1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月24日(土) 10時57分37秒

ちょっとご検討下されば嬉しく思います。

テーマ:告知なお話し

 

QPがいつも大変お世話になっております増田雄二さんでございますが。

 

父のようであり、兄貴のようであり、ごく親しい友人のようでもある、そんな雄二さんですが、今年の4月にあった地元熊本の震災に心を痛められ、何か少しでもという気持ちで震災復興支援商品を作られました。

 

売り上げの一部を熊本に寄付するというキャップになります↓

 

 

 

 

 

もちろんQPのお店であるゴルフフィールズでも売っておりますし、千葉市にあるユニオンゴルフ内、マスダゴルフ本社でも発売しております。

 

鹿又さんのところでも取り扱ってる模様ですので、皆さんの行きやすいところでご購入いただければ幸いです。

 

未だ苦しい生活をなさってる方も多いと聞いております。

 

少しでも何か という思いで一杯です。

 

もし、そろそろキャップが欲しいなぁ・・・っというお方がいたら、ちょっとご協力下さいませ。

 

QPからのお願いでした。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月21日(水) 13時30分02秒

QP1000はダメなヤツ(スルーして下さい)

テーマ:ゴルフなお話し

 

 

皆さんこんにちは!

 

 

 

QP1000です。

 

いつもQP1000の書くブログを見にきてくれてありがとう!

 

QP1000、とっても嬉しいよ!

 

 

 

QP1000はTOKYOシティの端っこでクラブフィッティングやゴルフレッスンしてるんだけど、最近悩みがあるんだ。

 

え?ヒーローにも悩みがあるのかって?

 

うふふ、おバカさんだなぁ・・・

 

ヒーローだって人の子さ!QP1000だってちょっとした悩みはあるんだよ!!

 

例えば・・・う~ん・・・そうだなぁ・・・仮にQP1000にもうすぐ二歳になる娘がいるとした場合だけど、その娘があんまり懐いてないとか、ハグすると全力で逃げようとするとか、捕まえに行くと本気で逃げるとかそういう感じだよ!!泣いてないよ!

 

 

 

 

そんなぼくの心のやらかい場所を今でもまだしめつけられる感じがするメンタルだけど、一番の悩みはパッティングなのさ。

 

 

 

 

 

 

最近のQP1000は本当にパターがおバカさん。

 

 

 

 

どんなにいいパターグリップを使っても

 

 

 

どんなに良いパターを使っても本当にダメなんだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょっとしたらQP1000は、そろそバージョンアップの時期なのかもしれない・・・

 

そう!ココは思い切ってバージョンアップするべきなんだ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って事で・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、QP2000です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このQP2000はバージョンアップにも関わらず、どうやら年代物みたいだよ↓

 

 

 

ヤフオクってところでバージョンアップしたんだけど、程度はキレイでビックリだったよ!

 

打ってみると順回転が強くて良い転がりだけど、芯を外すと鬼のように転がりが悪くなるね!

 

 

 

 

なら大きいヘッドのほうがいいかな?って思ったんで・・・↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QP4000もいってみたよ!!!

 

 

 

やや大きいヘッド↓

 

フランジが大きくなってるね!!これも打った印象はおんなじかな?

 

 

 

 

 

これならきっとQPもパターが入るようになるね!!

 

お悩みも解消ってワケだ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってんなこたない・・・

             ナンダヨコノテンカイ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え~・・・ついにQPも頭がオープンリーチか?っと思われたかと思いますがご容赦を・・・

 

実は知人のT梨さんからメールが来まして、こんなパター売ってるぞ!!って事で即購入。

 

まさか自分のニックネームと同じ名前のパターがあって、しかも何種類も出てるとは思いませんでした。

 

もしかしたら6000もあるのか・・・?っと思いながら探しているQPでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月14日(水) 11時10分30秒

新しいコンセプトのグリップ!GARSEN。

テーマ:パターなお話し

 

 

え~、皆さんはパターが得意ですか?

