にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口(市)情報へ
にほんブログ村
2012年06月30日(土)

クアリプ放送事故企画書

テーマ:アキラの日記
ラジオに出演する、ということで色々策を練っていたのだ。

以前もたまーにラジオに出演したり、オリジナル曲がかかったりということが何度かあったのであるが、そのことでの反響とか効果というものはまるでなかったのである。借りてきた猫みたいになる自分のせいなのだが。

今回は伝説を作ろう、放送事故とか起きるレベルで。
ツェッペリンもピストルズもクリームもゴダイゴでさえも破天荒な伝説を作ってきたのだ。

クアルテートリプリにも伝説はそろそろ必要なのではないのか?

だが、ホテルからテレビを落とすとか、新幹線の窓を割るとか、そういった伝説は犯罪だし、第一ひとに迷惑がかかってしまう。もっと大人として伝説を作るにはどうしたら?
誰かによってこの放送がアップされたりしてその再生回数が何万となるにはどうしたらいいのだ?
グーグル検索で「クアル」まで打ったら「クアリプ 放送事故」と予測検索されるために何か策は・・・

クアリプ放送事故企画書

●駄菓子を差し入れる。うまい棒や、らあめんババァ、よっちゃんイカ、都こんぶなどを大量に買い込み、番組登場と同時に「つ、つまらないものですが」とテーブルの上にドサーとぶちまけ、「えんりょなく、どうぞ、ひとくちだけでも」とパーソナリティの人に無理に食べさせる。その後ももぐもぐ食べているのでちゃんとしゃべれない。善意から出た行動なので大人として、きちんとした放送事故だといえるだろう。

●終始、裏声で話す。これも迷惑をかけないということではカンペキである。

●放送中突然大量の鼻血を出す。伝説を作るというのには血なまぐさい事件を起こすというのが一番衝撃的だと思う。だが伝説ロッカーのように自分や誰かがが死んだり怪我をしたりというのは大人とはいえない。鼻血はその点非常にリスクが小さくリターンが大きいといえる。自分は大量の鼻血を流しているのに気が付かず、パーソナリティーの人が大慌てするという展開がよかろう。


・・・と、色々考え向かった生放送。緊張が頂点の私には何もすることができず終わってしまった・・・

パーソナリティのemiさんが大人でした。さすがプロのしゃべり手さまです。事故り甲斐があったのに自分がふがいない!乾家兄様も色々話をしていただき緊張がほぐれました。ありがとうございました。

さて今日はライブ!防府印度洋なのだ!おもいっきり楽しもうー

クアリプホームページ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クアルテートリプリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。