がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

癌(がん)を治す方法は自分のなかに在ります。自らの体験から 心と体の毒素を排出することで生命エネルギーを高めることが最も効果的な療法だと確信しました。誰しもが持ち備える自然治癒力を最大限活かし、がんを自然退縮させる生き方とは・・ご相談ください
☎0849251271

NEW !
テーマ:

骨に癌が転移すると骨折しやすくなります。

 

 

 

特に腰から下の癌である子宮癌などは、原発付近の骨に転移すると、

日常の生活に支障が出やすくなります。

 

 

 

下半身の骨が弱くなると、転倒しやすくなったり、転倒したときに骨折のリスクが高くなります。

 

 

 

また痛みを伴うことも多く、そうするとどうしても体を動かすことが苦痛になり、じっとしていることで筋肉が低下してしまい、血流が悪くなるとさらに体調も悪くなり痛みも増す、といった悪循環になってしまいます。

 

 


そんなことも気になり、カルシウムを摂らなくては・・・と思い、牛乳やヨーグルトをたくさん摂っていると言われる人も少なくありません。

 

 

しかし牛乳は、リンとタンパク質を多く含んでいるので、摂取をすれば、リンとタンパク質を中和させるために体のカルシウムが溶けだしてしまうことが指摘されるようになりました。



世界一牛乳を飲む国 ノルウエーの人の骨折率は、日本人の5倍というデータも出ています。



子どもの頃から牛乳は骨を丈夫にする、と聞かされてきたわけですから、首をかしげたくなりますね。




ただ、それ以前に気になる点は、畜産で育った乳牛は、早く成長させ、たくさんのお乳を出させるために大量の成長ホルモン、女性ホルモン、さらに抗生剤が投与されている点です。



これによって前立腺がん、卵巣がん、乳がんなどのホルモン系の癌を増やしてきたことは多くの研究者が指摘をしているところです。



腸を汚してしまう牛乳は、大腸がんの発症リスクも高くなります。



また、成長ホルモン剤は体の防衛メカニズムを阻害してしまうのです。



癌のアポトーシス(細胞の死滅)を阻害してしまい、結果、癌の発症に繋がっていくのです。



これ以上、がん細胞を増やさないよう嗜好品は避けること、そしてカルシウムの摂り方も嗜好品ではなく、食事から摂ることをおススメします。

 

 

 

 

再発転移をさせない・ご相談くださいブーケ2

 

☎ 0849251271

 

 

 

http://www.qualitypro.jp/health-food

 

 

おススメの健康食品はこちらアップ

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
 

 

【がんを治す生き方 〜がん自然治癒への法則〜 塚本みづほ】

 

 

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

 

 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。