奈良公園の春日大社(奈良市春日野町)で13日、ボーガンのような金属製の矢が刺さった状態で見つかった雌ジカ(推定10歳)が15日、死んでいるのが確認された。同公園のシカは国の天然記念物に指定されており、県警奈良署は文化財保護法違反容疑で捜査している。
 シカを保護、治療していた財団法人「奈良の鹿(しか)愛護会」によると、15日午前8時半ごろに出勤した職員が、傷ついたシカなどを保護する施設に入り、発見したという。
 矢はシカの肺を貫通しており、死因は呼吸不全とみられる。前日の14日夕までは生存が確認されていた。 

民公接近 与党から不満続出、連立に影響 小沢氏ダンマリ(産経新聞)
堀江被告の資産差し押え=テレビなど、元株主申し立て-東京地裁(時事通信)
切手1枚偽造に1時間 会社社長を逮捕(産経新聞)
東京大空襲 世話した孤児320人 きっと立派に(毎日新聞)
人材確保・定着で情報交換会―東社協(医療介護CBニュース)
AD