鳩山由紀夫首相は18日、軍事アナリストの小川和久氏と首相公邸で面会し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などで意見交換した。面会後、小川氏が記者団に語ったところによると、首相は「約束を守るべく努力している」と述べ、5月末までの決着に向けた決意を改めて強調したという。

 小川氏は首相に対して、「米側は政権交代したなりに約束を守ってほしいという感じだ」と伝えた。

 小川氏はまた、「沖縄の人たちの『(県内移設)反対』を降ろすわけにいかない立場を理解し、腑に落ちる着地を目指すべきだ」とも述べた。

【関連記事】
「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?
徳之島で大規模反対集会 普天間移設問題
普天間移設 首相は決着に政治生命を
米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ
鳩山政権 余命1カ月? 閣僚から「衆参同日選」発言
外国人地方参政権問題に一石

なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)
対戦車用ミサイル 土手に誤発射 爆発はせず 群馬・高崎(毎日新聞)
米国に「赤い靴の女の子」像設置=横浜〔地域〕(時事通信)
<織田信成選手>婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)
生徒の「セクハラ認知」進む 神奈川県立学校(産経新聞)
AD