 

QPはどっちかというと苦手なほうかなぁ・・・っと思ってみたりするワケで、そんな苦手意識から来るもんでしょうか・・・ツアープロのパターシーンはとっても注目して見てしまうんです。

 

 

先日の事、全英オープンを見ていた時もやっぱり食い入るように選手のパッティング姿を見ていたワケですが・・・

 

 

優勝したH・ステンソン選手のパターグリップを見ていると・・・んん?コレは見た事ないグリップを使ってるぞ・・・?っと思って見ておりましてですね・・・

 

その後、そのグリップのお仕事をいただくとは露知らず・・・

 

お仕事で初めて見た現物がコレでした↓

 

 

 

 

コレは

 

GARSEN G PRO MAXグリップ ←クリック!クリック!

 

と申しまして、ちょっと変わった、新しいコンセプトのパターグリップなんです!

 

 

 

 

 

このグリップが変わっているのは、まず見た目↓

 

 

 

 

通常のパターグリップとは違い、平らな面が二つあります。

 

 

 

 

この平らな面が山になるような形状なんですが↓

 

 

パターに対しては、正面に山の頂点が来るように挿します。

 

 

 

 

こうなる事によって↓

 

 

左手の親指が横向きになり・・・

 

 

 

同じく右手の親指も横になりまして、両手が開くような握り方に自然となるのです。

 

 

 

 

このように握らされる事によって↓

 

通常のグリップで持つと、両方の親指が正面に来るので、両脇に緩みが生じる場合があるのですが・・・↓

 

 

 

GARSEN(ガーセン)のグリップだと両脇が自然と締まって腕がロックされるようなホールド感が出るのです。

 

そうなると嫌でも手首で打つストロークにはならず、肩でのゆったりしたストロークが身に着くってワケなんです!これは面白い!!

 

 

 

QPも現在テスト中ですが、コレがなかなか良い感じ!!

 

ぜひ皆さんも手に取ってお試し下さいまし!

 

 

 

QPの説明動画もありまして・・・

 

 

コチラ ←クリック!クリック!

 

も良かったら見て下さいね!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月10日(土) 15時28分49秒

アッパーブローじゃなくなってきたのは・・・?

テーマ:ブログ

 

 

ちょっと告知です。

 

全く新しいパターグリップであるGARSENさんのプロモーションビデオに出演しました。

 

これがまた画期的なグリップなんで、ぜひ見て下さい!

 

コチラ←クリック!クリック!

 

 

 

 

 

 

さて本日は久しぶりにクラブの取り扱い説明書シリーズをお送りしようと思います。

 

皆さんは最近、こんな記事を目にしたことはないでしょうか?

 

 

 

男子プロのドライバーロフトは大きく(10度以上)て女子プロのドライバーロフトは立ってる(9度前後)

 

 

逆転現象なんじゃないか?って思われる記事ですよね?

 

コレは以前にも書きましたが、飛距離を出すためにはアッパーブローで打つのが効果的です。

 

以前のお話し←クリック!クリック!

 

 

飛距離を出す理想の打ち出し角である15度を達成するためにアッパーブロー軌道で打つワケですが・・・

 

 

女子プロの多くはやはり飛距離を出すメリットを感じているから、ロフトの立ったクラブでアッパーブロー軌道で打つスイングを練習する・・・っと。

 

男子プロはただでさえパワーがあるので飛距離は体力で望めるぶん、ティーショットはライン出しを重視したレベルブローないしダウンブローで打つイメージが強くなるので、理想打ち出し角に近づけるハイロフト(ロフト大きめ)になっていく、そんなお話しだったかと思います。

 

 

 

ところが最近、ちょっと違う仮説に行きついたのです。

 

 

 

そう考えると、最近のツアープロのクラブ選びにまで納得する結果になるのでは?っと思い、本日久しぶりのアップと相成りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

という事でモデルとして使いたいのはコチラ↓

 

 

 

ピンゴルフさんのGドライバーと昔懐かしいテーラーメイドさんのR510TPドライバーです。

 

なぜこの比較かと言いますと、R510TPはヘッド体積が390ccで、現在のGドライバーは460ccになりまして、要は大型ヘッドと小型ヘッドを比較したかったワケでございます。

 

 

 

 

この両者ですが↓

 

 

こちらがR510TPで

 

こちらがGドライバーですが、圧倒的にヘッドの大きさに違いがありますよね?

