鹿児島県・徳之島の伊仙、天城、徳之島3町長は7日午後、鳩山由紀夫首相との会談後に都内で記者会見した。3町長は、首相に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の基地機能の受け入れ拒否を伝えたことについて、「民意は決して変わることはない。これからますます反対という形で出ていく」(伊仙町の大久保明町長)などと言明した。
 天城町の大久幸助町長は、会談に関し「(首相に)気持ちをよく分かってもらえたのではないか」と指摘。徳之島町の高岡秀規町長は、会談で首相が民意重視の姿勢を示したとした上で、「徳之島案はなくなると期待して会談を終えた」と語った。 

<アユ>初競り威勢よく 岐阜(毎日新聞)
<目白シンラート>夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能(毎日新聞)
首相動静(5月9日)(時事通信)
明細書の取り扱い、全医療機関で院内掲示を―厚労省(医療介護CBニュース)
日本人脱北支援者がノンフィクション刊行 飢餓からの逃避行、詳細に(産経新聞)
AD