にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口(市)情報へ
にほんブログ村
2015年01月10日(土)

大地

テーマ:アキラの日記
最後の曲、大地を最初に作ったんだっけ?それか最初の曲、DOMEを最初に作ったんだっけ。
どっちにしてもこの2曲は同時に作った。

というか、劇伴のお話貰った時に映画のサントラ作るっていうイメージだったから、最初に作ったのは曲というよりは、その作品のアイコンになるような音。

どん、どん、どん、という単純なリズムがそれでした。

この音が決まんないとすべての曲が作れない、ってなっちゃって、この音を作るのに試行錯誤。

とりあえずプリプロをレコーディングしたんだけど、そのときはうちにあるミニドラムのタムの音のサンプルレートを下げまくってノイズにしたバージョンで提出。

おおまかのOKをもらえたので、最初に取り組んだのがこの「どん、どん、どん、」の音を完成させることでした。

楽器やタイコの音ではなくって、でも単なるノイズではなく、クォリティーの高い衝撃音、っていうか。衝撃的な出来事が起こったようにも感じるし、心臓の鼓動にも感じるような音。

色々映画を見たりして、その中に使えそうな音がないかを調べたりしてたんだけど、どれもイメージではなくって、結局自分の家のミニドラムの音が一番イメージに近かった。

結局、録音をするためにスタジオを借りる。ポっ川がコンクリートの反響がけっこう良い感じで鳴り響きそうだったのでそこで1時間タムを叩き続けました。

マイクの位置変えたり、叩き方変えたり、あーでもないこーでもない、ってやって。結局マイクは若干オンマイク2本と超ロングアンビエントマイク1本で収録。

持ち帰った音をやはりビットレートをめちゃくちゃ下げて歪ませ、EQをいじり回し、コンプでさらに歪ませて。

もう完全に元がタイコの音とは分からなくなった状態で、アタック感がなくなってしまったからドライの音とプリプロ用に作ってたうちのミニドラムの音を足して。

満足がいく「どーん、どーん、どーん」を聞きながら書いた曲がこの大地とDOMEです。

まったく同じ音を使ってるんだけど、物語冒頭で聞くその音とラストで聞くその音が全く意味が違って聞こえるように、と思いながら。

こういう風に既存の音じゃない音を作っていくっていうのホントに楽しい。D・Cカンパニーで使ったおもちゃのサンプラーシンセもそうだったけどね。

今回のレコーディングは、VS880っていう20年近く前のレコーダーを1万円くらいで買ったやつと、サウンドハウスで2,000円以下で売ってる57もどきマイク4本(借物)、2万円以下のコンデンサーマイクRODE NT-1、7千円の会議用ステレオマイク、1万円で買えるARTのマイクプリアンプ、録音した機材はそんなもん。もちろん不便だけど足りないところを工夫するのが楽しい。

過去にめっちゃくちゃ良いマイクを沢山借りてきて、一応プロで録音が上手という人にミックスしてもらってひどい結果になって自分で録ったデモの方が音がいいやん!ってなって以来、サンレコとかに書いてあることは信じなくなってしまった。

どんなに高い機材を使ってても、自分の中に「良い音」の基準が無い人に「良い音」が作れるはずがない。

今回のレコーディング、まだまだ満足してはいないけど、今回の経験でこうすればいいのか!っていう発見は多々あった。

という訳で9曲分のひとりごと終了。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

クアルテートリプリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。