和歌山市などの不二家の店舗からペコちゃん人形が相次いで盗まれた事件で、窃盗罪などに問われた大阪府四條畷市岡山、解体作業員、池田興應(おきまさ)被告(38)の判決公判が29日、和歌山地裁で開かれ、国分進裁判官は「動機は自己中心的で身勝手。常習性は顕著だが、被害回復されている」として懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 国分裁判官は言い渡し後「ペコちゃんを愛する子供たちの夢を奪った。娘を誘拐されたようだと話す店主もおり、社会的に大きな影響を与えたことをよく考えて下さい」と説諭した。

 判決によると、池田被告は平成20年12月から21年2月にかけ、仲間と共謀し大阪市や京都市、和歌山市などの不二家の計8店舗からペコちゃん人形計7体(計41万円相当)を盗んだ。

【関連記事】
“シノギ”はペコちゃん人形? “お宝”狙った暴力団幹部
和歌山のペコちゃん誘拐で共犯の男を逮捕
和歌山のペコちゃん盗難 暴力団幹部の知人を指名手配
暴力団幹部がペコちゃん誘拐? 和歌山、窃盗容疑で逮捕
美少女フィギュア万引きの警部を略式起訴

<母子加算訴訟>解決へ国と基本合意(毎日新聞)
亀井、仙谷氏に溝=郵政改革(時事通信)
Facebook、訪問者数でGoogleを抜いて1位に
普天間の腹案は「おおっぴらにできない」首相(産経新聞)
小中学校で休暇分散化を実証=過ごし方の変化調べる-観光庁(時事通信)
AD