にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口(市)情報へ
にほんブログ村
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2013年11月19日(火)

【カラフル解説】アルカディア

テーマ:album / Colorful解説
$QL BLOG

「アルカディア」というタイトルの曲を書くのは2回目です。前回書いたアルカディアとは全く違う曲調ですが、歌っている内容は一緒です。
アルカディアとは理想郷の一種で、理想郷は世界中にある思想です。

ユートピア、桃源郷、ニライカナイ、アヴァロン、ガンダーラ、イートハーブ、シャングリラ、ザナドゥなど上げればきりがありませんが、全てに共通していることは現実には存在しない理想の土地ということ。ドコニモナイんです。

まんま「ドコニモナイ」も同じテーマを歌っています。「黒い星」もそう。

それを探している、というテーマでは「水平線の向こうに」
「つばさ」「太陽の子」「decay for silence」は桃源郷と現実と失望、
「青い車に乗って長い旅に出よう」「as time goes by」はその旅の過程そのものを歌ってます。

ほとんどのオレの作る曲のどこかに潜んでいるテーマのような気がします。

べつに理想の世界を求めているわけではありません。ちょっと大げさな表現になってしまって恥ずかしいんだけど(歌なんで許してね)
なぜこの世に生を受けたのか、それだけが知りたいんです。この生を使ってなにをしろというのかと。
その目的地を理想郷に例えて歌っています。

もし何もこの世に意味なんてないのであれば、宇宙は単なる現象であって生命と石ころに何の価値の差もないのであれば、人生に意味を見出すことは難しい。

ぼくは幼い頃の一番昔の記憶、気が付いたら20世紀の高度文明社会に立っていました。自動車が走り回り、飛行機は飛び、ロケットは月に行き、テレビがついてて、電話で遠くの人と会話できる。こんなウソのようなことを現実は信じろと迫ってきたのです。

単なる現象、意味など無い、と思う方がオレには不自然に感じました。

一番自分の中で意味が分からず目的地を求めてさまよっているのが「音楽」であり「バンド活動」だったりします。なんのためにそんなことをするんだろう?

そのことはこのブログでもたびたびテーマになっていることですが、最近じつは自分の中では答えが出たような気がしています。本当に最近の事です。

クアルテートリプリ号の目的地、桃源郷だったものが現実として答えが出た気がしています。そこはめっちゃくちゃ遠い場所で、たどり着けるかどうか本当にわかんない。でも水平線のはるか彼方に見えてきたような気がするんです。

気がするだけで本当は蜃気楼かもしれんけどね(笑)でも考えるだけでわくわくしています。

そういう思いを歌にしたのがこの曲です。ぜひ聴いてみてくださいm(_ _)m
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年11月17日(日)

【カラフル解説】線香花火

テーマ:album / Colorful解説
2013年にクアルテートリプリが発表した「COLORFUL」の3曲目に収録しているこの曲、「線香花火」はファンクマニアのオレとしては、超チャレンジした曲です。

ファンクヒット曲のド定番のパターンを使用してまったく新しい曲を作る、というファンク人生初のチャレンジでした。

このパターンはモータウン系ソウルなど多数の曲で超有名パターンなので聴いたことがある人も多いと思います。

代表的な曲は例えばアースウィンド&ファイアーのこの曲。



もうひとつ有名どこはシェリルリンのこの曲。



日本ではドリカムの決戦は金曜日なんかはモロすぎてアレですが、フライングキッズのこの曲もそれ系のファンクソウルのオマージュでしょうね。



変化形ではさらに海を渡りフレンチポップにも。フレンチポップなりの変化球をほどこしてありますがよく聴いてコードを分解してみると基本はアレで始まっていることが分かります。



定番パターンを使って新曲を作るのにどうしてそれがチャレンジなのか?と思われるかもしれません。

確かに定番パターンを使って作曲するということは、やろうと思えばシンセのプリセットパターンを使って曲を作るかごとく簡単にすぐ出来る。

だがしかーし!このパターンを使った曲は上に貼った曲のように超名曲ばかり。
「ちょっと作ってみたー」みたいなノリで友達やメンバーにもし聴かせたとしたら「パクリじゃん」と言われて終わりでしょ。

このパターンは誰でも知ってるようなメガヒット曲ばかりです。その使い古されたパターンを使って新曲を作る、ということは、それらの名曲に作曲で負ける訳にはいきませんし、聴いていただいた人に新しい「なにか」を感じさせなければ存在意義がありません。

これ系の曲の作曲には一度チャレンジしたい、と20代からずーっと思ってました。自分の作曲能力を試してみたかった。

思えば2012年は1年かけてずーっとずーっとひたすらこの曲を書いてました。書いては消して、書いては消して。メロディ、ハーモニー、コード、ひとつひとつの音符がパーフェクトになるまで。次の音階を決めるのに12音すべて試してみたり・・・才能がないので努力するしかありません。自分の設けたハードルを越えるまでそれの繰り返しです。

