3日午前9時40分頃、新潟市中央区関屋の沖合約100メートルの日本海で、新潟大学「学友会ヨット部」のヨット4隻が相次いで転覆した。

 3隻に乗っていた部員6人が岸に戻れなくなり、現場近くに待機していたヨット部のレスキュー艇に救助され、1隻は自力で岸に戻った。けが人はなかった。

 新潟中央署などの発表によると、同日午前9時15分頃、部員8人が1隻に2人ずつ乗り、4隻が約300メートル沖で練習を始めたが、風が強くなったため練習を中止し、岸に戻る途中だった。

 新潟地方気象台によると、当時、新潟地域には強風・波浪注意報が発令されており、新潟市東区松浜町で午前9時40時現在、最大風速10・8メートルを観測した。

 同部員が通報したため、新潟海上保安部の巡視艇や海保、県警のヘリコプターが出動した。ヨット部主将の男子学生(21)は「普段練習している程度の風の強さだったが、途中、西の方から荒れてきて強い風が吹き始めた。自分も含めて判断が甘かった」と話した。

「弘道会特別対策室」を設置=幹部摘発、資金源根絶狙う-愛知県警(時事通信)
冬賞与、初の40万円割れ=減少率最大の9.3%-厚労省調査(時事通信)
スーツケース遺体事件で逮捕へ=60歳の男、死体遺棄容疑-石川県警(時事通信)
ボンネットに男性乗せて走行 殺人未遂で男を逮捕(産経新聞)
三井マリ子さん逆転勝訴 館長職の雇い止め訴訟(産経新聞)
AD