平野博文官房長官が1日に都内で仲井真弘多沖縄県知事と会談した際、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)に駐留するヘリ部隊を鹿児島県徳之島に移転するとともに、沖縄県内に段階的に移設する内容の政府案を説明していたことが6日、分かった。政府関係者が明らかにした。
 仲井真知事は会談直後、平野長官からは具体的地名の提示はなかったとした上で、「筋道が通ったものが出来上がっているという感じはない」と記者団に語っていた。実際には政府案の提示を受け、地元首長として拒否していた格好だ。鳩山由紀夫首相が移設先決定の前提とする「地元の了解」とは程遠い状況が改めて明確になった。 

【関連ニュース】
勝連沖案に反対=民主県連代表
会期延長を視野=参院選日程に影響も
シュワブ陸上案が現実的=亀井氏
外交青書要旨
普天間、沖縄負担軽減を強調=10年版外交青書

「現有11議席確保が党再建の証し」公明代表(読売新聞)
週内に新党結成=与謝野氏(時事通信)
【古道を歩く】京街道(22)(産経新聞)
「雇用支援機構」入札白紙へ、すべて傘下落札で(読売新聞)
<訃報>吉田勝二さん78歳=長崎原爆の語り部(毎日新聞)
AD