政府は23日午前の閣議で決定した答弁書で、昨年9月16日の鳩山政権発足から今月12日までに、中央省庁の課長級以上の幹部公務員83人が「退職勧奨」に応じたことを明らかにした。みんなの党の山内康一衆院議員の質問主意書に答えた。
 内訳は、防衛省が36人と最も多く、厚生労働省16人、法務省13人、警察庁6人、内閣官房3人、文部科学省と人事院が各2人、総務省、外務省、農林水産省、国土交通省、会計検査院が各1人。 

【関連ニュース】
出向拡充で新規採用確保=総務相
人件費7500万円過大請求=原子力関連財団、国発注業務で
NPOへの出向活用へ=国家公務員の退職管理
売却の郵政資産、8割転売=かんぽの宿・社宅628施設
8機関32人の人事案提示=政府

漫画の性描写規制、継続審査へ=都議会(時事通信)
離婚直後に元妻絞め殺す 逃走していた40歳男が自首 茨城(産経新聞)
放火容疑 高校生逮捕 大阪・阿倍野周辺で連続不審火も(産経新聞)
センバツ 小林繁さんの教え子夢舞台に 敦賀気比の3選手(毎日新聞)
新田選手の「金」を祝福=鳩山首相(時事通信)
AD