にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口(市)情報へ
にほんブログ村
2013年11月19日(火)

【カラフル解説】アルカディア

テーマ:album / Colorful解説
$QL BLOG

「アルカディア」というタイトルの曲を書くのは2回目です。前回書いたアルカディアとは全く違う曲調ですが、歌っている内容は一緒です。
アルカディアとは理想郷の一種で、理想郷は世界中にある思想です。

ユートピア、桃源郷、ニライカナイ、アヴァロン、ガンダーラ、イートハーブ、シャングリラ、ザナドゥなど上げればきりがありませんが、全てに共通していることは現実には存在しない理想の土地ということ。ドコニモナイんです。

まんま「ドコニモナイ」も同じテーマを歌っています。「黒い星」もそう。

それを探している、というテーマでは「水平線の向こうに」
「つばさ」「太陽の子」「decay for silence」は桃源郷と現実と失望、
「青い車に乗って長い旅に出よう」「as time goes by」はその旅の過程そのものを歌ってます。

ほとんどのオレの作る曲のどこかに潜んでいるテーマのような気がします。

べつに理想の世界を求めているわけではありません。ちょっと大げさな表現になってしまって恥ずかしいんだけど(歌なんで許してね)
なぜこの世に生を受けたのか、それだけが知りたいんです。この生を使ってなにをしろというのかと。
その目的地を理想郷に例えて歌っています。

もし何もこの世に意味なんてないのであれば、宇宙は単なる現象であって生命と石ころに何の価値の差もないのであれば、人生に意味を見出すことは難しい。

ぼくは幼い頃の一番昔の記憶、気が付いたら20世紀の高度文明社会に立っていました。自動車が走り回り、飛行機は飛び、ロケットは月に行き、テレビがついてて、電話で遠くの人と会話できる。こんなウソのようなことを現実は信じろと迫ってきたのです。

単なる現象、意味など無い、と思う方がオレには不自然に感じました。

一番自分の中で意味が分からず目的地を求めてさまよっているのが「音楽」であり「バンド活動」だったりします。なんのためにそんなことをするんだろう?

そのことはこのブログでもたびたびテーマになっていることですが、最近じつは自分の中では答えが出たような気がしています。本当に最近の事です。

クアルテートリプリ号の目的地、桃源郷だったものが現実として答えが出た気がしています。そこはめっちゃくちゃ遠い場所で、たどり着けるかどうか本当にわかんない。でも水平線のはるか彼方に見えてきたような気がするんです。

気がするだけで本当は蜃気楼かもしれんけどね(笑)でも考えるだけでわくわくしています。

そういう思いを歌にしたのがこの曲です。ぜひ聴いてみてくださいm(_ _)m
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

クアルテートリプリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。