戸惑いながら・・・

テーマ:

とっても大柄なごっちゃん。



パッと見は結構いかつい感じ。



見た目とは裏腹に、小動物の様なハートの持ち主。



目が合うと、顔を真っ赤にして俯いてしまう、


質問をしていくにつれ、大きな身体が徐々に萎んでいくの。



彼も何年も、プレイをしたいと思いつつも、なかなか勇気がでなくて、


今日人生最大の勇気を振り絞ってやって来たのだそうよ。



これだけ話すのにも額からは汗が流れ、呼吸は荒くなる、


この時に彼の心拍数を計れたならば、微動だにしてもいないのに、全力疾走した後位の


心拍数だったんだろうな。




何をさせても、びっくりする位どんくさいの。



お粗相の連続。



涙目になりながらも必死に頑張ろうとするけど、空回り、


お仕置きにお尻をペンペン、



大きなお尻をピクピクさせながら許しを請う声はうわずり、


全身から汗が噴出す。



1つ1つの反応が凄く可愛いから、ちょっと余計にペンペンしてあげちゃった。



時間を追う毎に最初見せていた戸惑いが消え、



ようやく自分を曝け出せた喜びに浸っていたのよ。




「やっと自分になれた気がします。」 



なんて素敵な言葉かしら!!



これからどんな子になっていくのか楽しみだな。




AD

如月

テーマ:

早いもので2月に入りましたね。



先日、ある本を読んでいたら、2月は旧暦で如月。


如月の語源と言われているのが、寒さのピークにあたるので、


人々が更に着物を着込むと言う事が語源なのだとか。



着込まなくてはいけない如月の節分の日に、


丸裸にされに来たケイちゃん。



僕が普段からしている、妄想と、悪戯を告白します・・・


こんなイケナイ僕を叱って、躾けて下さい。


なんて可愛い事言うのよ!!




「僕は、身体が小さいから子供の頃から、背の高い女の子に憧れていました。


そんな女の子達の気を惹くため、女の子達の前でわざと粗相をする。


女の子達はとろい僕を見て、寄って集って僕を罵倒する。


言葉だけで済む筈も無く、


校庭の真ん中にズボンを剥ぎ取られた僕を置き去りにする。


教室の中からは、たくさんの生徒が、僕を指差して笑っている。


恥ずかしくて情け無い筈なのに、僕はそんな状態が無性に心地良い。


もっと笑って、もっと蔑んで、もっと辱めを・・・」



もしこんな少年時代を過ごせていたなら、と思うとつい手が動き出してしまうんです。



街中では、長身の女性を見れば、この人が僕の妄想の中の女の子だったら

どんな風に、僕を虐めるんだろう・・・

なんて考えながら、その女性をつい追い掛けてしまうんです。




ケイちゃんの妄想話はまだまだ続くの、


どんな躾けをしたかは・・・・



次回に続く。

AD

笑ってください。

テーマ:

僕の事を笑ってください。



そんなご挨拶から始まったこの子との時間。


月の雫   ~パープルムーン 女王美月の日々~-090120_1929~03001.jpg
恥ずかしい姿にしてくださ。


何でも命令してください。





月の雫   ~パープルムーン 女王美月の日々~-090120_1931~01.jpg
従順な子になりますから・・・


なんて言いながらも、情け無い声で許しを請う。




月の雫   ~パープルムーン 女王美月の日々~-090120_1931~02001.jpg
毎日、毎日、こうなる自分の姿を想像して、弄っているらしいから


もう、手と一体化させてあげたの。



月の雫   ~パープルムーン 女王美月の日々~-090120_1929~01001.jpg
一体化させられた手を動かそうと必死に全身を使う。


なんだか引っくり返った虫みたいな動きをするのよ。



本当に可笑しな姿。
月の雫   ~パープルムーン 女王美月の日々~-090120_1930~01001.jpg
こんなにしっかり押さえているのに、


この子の虫の様な動きは止まらないの。



「もっと美月様に笑ってもらえる様な、


変な子になります。


自主トレを積んできます。」



そんな宿題を持って帰った可愛い子でした。





AD