宮城県石巻市の南部かつみさん(46)宅で、次女沙耶さん(18)の姉ら3人が沙耶さんの元交際相手の少年(18)に殺傷されたとされる事件について、警察庁の安藤隆春長官は「今回の事件を検証し、第一線の今後の対応に生かしていくことが大事」と述べた。
 沙耶さんは以前から少年に暴力を振るわれ、昨年から県警に12回相談。県警も少年に2回口頭で警告し、被害届の提出を促すなどしていたが、安藤長官は「結果的に凶悪事件が発生したのは残念」と話した。 

【関連ニュース】
「相談はすべて記録」徹底を=対応しない事案でも
「怖くて…」知人に漏らす=逆らえず事件に加担か
「元交際相手が刺した」=年下の無職少年供述
同級生「残念」と一言=大森さん告別式
「本当に悔しい」と知人ら=大森さんの通夜

コマツ、坂根会長が代表権を返上(レスポンス)
【from Editor】バルチック艦隊と温暖化(産経新聞)
長谷川等伯展 展示作業行われる 東京国立博物館(毎日新聞)
千葉の光洋会が民事再生手続き開始決定(医療介護CBニュース)
10年度報酬改定は「ビジョンなき政策」―全腎協・宮本会長(医療介護CBニュース)
AD