 

構えた状態で見るヘッドの大きさを投影面積と言いますが、それが圧倒的に大きいのはGドライバーのほうかと思います。

 

 

ところがこの両者↓

 

フェースの厚みはほとんど同じなんです。

 

ピンさんのドライバーってのは案外ディープフェースだってことなんですね。

 

 

 

 

 

 

さて、これだけ投影面積の違う両者ですが、使われていた時代にも相当に差があります。

 

R510TPが発売していたのは2003年で、今から13年も前の頃でございます。

 

その頃は男子プロもローロフト(立ったロフト)のモデルをこぞって使っておりまして、10.5度のドライバーはアベレージ向けにしかスペックが無い時代でございました。

 

これは当時は男子プロでもアッパーブローに打っていた時代と言えるでしょう。

 

それが最近のクラブではあまりアッパーブローに打たなくなった・・・

 

ここでQPの仮説をお話しすると・・・・

 

 

 

 

 

『ヘッド体積が大きくなったからアッパーブロー軌道で打つイメージが無くなった』

 

 

 

 

 

というのがQPの見解です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういう事かと言いますと↓

 

コレはR510TPでアッパーブロー軌道で打ったとするイメージです。

 

特にこの画像には違和感が無いかと思いますがですね・・・

 

 

 

 

 

 

お次のGドライバーはちょいと違うでしょう↓

 

 

 

アッパーブロー軌道で打った形を作りますと、ヘッドのお尻の部分が地面に当たってしまってます。

 

要するに、ヘッドの後方が大きくなると、お尻の部分が邪魔をして上手くアッパーブロー軌道が作れなくなるワケでして・・・

 

しかも最近のドライバーはアッパーブロー軌道で無くてもボールが上がるように設計されておりますので、あまりアッパーブローに打つ意味が無くなってきたっと。

 

んでもボールがロースピンなので、もうちょっと打ち出し角を上げたい!っとのニーズが高まって、ロフトが大きくなっていったのではないか?っと思う次第であります。

 

 

 

 

プロレベルになりますと、こういうソールの感覚も敏感に感じるでしょうから、男子プロはアッパーブロー軌道が排除されていったっと。

 

ところが女子プロのヘッドスピードだとロフトが立ったヘッドでアッパーブロー軌道で打つほうが飛距離が出しやすいから、男子プロでもチョイスしないような投影面積の小さい、一見ハードに見える、お尻の当たらないヘッドを無意識に選んでいるのではないかと思っております。

 

 

 

 

道具の進化がゴルフスイングのトレンドを作ると言っても過言ではないほどに、スイングは道具と共に変遷してきました。

 

今後はどういうクラブの進化でスイングが変わっていくのか楽しみです!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月04日(日) 15時24分04秒

QP試打インプレッション ~スピーダーエボリューションⅢ編~

テーマ:試打インプレ シャフト

 

 

以前に試打会に行った時にですね・・・

 

メーカーさんにはやっぱりそれぞれの思惑があるもんでして、情報公開日までは新製品について書いちゃダメよっと口止めされます。

 

良いシャフトなんだよなぁ・・・早くみんなに伝えたいなぁ・・・っと悶々とする数日間があったワケですが、ようやく今月になって解禁。

 

洗面器に顔突っ込んで、ずーっと息止めてたような感覚でしたが、本日ようやく書く事が出来るようになりまして↓

 

 

 

 

 

フジクラシャフトさんの新作である

 

スピーダーエボリューションⅢ←クリック!クリック!

