武田薬品工業は6月15日、2型糖尿病治療剤ネシーナ錠、高血圧症治療剤ユニシア配合錠、抗がん剤ベクティビックス点滴静注を発売したと発表した。3製品の今年度の売上高(薬価ベース)は合計で約100億円を見込んでいる。

 ネシーナは、インスリン分泌を促進するホルモンのインクレチンを分解する酵素DPP-4の働きを抑制し、インスリン分泌を促す1日1回投与のDPP-4阻害剤。DPP-4阻害剤として、国内でα‐グルコシダーゼ阻害剤(同社のベイスンなど)との併用が唯一認められている薬剤で、DPP-4に対する選択性が高いことも特長だという。今年度の売り上げ予想は15億円、2019年度(ピーク時)は633億円。

 ユニシアは、アンジオテンシン2受容体拮抗剤(ARB)とカルシウム(Ca)拮抗剤の合剤。ARBとして同社のブロプレス、Ca拮抗剤としてアムロジピンを配合しており、1日1回投与で優れた降圧効果を示すという。今年度は32億円、14年度(ピーク時)は571億円の売り上げを見込んでいる。

 ベクティビックスは、KRAS遺伝子野生型の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がんの治療薬で、がん細胞の増殖にかかわる上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)に対するヒト型モノクローナル抗体。注射投与中や投与後に表れる過敏反応の症状が少ないことが特長だという。今年度の売り上げ予想は48億円、19年度(ピーク時)は374億円。


【関連記事】
高選択的DPP-4阻害薬ネシーナの安全性に期待
【中医協】国内初のGLP-1受容体作動薬などの薬価が決定
13年度底にV字回復目指す―武田薬品
高血圧症治療薬市場、18年に1兆円超え
アクトス後発品参入時期を12年8月に設定―武田薬品

<有楽町線>線路に男性落ち死亡 飯田橋駅(毎日新聞)
地域と交流 広がる「声の学校」 夫婦ユニットJ&O 27日 大阪でライブ(産経新聞)
岡崎信金元職員ら預金着服=1億3600万円、告訴へ―愛知(時事通信)
東京の女性はキレイ好き!? 世界の洗濯事情(Business Media 誠)
参院選 7月11日固まる 郵政法案、今国会成立見送りへ(毎日新聞)
AD