にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口(市)情報へ
にほんブログ村
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2010年09月26日(日)

噂の伝達能力

テーマ:アキラの日記
 5月以降、ライブが出来てないうちのバンドなんですが、ちゃんと元気です。週一ペースのスタリハが楽しくてしょうがないっすー。
 昨日は新曲にとりかかったりして。前のライブよりファンク度が3割増しになっている最近のQuartetoLibriです。あー、はやくライブしてえ!さて、今日は予定がないから昨日の曲の歌詞を書いてみっか。

 練習が終わって家に帰ってからの話題。録画のテレビ番組みてたらエヴァンゲリオンの話題が出てて。エヴァ好きの芸能人がその話題で盛り上がってて。

 エヴァンゲリオンは家族のなかでぼくだけ全部見たんですが家族はまったく見ていないんです。そしたら嫁が「あんなののどこがいいの」とか言い出して。見てないのになぜわかる??

嫁「あんなの、『ぼくじゃだめだ、ぼくじゃだめだ、ぼくじゃだめだ』、って逃げてるだけじゃん。アヤカが、『バッカじゃないのー』とか言うんでしょ。シンジくんもお父さんのことが好きなら素直になればいーじゃない。苗字なんだっけ?」

娘「谷村?」

嫁「最後は絵がへのへのもへじになるんでしょ、ばかにすんな!」

 いや、ぜんぶビミョーに違うんですけど(笑)・・・もーメチャクチャ爆笑!あ、ネタじゃないですよ!マジです!しかし、ぼくじゃだめだて。逃げてないし(笑)アヤカ・・・ぜんぶま逆じゃねーか(笑)しかし見てない物語がここまで伝わるなんてウワサの力ってすごいですねー。

 この前もめったに会わない親戚のおばちゃんに言われたのですが、

「アキラくんは、冬はいつも広島まで行ってそうめん食べるんよねぇ?寒うない?」

 ええと、それは広島激辛つけ麺のことでしょうか。ほとんど夏食べるんで冬食べるのは稀なんですが(笑)

 冬にわざわざ広島まで行ってそうめんを食べる人になってる・・・

 どんな変人やねん(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年09月23日(木)

なくなる

テーマ:アキラの日記
 ボールペンってすっごいなくなる。

 しょっちゅうボールペン買いにコンビニに行ってる気がする。一年の間に5千円くらいはボールペンに費やしてる気がする。こんなに買ってもインクを最後まで使い切ったことなんて数えるほどもありゃしねーし。

 買っても買ってもどこかへ消えていくボールペンたち。

 彼らはどこに旅立つのであろうか。

 自分の死期をさとりひっそりとボールペンの墓場に旅立つのだろうか。ゾウさんか。素晴らしき世界か。

 きっとある日冷凍庫の掃除とかしてたら永久凍土の中から真っ白に凍りついた大量のボールペンのミイラが見つかるとか。人類の貴重な資料として万博に発掘・展示するとかしないとか。

 いや、死期ってぜんぜんインク減る前からお前らいなくなるだろ。どーしてくれんだ。

 もうね、増やす方法を考えようと思うんですよ。ペン立ての中に赤いボールペンを入れてやる。出合ってしまったたふたりに恋が芽生えるまでにそんなに時間はかからなかった。ある日、赤いボールペンは吐き気を覚えインクを吐いてしまう。

 「おまえもしかして!」

 「隠すつもりじゃなかったの!」

 「隠す必要なんかないじゃないか、こんなに嬉しいことはない」

 「よろこんでくれるの・・・わたしてっきり・・・」

 よし、これで増えるねボールペン。ちっちゃいボールペンジャラッジャラ出てくるね。しかもすっげー書きにくいの。ちっちゃくて。

 まてよ、ペン立てには黒のボールペン何個もあるよね・・・そうなるとこう平和には解決しない気がする。

 赤いボールペンはレイプされてしまう。

 赤いボールペンはレイプ・妊娠・流産・元カレ末期ガン・出産という経験を自らのインクで小説化することになるのである。忘れたくない。交わした言葉は、いつか特別なものに変わるかもしれないということを。私は今、ちゃんと笑えているかな。この作品は世界初のボールペン小説としてベストセラーなってしまう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年09月21日(火)

烏賊

テーマ:アキラの日記
 なんとか物産展とかいうお祭りに行ったときのことである。

「烏賊焼き」「烏賊ソーメン」

という名物が!!

トリ賊か・・・海賊、山賊のように古代日本の人里はなれた山々でそういう人々が生活していたのであるな?・・・鷹を自由にあやつり狩をしたり、離れた仲間に鷹で連絡をとりあうような特殊な能力を持っていた人々に違いない。

鳥は彼らの生活にはなくてはならない存在で、あるときは忠実なしもべ、あるときは友、あるときは生活になくてはならない食べ物だったのではないだろうか。すばらしいじゃないか!

鳥賊焼きとは、山賊焼きみたいなものだろうか?鳥賊ソーメンはその鳥賊焼きを喰いながら、鳥賊たちがすすった主食であり、鳥賊の女たちの独特な製法で、山菜もあざやかであり、つめたい山水でしまった素朴な味わいのソーメンなのであろう。

わたしは影響されやすい。頭の中に「もののけ姫」のBGMを流しながら財布を取り出し、気持ちワイルドになった私は言った。

「トリ賊焼きひとつと、トリ賊ソーメンひとつ・・」

ワシも古代日本の血を引く純日本男児じゃけんのう・・・トリ賊焼きのひとつくらい喰うとかんにゃあいけんよのう(広島弁)・・・・

するとなぜか、イカ焼きとイカソーメンが出てきました。





・・・・・・




鳥賊【とり-ぞく】
鷹の羽で編んだ大きな毛皮をまとい、鳥を自由に操り山奥で集団生活をしていた少数部族といわれるが詳細は謎である。祖先は縄文文明を築き上げた古代日本人であり、大和朝廷に追われ東西に分断され、蝦夷(えみし、えぞとも言う)の民、アイヌの民となり、南では琉球の民となり、海を越えてクメール族になったとも言われる民族の末裔と思われる。織田信長が桶狭間において今川善元の布陣をあたかも空から見ていたような奇襲攻撃や、武田勝頼を長篠にて破った戦の影に、鳥賊の存在があったのではないかとの推測を、司馬遼太郎が指摘している。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。