 

のご紹介でございます。

 

 

コスメに大きい変更はありませんで↓

 

 

 

変わらずに40g台は474、50g台は569、60g台は661、70g台は757という表記でした。

 

大きい変更点といえば↓

 

 

 

やはりこの赤い色でしょう!

 

モトーレの派生形として生まれた最初の新スピーダーは白。

 

好評を博した初代エボリューションは青で、二代目はオレンジ。

 

今回は赤でして、コレはワインレッドって言えばいいのでしょうかね?誰かが試打会場でシャアの赤でシャアレッドって言ってたのはホントなんだろうか・・・チガウダロ・・・

 

 

 

落ち着いた色合いで、どんなヘッドにも合いそう!

 

最近は様々なヘッドの色があるから、こういうシャフトの色の相性も気になっちゃいますもんね。

 

 

 

 

 

さてワッグルしてみますと・・・

 

自分的にはシャフト全体が大きくしなってくる印象でした。

 

どこかにキックポイントが設けられている感じじゃなく、シャフト全身でしなってくれる、パワーのあるシャフトに感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて実際に打ってみましょう↓

 

 

 

ほほ~・・・叩いても左に来る感じがありません。

 

そういうシャフトって、いわゆるハードヒッター仕様にしてあって全体がビシ!っとしてて一般的なゴルファーにはちょっと・・・っと思われがちですが、コレは振り切りやすい!

 

適度に加速感があって、ヘッドスピードを上げる後押しをしてくれるような感じがあります。

 

この辺は初代エボリューションのテイストに似てますね。

 

 

 

 

 

 

さて数値はというと↓

 

 

おお!久しぶりに初速が72を超えました!

 

やはりシャフトそのものが持ってる加速感が体に伝わって、速く振らせてくれたんでしょう。

 

とっても気持ちよく振れますね!

 

 

手元から中間部くらいの動きが大きく感じまして、コレがいわゆる元しなりの動きと重なり、低く強く抑えたボールになったんではないかっと。

 

その分、左にも来なくて、ロースピンなボールが打ちやすくなってたって事ですね。

 

 

かといって先の加速感も感じます。

 

ダウンスイングで手元側の柔らかさがパワーを蓄積して、インパクトの瞬間に先端部がしっかりボールを押し上げてボール初速にしてくれるってワケ!

 

なんだかダブルキック系のシャフトを振ってるような感じにも思えます。

 

ダブルキックのようにしなるポイントが2つあるシャフトはまれにタイミングが取りにくいと言われますが、このエボリューションⅢはそういう感じが一切ありません。

 

ダブルキックの良さと、全体調子のタイミングの取りやすさを上手く融合したシャフトかと思います。

 

 

 

合うお方のタイプは、かなり万人向きですが、ややスインガータイプのお方が合う傾向かと。

 

プレーヤーの体力を使って打つというよりは、シャフトが自らしなって力を出してくれる感じがします。

 

そのあたりが女子プロを中心にウケてるシャフトなのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

もちろん一般的なアマチュアのお方が飛ばすにはかなり有効なシャフトと言えるでしょう。

 

ぜひ皆さんも打ってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月27日(土) 10時43分37秒

しゃべくりたいと思います(スルーして下さいまし)

テーマ:ゴルフなお話し

 

 

『あの~・・サインいただけますでしょうか?』

 

 

 

おかげ様をもちまして、関雅史は皆さんのおかげでちょっぴり有名にさせていただきました。

 

まあアレですよ?とはいえ珍獣のレベルでして、そういうのってのは往々にして目立つからだと思うワケですよ。

 

珍獣って言えばパンダでしょ?パンダって大人気じゃないですか?アレってなんでかって言ったら見た目のフォルムは完全に熊でしょ?ね?

