TBSドラマ「特上カバチ!!」の中で、「行政書士が法律で定められた業務範囲を明らかに超えた法律相談を行っている」として、大阪弁護士会がTBSに抗議していたことが9日、分かった。

 ドラマは行政書士事務所で補助者として働く主人公役の桜井翔さんと行政書士役の堀北真希さんが、派遣切りや追い出し屋などの問題を解決するストーリーで、今年1~3月に計10回放送された。

 抗議文では、文書作成料名目であれば、実質的には交渉の報酬であっても行政書士が受け取ってよいと誤解を生む内容になっている▽本人と同席した示談交渉で行政書士が主導的に交渉を行っている-などと指摘、再放送やDVD販売の自粛を求めている。

 TBSテレビ広報部は「個別の案件について答えられない」としたうえで、番組内容について「誤解を招くような内容ではない」とコメントしている。

【関連記事】
櫻井翔、さらなる飛躍へ次の「起」へ
ミスマガジン菊里ひかり「夢はハリウッド」
ドSホマキに櫻井翔「チョーむかつきます」
田丸麻紀「東京大賞典」プレゼンターにドキドキ
凸凹コンビ誕生!櫻井翔&堀北真希、初共演
「中国内陸部の資源事情とは…?」

高級の逆襲 ブランド・百貨店、「良さ」PRで生き残り(産経新聞)
“ネット出身”自民公認・三橋氏、アキバでコスプレ政治パーティー(スポーツ報知)
薬物犯罪で死刑に波紋、日弁連「厳しすぎる」(読売新聞)
<高速割引財源>道路建設転用は1.3兆円 政府方針(毎日新聞)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
AD