にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口(市)情報へ
にほんブログ村
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011年05月29日(日)

初コンサート体験

テーマ:アキラの日記
はじめてお金を出してコンサートに行ったのは徳山であったラウドネスのコンサートであった。
ファンとまでは行かなかったけど、友達に熱狂的な人が多くて、ラウドネスのコピバンは決まってその高校の最高の技術を持ったメンバーが集まっているバンドで、やはり凄いのだろう、と感じておった。
はじめて買ったチケットは不慣れなのもあり最後尾。徳山までの距離は高校生には遠く、金なくなった感が今でも残ってる。

コンサートが始まるとギタリストがフライングⅤを持ってる。あれぇ?と思ったがラウドネスの曲が始まった。おお!ラウドネスじゃ!と思い盛り上がったがなんか違う。髪形変えた?と微妙な盛り上がり方をしたオレにとなりの友達が「あれ前座」と。このとき前座という言葉すら知らなかったのだが目の前のバンドがラウドネスでないことは分かった。いちおう言い訳しておくが、このときラウドネスと勘違いして奇声を上げて盛り上がったおっちょこちょいは十人くらいはいたぞ。

このときの前座はエクスタシーというバンドで、後で知ったのだがドラムが宿六の土井ちゃんだった。土井ちゃんはクアルテートリプリでも1度叩いたことがあった。縁というものはわかりませんなあ。

ラウドネスが始まると、音は響いているのだが姿は見えない。目の前はガランガランの何もないステージがあるだけ。ラウドネスは顔出ししない方針?とか色々思ってたら、なんとラウドネス、天井から吊りステージごと降りてきた!なんじゃーこりゃ!
この吊りステージたびたび宙に浮き、ドラムソロではステージごと振り回しててびっくり!一番乗っている時期のラウドネスを体験できたのは非常に良かったと思ってる。

このころ大変良いバイトをやっていた。コンサートのバックステージである。まあ荷物を運ぶのと警備が主な仕事でメチャクチャきつかったが、高校生という多感な時期にプロのライブを多く見れたのは財産だ。んん??見たの2つしか覚えてねえ。財産けっこう少ないということにたった今気がつきました(笑)

覚えてるの、ひとつは浜田省吾。アルバムの表紙にもなっているギターを運ばせて頂いた。これがほんとにボロボロ!ブリッジとか大事なところまで錆付いている!ええの?こんなんで??そして控え室からステージまで案内したのだが、彼、突然廊下で腕立て伏せをはじめた。なんだこの人!!そしてコンサートが始まると巨大な白い布でステージが覆われている。そして布がシュッっとはがれて、布の中からピュッと飛び出す浜省。
浜省は当時ぼくの好きなジャンルの音楽で楽しみにしてたのだが、まったく好きになれなかった。何もかも趣味があわないのだ。このとき学んだことはジャンルではないのだということ。メタルでも好きなメタルと嫌いなメタルがある。パンクでもそう。クラッシックでもそう。音楽の授業の合唱や童謡にすら好きになれる音楽と好きになれない音楽があることに気がついた。

もうひとつよく覚えてるのはブルーハーツ。高校でも超人気があったのだが、ブルーハーツのコピバンはめちゃくちゃ下手くそだし、その上恐い。あんなのバカが聴く音楽だ、と心の中でバカにしていた。
敵の陣地に入っていくような感覚でバイトへ。セットが少ないからだろうけど、バックステージにバイトでも入れなかった。だからこの日はほとんど仕事が警備。怖いお兄さんたちがたくさんやってきてる。やだねえ。バカが下手くその演奏を聴きに来てるよ、と心の中のブラックアキラくん。

そこでブルーハーツ登場。ものすごく見えにくい(というか見えない)位置だったのだが、衝撃を受けた。ものすごい爆音。生音が重い。めちゃくちゃへヴィ!!カッコよすぎる・・・先輩のラウドネスコピーバンドよりもはるか彼方に上手い。今思えばあたりまえだけど、当時のぼくの価値観を吹っ飛ばした。そして聞こえてくる叫びは「ひとにやさしく」
このときぼくが家で練習している曲は、狂った医者から逃げている曲や、悪魔に向かって叫ぶ曲だった。
バカはどっちだ(笑)

つづく・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月27日(金)

ヴィジュアルイメージ

テーマ:アキラの日記
5月はライブをお休みしたのでしばらくゆっくり色んなことやった。
バンド活動の今後の準備的なことが多かった。もうめちゃくちゃ楽しい。
ウェブサイト立ち上げようとしてて、それなら写真がいるなあ・・・
じゃあどういうカッコで撮影すりゃいいんだ?って。
よく考えたら人気があるバンドはヴィジュアルイメージが決まっていて、白黒で統一してあったり、可愛かったり、へヴィだったり、見ただけでどんな音なのか想像できる。物販コーナーやウェブサイトも雰囲気を統一してある。うちにはヴィジュアルイメージなんてまだ狙ってなかった。やばい!

これまでのクアリプは普段着がステージ衣装(まあそれも狙ってのことであればいいのだが)、物販は100円ショップ風(そこで買ったからあたりまえ) いかん、このままでは人気バンドになれねえ!

で、バンド会議。あーでもない、こーでもない、アーシーでスケールがでかいやつ、やっぱ日本人だから和じゃろ、とやったあげくたどり着いたのはなぜか

「もののけ姫」

首飾り、毛皮、お面、物販コーナーには土偶、まが玉、線香・・・いかん!行きすぎた!ちょっと戻そう!