 

そんな熊さんの目にクマが出来てるってのはコレは変わってるって言うかトンチまで効いちゃってるじゃんさ!っと言わざるを得ないじゃないですか?

 

そんなゴルフ界のパンダ的存在になりたいQPなワケですが、やっぱり珍獣の域は出なくて、目立つは目立つワケです。ハイ。

 

 

そんなこんなで冒頭。

 

 

サインして下さいなんて本当にマレですが、言われるようになりまして、本当に有り難いワケです。

 

 

 

 

QP 『あい!喜んで書かせていただきます!!』

 

 

 

そんなん言われないから声が上ずるしモゲるワケ。

 

さらさらっと書かせていただきまして・・・・え~っと・・・今日は何日だったかな?日付を入れなくては・・・っと考えていると・・・・

 

 

 

 

 

 

 

『や~・・・しかしあのシーンは感動しました・・・・』

 

 

 

 

 

っとおっしゃる。

 

QPのシーンで感動・・・?なんだろう?最近の動画っていうとゴルフネットワークさんのデビューでロマロさんの番組に出た事くらいかなぁ・・・確かに金谷プロと共演出来たのはQP的には感動だったけども・・・・

 

 

 

 

 

 

『まさか最後にチップインで決まるってのは・・・やっぱりゴルフはドラマですね・・・』

 

 

 

 

 

 

う~ん・・・嫌な予感・・・チップインって動画でした事あったかな・・・

 

チップインっていうと、有名なあのシーンしか思い浮かばないんだども・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『感動しました!宮里優作プロの初優勝!!!本当におめでとうございます!杉ちゃんさん!!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え~・・・コレってよく言われるんですよ・・・ゴルフフェアとかでも言われてですね・・・

 

ツアーキャディの杉澤伸章くんはQPの後輩でして、本当によく間違われるんですが、さあ大変。

 

もう完全にサインが書き終わりで、第4コーナーを曲がりまくっちゃってるワケでしょ?ね?あとは日付だけなんだから。

 

どうしよう・・・もうこのまま杉ちゃんだって事で乗り切ってしまおうか・・・いや・・・さすがにソレは相手にも悪いし・・・ええい!もうこうなったらカミングアウトよ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QP 『あ、あの・・・実は私・・・関雅史と言いまして。顔が面白いからメディアに出ております。うひうひ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうね・・・相手のお方が恐縮するでしょ?すればするほどQPも恐縮するでしょ?もう完全に恐縮の恐縮による恐縮のため負の連鎖ですよね?目も当てられない。

 

 

 

 

 

『関さんのことももちろん知ってましたよ~・・・あ~、サインもらえて良かった・・・』

 

 

 

 

もうね、目の泳ぎ方がバタフライ。

 

飛び込んですぐは、バサロ繰り出すんじゃないか?ってくらいに独自の泳法で泳ぎまくっておりました。穴があったら入りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなQPに最近初めて起こった出来事は↓

 

 

 

 

 

長年ゴルフをやっておりますが、杉ちゃんに間違われる事は数度あれど同伴競技者とボールとボールがくっついたの初めてでございました。

 

ちなみにQPのボールが手前にあったので、この場合は相手が先に打つ事になりますが、明らかに普段の存在と同じくらい邪魔だと思うので、そっとマークして(ティーで)ピックアップしました。

 

この場合はボールは拭けないんですね。

 

打ってもらった後に、元の位置にリプレースになります。ドロップしてはダメです。

 

 

 

 

 

え~・・・最後に無理やりゴルフブログっぽい終わりで〆る、こんなQPゴルフブログですが、今後ともごひいきに。

 

言っていただければ喜んでサインをいたしますが、杉ちゃんのサインは書けませんのでご注意下さい。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月22日(月) 14時00分12秒

道具の感覚は時を超える・・・かも?

