鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)は26日、新年度の人事異動を発表し、50歳代の男性職員を2年連続で降格にした。

 昨年春の男性の降格について、市公平委員会は違法として異動を取り消す判定をしており、それを無視する人事となっている。

 男性は昨年4月、課長級から課長補佐級に降格。今回の4月1日発令の異動で、さらに決裁権のない主幹兼係長に格下げとなった。給与は現在と同じだという。

 男性は読売新聞の取材に「ショックです。今後どうすれば良いのか、何も考えられません」と話した。

 市総務課は「何もお答えできない」としている。

 昨年の異動では10人が降格となり、うち男性を含む3人が「理由がないまま不利益な処分を受けた」と、市公平委員会に撤回を申し立てた。同委員会は今年2月、「市は必要な手続きを行っておらず、法令、条例に違反した降格」と3人の役職を元に戻す判定をしたが、市側は応じていない。

「村山悟郎展」 東京・銀座 資生堂ギャラリー(産経新聞)
外国人初の看護師合格=経済連携協定で受け入れ-厚労省(時事通信)
眞子さま・佳子さまが卒業式、校門前で記念撮影(読売新聞)
<大学・短大認証評価>愛知学院大法科大学院は「不適合」(毎日新聞)
ホットドッグプレスがウエブ限定復刊(産経新聞)
AD