そんなんだから1曲作るのに1年もかかっちゃうんですが、なんとか自分を納得させることは出来ました。

バンドとして録音するにあたり、ひとみっちにリードボーカルをやってもらいました。結果カッコよくて可愛くて、思ったとおりの仕上がりに手ごたえを感じましたので次のアルバムでひとみっちメインボーカルの曲を沢山やろうと思ってます。
間奏はなんとさんたさんのドラムソロ!こちらも次回作ではもっともっと発展させてさんたさんのドラムコーナーをライブでも設けれるようにしようなんて新曲を考えてます。
「悪魔とオカマと片山」みたいにオレのソロプロジェクト的に思われちゃ困るんでこれからもっともっとさんたさんとひとみっちを主役としてフィーチャーしていきます!

線香花火はまだまだ道途中でカンペキとはいえないけど、2012年時点でのオレの作曲の結晶です。ぜひ聴いてみてください!この曲はヒットチャートを上ることはないけどねー(笑)
クアリプはご当地ラーメン。ミシュランガイドに載ることはなくても味では負けんようにがんばります!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年11月13日(水)

ぼくがみんなでみんながぼくだ

テーマ:アキラの日記
今年もラスト2か月を切りました。
毎年、1月から10月までを行動、11月はその10か月間の行動の検証、12月は次の年の計画を立てる月ということを仕事上決めてやってるんだけど、だんだんそのサイクルがプライベートやバンド活動にまで及んでくるようになってしまった。

仕事上では去年末に立てた計画は5月にはぶっ壊れたんだけど、ま、結果オーライな状態にはなりました。計画を立ててなければ次の策も打てないのでやはり良い癖だなあと自画自賛。
ぶっ壊れたというのは利益が出てるはずなのに現金がない。つじつまあわない。じつは内部で色々あって、そのことはmixiにでもがっつり書くとして、とにかくそのままでは倒産するから10年間メイン事業だった業種から撤退。その影響でまだ携帯電話の無線封鎖は続いておりますが、元気に他事業でやっとります。はー大変だった。

バンドのブログなのでバンドのことを書こう。

こちらも検証→計画→行動のサイクルで動いたんだけど(ま、アバウトだけど)アルバムを出してライブ、広報、計画を立てて動いたことで結果を出しつつあるとは思う。

最後の航海だ、と言い聞かせて頑張ってきたのだな。やっきになってたのだ。

なんだけど、そうするとどんどんおかしくなってきた。一生懸命やればやるほどに。
思えばオレが悪い。
集客と戦い、対バンと戦い、メンバーと戦い、自分と戦い、音楽と戦ってた。
こんなに戦ってたらシアワセになる訳がありません。周りにフシアワセをぶちまけながらの航海だったと猛反省中。みなさんごめんなさい。

じつはセンターを変える、つまりボーカルを変える、っていうのを3年前くらいから、ほんのついこないだまでやろうとしてたのだ。何人かは決まりそうになったりしたけど結局決まらなかった。

まあ、センターを若返らせたらあと10年は現役バンドで行けるっていう考えと、自分の衰え、体力も落ちてきて、もうこの10年ネタ切れ。曲が書けねえ。毎日40分前後の散歩&走り込みをやってきたけど若返る訳じゃない。ボーカルギターってハンパなく体力使うんだよ。弾き語りとは訳が違うよ。歌いながら次はどのエフェクター踏むとか、ライブの流れを考えながらMCしながらチューニング。40分のライブでもうぶっ倒れそうになる。
それに年取ったやつがセンターやるのも見苦しいよな、なんて思って。右端でギター弾いてるだけならあと10年は現役で許されるかなと。

メンバーがセンター交代に反対してくれてたんだけど、なんで分かってくれへんのんなんて思っちゃって。このままじゃアルカディアに行けねえぞ分かってる?なんて思っちゃって。

そんなときに、とあることが起こってオレは考えを変えた。
似ていると思ってた人間がどうして・・・
仕事上でも似たようなことが起こってた。構造はまったく一緒と言っていい。

思えば人生振り返ってみると、ぼくの人生はぼくの周りの人達で出来てる。家族にとっての自分、メンバーにとっての自分、友人たちにとっての自分、職場のみんなにとっての自分、恩師、ライバル、それをつなげて自分というものが成り立っておる。大切な周りの人たちが自分の人生そのものだということにやっとこさ気が付いた。

バンドでいうと、一番身近な存在であるメンバーを幸せに出来ずにバンドが成功するはずがない。いつも簡単なことに気が付けないんだな。

会社だってそうだったんだろう。社員が幸せな会社にしてこれなかった。努力はしたんだけど結果的にはそう。

これからはぼくの周りの人たちを大切にしていこう。そこを軸に来年の計画をハズカシノートに書いていこう。

もちろん人間すぐには変われない。元は自分にしか興味がない人間なのだ。オレがオレがっていうのがすぐ直ると思えないけどね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。