18日午後2時10分ごろ、東京都台東区蔵前の隅田川で、「第79回早慶レガッタ」に出場していた慶応大のボートが転覆、選手9人が川に投げ出された。9人は間もなく警視庁東京湾岸署の警備艇に救助され、けがはなかった。

 同署の調べによると、ボートは最終13レースに向けて待機中だったが、審判団らを乗せた小型船の波のあおりで、バランスを崩したという。

 レースは、開始時間を遅らせて続けられた。

【関連記事】
英国テムズ川「ザ・ボートレース」 25万人大声援 春告げる伝統の戦い
早慶レガッタ 慶大4年ぶり勝利
勝利の女神にごあいさつ
ボート日本代表を継続強化 ロンドン五輪へ一貫指導
西武逆転CSは帆足にお任せ! 無四球完封8勝
外国人地方参政権問題に一石

日本の人口、2年連続減…本格的減少時代へ(読売新聞)
「早慶レガッタ」でボート転覆 けが人なし (産経新聞)
アライグマ爪跡、二条城・平等院…世界遺産台無し(読売新聞)
派遣社員遺族の請求棄却=自殺、うつ病認定されず-仙台地裁(時事通信)
学校帰りの小学生はねられ死亡 83歳の会社員を逮捕 西東京市(産経新聞)
AD