを去る。捍東の結婚生活は3年で破綻
ある日空港で彼は藍宇の姿をみつける。三たび恋人関係に戻るふたりだが、
その矢先に捍東の事業に不正の嫌疑がかけられ、彼は囚われの身となる。
藍宇はかつて捍東から贈られた資産を処分し、
捍東を釈放させることが出来たのだが・・・。

藍宇~情熱の嵐

LGBTIQA Mix Dining & Bar Queer+s
営業日:火・水・金・土・日
(水タバコは水・土・日対応)
営業時間:19:00-25:00
名古屋市中区栄4丁目13-18 栄スパークビル5F
TEL : 080-4542-4532

新Queer+s地図


   ランキングに参加しております。
   よろしければ、ポッチっ!と応援お願いします!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎週第二水曜日は、Queer+s MOVIE Night!
11月の第38回は「モナリザ(1986年 英国映画」について語りましょう!

■11月11日(水)19:00~ 
■参加費:無料 (チャージ料金500円と別途ドリンクの注文をお願いします。)
■会場: Queer+s (地図と詳細は下記)
http://queer-s.info/

ロンドンの刑務所を出所したばかりのチンピラの中年男ジョージ。
彼はギャング組織の親分モートウェルの身代わりとして刑務所に入ったのだが、
出所したとて行くあてもなく、旧友トーマスの元に身を寄せる
。愛娘ジェニーに会いたくとも、別れた妻はけんもほろろに会わせてくれない。
やがてジョージは組織から運転手の仕事を回してもらうが、
それは高級コールガール・シモーヌの送迎というものだった。 
美人だが高飛車な態度のシモーヌとはじめはソリの合わなかったジョージだったが、
次第に親しみが生まれ、彼女に惹かれて行く。
そしてシモーヌの妹分で、今や夜の歓楽街で行方知れずとなったキャシーの探索を手伝うことになる。

映画の開始は19時頃から。

*今回の映画ナビケーターは、高野さんが不在のため、デジアナルボ夫さんが行います。
映画終了後には、参加者のみなさんで映画について話をしたり、変わった映画をみたりします。
遅れての参加も歓迎です。ご参加ください。

モナリザ

LGBTIQA Mix Dining & Bar Queer+s
営業日:火・水・金・土・日
(水タバコは水・土・日対応)
営業時間:19:00-25:00
名古屋市中区栄4丁目13-18 栄スパークビル5F
TEL : 080-4542-4532

新Queer+s地図


   ランキングに参加しております。
   よろしければ、ポッチっ!と応援お願いします!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。