その話を踏まえて、ヒトミっちから「服買ったよー」と写真がメール。
するとそこには元気のいいショートのジーンズに上はフリルの付いたお嬢様。
戻りすぎじゃん!アーシーとか和とか吹っ飛んでんじゃん!てかこれしずちゃんじゃん!あ、もしかしてアニメつながりなの?もののけ姫から戻ってドラえもんなの?

危機感を感じた私はひとりアジアン雑貨屋に向かう。あ!この布かっけぇ!おお、すごく派手なズボンだ。この仏像可愛いなあ。なんて素敵な首飾りなんだ・・・と、気がついたら収集がつかないヘンなオジサンが出来上がり・・・

それらを見たさんたさんからメール・・・「ヤバイ、オレだけ空気読めてねぇ」・・・いえ、全員読めてないです・・・

そしてホームページの写真撮影はこの日曜に。あんじぇりかのなおちんに撮っていただきます。台風来てます。強風の中でたたずむアジアンおじさん、しずちゃん、そしてサンタクロース。これはまさに地獄絵図・・・なおちんの腕だけにかかっとります・・・

あー面白。ま、方向性は決まったから今後徐々に良くなるであろう。
イメチェンしたクアルテートリプリの初お披露目が6月あります・・・

周南チキータ&岩国ロックカントリー共催
『Ground to Ground vol.1』

場所 周南チキータ
OPEN15:30 START16:00(仮予定)
前売 1000円 当日 1500円(1ドリンク代別)

【TIKI-TA SIDE】
クアルテートリプリ(山口)
DOM(周南)
仙人草罎-クレマチストックー(周南)
ねぎ&コーヒー(周南)

【Rock Country SIDE】
ReZEL(岩国)
NO STRESSER(岩国)
巫冬(岩国)
だっちわいふこんぷれっくす(岩国)

6月はもう1本岩国ロックカントリーでもライブがありますのでそちらはまた日記に書きますね。で、7月にさんたさん主催のイベントが湯田オルガンズメロディーであります。これには、ぼくが懇意にしてます素晴らしい劇団に出演していただけるようになりまして、自分としてはこの劇団と何かが出来るという最初のイベントとなります。こちらについてもまたじっくり書かせていただきますね。
そして7月以降クアリプは、次のステップに行くためにライブは小休止いたします(といっても水面下では忙しく準備中でごわす)

次のアウトプットは秋以降になりますので、お住まいのお近くに出没した際にはぜひ遊びにきてくださいねー。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月21日(土)

はじめてのライブ

テーマ:アキラの日記
前回のつづき・・・

高校2年になって文化祭ではじめてライブをやった。
バンド名は「安全バンド」
とても痛い安易なネーミング・・・ギャグ度も低く、やる気が感じられない。バンドをやってます、というちょっと恥ずかしい照れ隠し的なものも感じられ、やはり名前に内容は出てしまうもんである。
とにもかくにもぼくは初めて人前でギターを持って歌った訳である。結果はむろん惨敗である。ぜんぜん安全でない演奏をしたバンドであった。あ、前言撤回。ぜんぜんバンド名が内容に出てないぞ!
とってもガッカリしたのであるが、文化祭前の夏休みにはこのライブのためにメンバーで何度も集まり、キーボードTちゃんは小学校の頃ちょっと好きだったりしたのでドキドキして楽譜を渡すとか色々用を作っては家に行ったり、いろいろバンドっておもしれぇ、と思わさせてくれたのも事実。
この夏のライブへの「間にあわねえ!」的な追い込み練習でずいぶん成長できたのと、初ライブでの手痛い敗北により、はからずも自分のライフワークが決定してしまった。

わし、バンドやるけぇ(ごぉぉぉぉ)

そしてギターでモテたいけぇ(ゴゴゴゴゴゴ)

もともとギターを持ったのは「尾崎豊になりたい」という願望であった。
「尾崎豊になりたい」っていうのはさ、ファンとか、影響を受けた、とか、ビートルズマニアとか、ZEP最高!とかのレベルではなく、近い感覚で言えば「ウルトラマンになりたい」とか「王貞治になりたい」という願望にきわめて近い。あこがれを通り越して自分自身がなんで尾崎じゃないんだ?という。

バンドを組んでライブをしたことで、ガキの衝動レベル(まあそのガキの衝動がいまだにすごい力を出してるんだけども)からいっこ前に進んだ。一本足打法のマネをしてた少年が地区の野球のチームに入った。そのことで視野や知識も広がるんだが、それは「王貞治にそうそうなれるもんじゃねえ」ということを受け入れざるを得ないのも事実。一本足打法は封印されなければならない。ピュアな衝動はいったん否定されなければならなかった。だが、ぼくの場合、もうひとつの超ピュアな目的を手に入れたのである。

「ギター」で、

「モテ」たい。

だってギター弾いてたらモテるでしょ??そのはずでしょ??

だが、まだ事実オレはモテてない。まずはこれを認めよう。それはオレがまだギターが上手くないからじゃ。

なりたい理想の自分と、現実の出来てない今の自分。それが分かればあとはそのギャップを埋めるだけやろ?

そう判断したオイラの方向性を間違った高校ライフ後半がはじまった。

つづく・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。