鳩山由紀夫首相は6日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、昨年の衆院選前に「最低でも県外(移設)」と言及するなどした自身のこれまでの発言について、「場当たりの発言は一切していない」と述べた。首相公邸前で記者団が「すべての発言が場当たり的ではないか」と質問したのに対して答えた。
 首相は「公約は党の公約。最低でも県外というのは自分自身の発言だ」と重ねて強調。「沖縄の負担軽減、そのための米軍再編の見直しをしっかり行いたいというのが公約だ」とした上で、「自分自身が首相になった以上、その言葉を実現したいと思って今日まで政権の中で努力してきた」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

「大変心配している、しっかり対応すべき」 ギリシャ危機に首相(産経新聞)
酒気帯び運転で車に衝突、炎上 女性は全身打撲 君津(産経新聞)
上限なし…規制の網を NTT労組側、民主議員に「脱法献金」(産経新聞)
<痴漢>逮捕77人 再犯37% 首都圏集中取り締まり(毎日新聞)
米海軍「真珠湾以来の大敗北」 図上演習で衝撃の結果(産経新聞)
AD