テーマ:パターなお話し



え~、遅ればせながらヤフオクなるものを使い始めました。


以前からも使っているのですが、最近になってワシャワシャ買い漁るようになり、家族やスタッフより白い目で見られておりますれば。


コレは面白いもんですなぁ・・・なんだか宝探ししてる気分というか・・・・



ヤフオクを覗いておりますと中古ゴルフショップに行く感覚と似てまして、一般的な価値観とは違った、自分だけの評価が当時高かったクラブが今はこの値段?!へ?ウソでしょ?みたいな感じになって、気が付くとレジに向かってフラ~っと歩いております。ハイ。






QP 『あ~・・・懐かしい・・・コレ使ってたなぁ・・・うふふ・・・・』





っと考える間もなくポチッとな。


ボヤッキーもビックリなほどに入札ボタンを押してるワケですが、よく考えたら当時使ってたクラブを買うという事は、同じ商品に二回お金払ってるって事でしょ?ね?




おいおいお前は富豪かと。




お腹が減って食べる物が無いならお菓子を食べればいいじゃない的な発想だぞそれじゃ、え?


お前は北区田端生まれで関家の長男レベルだぞっと。吹けば飛ぶ。





んでもやっぱり当時の金額から比べると圧倒的に安いじゃないですか・・・?


だからつい買ってしまうんですなぁ・・・







そんな買ってしまったものがコチラ↓

















当時、ツアープロがこぞって使ったWOSSパター。


その中でもジャンボさんが入れに入れまくって話題になったMO-01モデルでございます。






コレをヤフオクで見つけた時は一瞬固まりましてですね・・・


こんな状態のキレイな物がまだあるんだなぁ・・・っと思わず入札。



見事、落札となった時には軽く五木系ガッツポーズが下から出る勢いがございました。









QP 『うわ~!コレは懐かしい!!!!』






っと大興奮していたワケですが・・・







物と言うのは時にタイムマシンのようになるもので、使っていた当時感覚がパターを通してよみがえって来るような感覚になりました。




QPがMO-01を使っていたのは研修生時代のお話し。




プロテストの真っ最中に



『おい関、周りを見てみるよ・・・WOSS使ってるのなんてお前しかいないじゃないかよ』



っと言われるほど、長く愛用しておりました。





そんなゴルフに熱中してる若者だった頃の感覚。


ちょっと熱すぎて恥ずかしい思い出までよみがえってきますが、何回か練習しているとある気付きが・・・












研修生QP 『そうか!分かったぞ!!!!』











真夏の暑い頃でした。


パターのヒッカケに悩むQP青年はパッティンググリーンにて悩んでいたんです。


使ってるパターは当然WOSSのMO-01。



コツンコツンとパターを打っていると偶然にその解消法を思いついたんでした。











その方法とはフェースの下で打つ事。


いわばパターでトップさせるように打つんですね。


そうしますと薄い当たりになって、つかまりが抑えられるのでヒッカケ多発の時には有効だったんです。



実は今、まさにヒッカケに悩んでいたところ。



コレがやってみると本当にほど良くて、バッチリとラインが出てきました。









久しぶりに使ったパターに教えられ・・・


いや、過去の自分にレッスンしてもらったような・・・後押ししてもらったみたいな、そんな気分になりました。


9月頭にはティーチングプロ選手権、関東決勝があります。


コレが良い弾みになってくれたら嬉しいですね。




なんだかタイムスリップしたような・・・そんな気分になる瞬間でした。








いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月18日(木) 15時23分21秒

暑い日には早朝プレーはいかが?

