平野官房長官は8日午前の記者会見で、沖縄県名護市議会が米軍キャンプ・シュワブ陸上部への移設案への反対決議を可決したことについて、「一般論として、決議を超えてやっていかなければならない場合はある」と述べ、政府が自治体の反対を押し切って移設先を決定する可能性を示唆した。

 政府は8日夕、普天間飛行場移設問題に関する政府・与党の沖縄基地問題検討委員会(委員長・平野官房長官)を首相官邸で開き、社民、国民新両党から移設案の提案を正式に受ける。国民新党は、キャンプ・シュワブ陸上部案を軸とした2案を提示する予定だ。

<線香>ありがたさ倍増? 2ミリの般若心経(毎日新聞)
鳴門教育大学大学院教授 赤松万里氏死去(産経新聞)
桜川市長に支払い命令=結婚式に公用車「私的な利用」-水戸地裁(時事通信)
<中央環境審>小委 石綿肺も救済法対象とする答申案を了承(毎日新聞)
<大麻吸引>中学生4人を児相に通告 大阪(毎日新聞)
AD