【鳥取】境港市の水木しげるロードわきに、妖怪の霊力で厄払いできるアミューズメント施設「鬼太郎妖怪倉庫」が完成した。病気や交通事故などの災いを鬼太郎らの力で追い払うパワースポットという趣向。19日に平井伸治知事らも出席してオープニングセレモニーがある。

 木造平屋270平方メートルの倉庫を改装し、30体の妖怪を暗闇の迷路に配置した。「井戸仙人」「かまいたち」「たんたん坊」など悪さをする妖怪7体はセンサーで動き、入館者を驚かす仕掛け。

 出口には手で回す直径40センチの石製「摩尼(まに)車」が置いてある。回す時に重たく感じたら石の中に災いが封じ込められた証しで、軽く感じたら災いが消えた証しという。どちらにしてもハッピーな結果が待っている。

 県の融資や助成金を受けて整備した。経営する「妖怪企画」の松浦常明社長は「ここで運気を上昇させて明るい人生を」とPRしている。入館料は一般700円▽中高生500円▽小学生300円。年中無休。問い合わせは鬼太郎妖怪倉庫(0859・21・7749)へ。【小松原弘人】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:宇佐神宮大楠にタッチ 「EXILE」の後押しで参拝増加
中村仁美:婚活宣言も「神頼み」? 中野アナの結婚機に「パワースポット巡りたい」
鬼太郎妖怪倉庫:お目見え、境港に19日オープン 妖怪の霊力で厄払い /鳥取
開運パワースポット:宇佐神宮大楠にタッチ 「EXILE」後押し、参拝増加 /大分
県内観光客:昨年、14万人増3369万人 伊勢神宮は6.4%増 /三重

家族旅行回数、仏韓の約半分=観光白書(時事通信)
エッ、田んぼにホーバークラフトですか?(読売新聞)
船内で新たに1遺体=五島沖の漁船沈没事故―長崎(時事通信)
財産は後継機「はやぶさ2(仮称)」へ 太陽系の大航海時代幕開け(産経新聞)
減るか「強風運休」京葉線が防風柵設置へ(読売新聞)
AD