テーマ:ラウンドなお話し


私クラスになると、かなりのトップランカーになると思うワケですよ。


もうね、前日くらいには『あれ?来るな??』って感じになりまして、そのままフラフラっと一日通しますと翌日には完全に仕上がります。



こうなんて言うんでしょうか・・・目がシパシパするというか、定期的に頭にデッドボールをくらい続けている感じというか・・・


抗えない感覚ってのが体を支配していく感じになるワケですハイ・・・




え~・・・なんの事やら風呂あがりっくらいサッパリだと思いますが、コレは熱中症の事。




実は毎年、一回は熱中症を体感しないと気が済まないという熱中症マニアでございますれば。そんなマニアにはなりたくない。


ちょっと無理して仕事が立て込んだ状態でカンカン照りのラウンドをしますと、頭がフラっとしたりします。


特に夏の初めに多くってですね・・・まだ体が慣れてないんでしょうなぁ・・・スキを突かれて猛烈なアプローチをかけてくる熱中症ちゃんは意外に積極的なワケです。ハイ。






そんな折に『早朝ゴルフ』ってのを見つけまして、コレってば早いスタートのほうが涼しく終わって良いのでは?っと思い立ちラウンド。


やっぱりの如くに快適そのものでございました。






そんなラウンドに味をしめたQPは本日、みんなでですね・・・



長瀞カントリークラブ ←クリック!クリック!



さんにお邪魔しまして、快適ラウンドを楽しんでまいりました!










そんな長瀞カントリークラブさんですが↓







着いた時間はまだ早朝の5時だったのですが・・・


眼下に雲を見るスタート前は大興奮!!


さすが標高400mという事もあって、さすがの絶景でした。









明るくなってくると↓





ね?もう見て下さいよ・・・・


なかなかお目にかかれない風景が見れるのも早朝ゴルフの良いところでしょう。


絵に描いたようなゴルフ場の風景でございます。

















スタートから段々と山を降りていくかたちになるのですが↓





当然、雲の高さと同じくなるワケでして・・・・


雲とも霧とも言い難い、そんな白い煙がミステリアスにコースの合間から浮き出て、視界を遮っていきます。



もう一つ注目なのはグリーン面。



足跡が残ってるのが分かると思いますが、コレは早朝ラウンドなのでグリーンを刈る作業がまだ終わっておりません。


そのため、夜露が芝に付いたままになり、踏むと足跡が残るって事なんですね。



コレは前半のハーフはほとんどこういう状態になりますが、後半のハーフには芝刈りが終えられ、通常のグリーンになります。








しかしさすがの早朝ラウンド!


気温26度前後での、この時期としては最高のゴルフですよね。








気温も最高だったのですが↓





ちょっと2点ほど新しいギアを試したのでご紹介。



まずはのスパイクですが・・・外見からみてもドコのモデルか分かりませんよね?


実はソコが気に入ってGETしたのですが、コレは今、飛ぶ鳥を落とす勢いのメーカーさんである




ホンマゴルフ ←クリック!クリック!




さんにスパイクでございましてですね・・・


元々から作られたスパイクには自社ロゴが控えめだなぁ・・・っと思っておりましたが、今回のモデルはソールの裏側、いわゆるスパイクの鋲が付いたところにしかロゴが入ってないんです。


コレが履いてみると本当に楽!!


指の部分が広くなっておりまして ゆったり感を持たせつつ、リール部分でしっかり締め上げてくれるから不安定な場所でもしっかりグリップします。


こりゃ~いいや~って事で、今度からはレギュラー入り確定です。









もう一つのレギュラー入りが↓
















マスダゴルフ ←クリック!クリック!



さんにて、以前より行われているマスダハンドメイドパターでございますが、QPも恐れ多くもお願いした次第でございます。


フェイスブックでも書きましたが、清水の舞台から紐無しバンジージャンプで飛び降りるっくらいのイメージでお願いをしまして、いつ出来るのか心待ちにした逸品がコレです。


ヘッドはNMというネオマレット形状ですが、ネックの仕上げは増田雄二さんにご無理を言いましてセンターネックにさせていただきました。



コレが良く入った・・・



今日は久しぶりに調子が良くって、7バーディー取れましたって事で説明は要らないでしょう。


ラインに真っ直ぐ突くように打って良し、ややワイパー気味につかまえて打っても良しっていう不思議なセンターネックのパターでした。さすがマスダクオリティー。


試合まではあと半月。


心強い味方が増えて、本当に安心したQPでございました。

















長瀞カントリークラブさんは↓






ティーショットの戦略性が要求されるホールが続きます。


何ヤード残すか?はたまたチャレンジするのか?しっかり意図を決めて打たないと中途半端になってミスにつながりそうです。


や~・・・頭に汗かくほどに面白いかったです!










