人から否定されて傷ついた

自分はいつもこんなパターンで失敗する

 

そんな風に思うとき、

落ち込んだり、反発したり、
やけになったり、行動が止まったり、
原因を分析して対処しようとしたりするのが通例です。

 

でも実は、
本質的な原因は
その出来事を「否定」や「失敗」と捉える認識自体で、

 

さらにその奥には、
過去に同じような出来事に遭遇し、
「これは自分にとって嫌なこと」と受け取った経験の記憶があります。

 

 

しかーし、なんともありがたいことに、
出来事そのものにはプラスもマイナスもない。
(もしくはプラスとマイナスが同じだけある)

 

 

「これは自分にとって嫌なこと」と受け取った原体験の記憶を
新しい視点で捉え直すことが可能で、

 

「否定された」と感じた出来事が、
単に、自分と異なる価値観の表明であったことや、
自分の思い通りでなかったのがかえってありがたいことだったとわかったりします。

 

 

原体験の記憶がアンバランスなままで
無理に解釈を変えようとする試みは、

時にうまくいくように見えても

ちょっとしたことで簡単に覆されてしまうかもしれません。

 

 

それ自体悪いことではありませんが、

根本原因を解消して新しい自分になり、
新たなステージで、
過去にとらわれずに思いっきり新たな可能性にチャレンジする方が、

活力に溢れ、生きがいが感じられるし、
人から感謝されたり多くの富を得たりすることも出来るでしょう!

7/10夜、京都府与謝野町でワークショップをします。

 

 

【人生の目的実現が加速する!自分軸発見・確信ワークショップ第2段!】

 

 

AD