まだまだ暑い時期は続きますが、皆さんも早朝ゴルフを利用されてみてはいかが?


眠い目をこすりながら起きるのはつらいですが、ゴルフは天国ですよ!


ぜひお試しアレ!!







いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月11日(木) 09時51分10秒

ROMAROさんのニュークラブ!

テーマ:試打インプレッション


先日の事・・・


父親であるツネオさんと電話で話していた時のことなんですがですね・・・





QP  『お、そういえば今日は時間あるの?』



ツネオ 『なんで?別に何もないけど・・・』



QP  『実は今日、俺と嫁さんがヒマなの。昼食でもどう?』



ツネオ 『お、いいね!孫にも会いたいし・・・うふふ・・・・』



QP  『いや・・・孫は嫁さんの実家で遊んでるんだ。だからいないの』



ツネオ 『え~・・・・んじゃ行かない。暑いし。』
















こうですよ・・・さすがの孫パワーは酷暑の中でも70歳をお外に連れ出すパワーがあったワケですが、いないとなると即失速です。
















QP  『んなこと言うなよ~~~!!!カワイイカワイイまさしちゃんがいるだろうが!!あんたの息子の!!!!!』




ツネオ 『いい、可愛かったまさしちゃんは40年も見てたら見飽きました。ひなたちゃん最高』









っという事で、息子パワーでは酷暑の父を動かす事が出来ず、嫁さんとラーメンすすりに行きました。早く娘に会いたい。








っという事でですね・・・↓






ちょっと遅くなってしまったのですが



RomaRo ←クリック!クリック!



さんより新しいシリーズがフルラインナップで登場しましたので、ご紹介したいと思います。


まずはのドライバーはRay Vシリーズドライバーになります。






相変わらずのスッキリ顔はそのままに↓






上級者好みの叩ける顔つきと言いましょうか・・・


とってもシャープで、アドレスがしやすいモデルになっております。






QPが特に好きなフェース形状もそのまま踏襲されたのが嬉しくてですね↓






大きいフェース面だと思いません?


特にロマロさんのフェースはヒール側の下側が大きくとってあるので、フェースが四角く見えますよね?


コレは上級者に多いヒールヒットのミスを面積を大きく取ることによって防いでいるんです。


独特な力強い打感もこういう広く取ってあるフェースによって生まれる賜物ですね。











フェアウェイウッドも↓












ドライバーとの流れが良い、シャープな顔立ちです。


コレは以前よりのテクノロジーですが、フェアウェイウッド、ユーティリティにはフェースがチタンのカップフェースにしてあり、ボディがステンレスなんです。


これは比重が軽いチタンを前に、比重の重いステンレスを後方にする事によって重心を後ろに下げてボールを拾いやすいく、上げやすくする狙いなんです。


んでもチタンとステンレスを溶接するってのはかなりの技術が必要なんだとか!


さすがの技術力が伺えますね。







ユーティリティはこんな感じ↓












やはり安心して叩けるシェイプ。


チタンフェース採用で、ちょっと飛びすぎるとの意見も出ることがあるんだとか!


QP的にはよく上がってくれて強いボールが出るユーティリティという印象。


お助けクラブにはモッテコイな逸品です。












さて先ほどから気にはなっていたと思いますが↓





今回の一番大きいテクノロジーであろうこの溝!


デュアルフォースポケット


というテクノロジーだそうです。




こういう形状は今まで大手メーカーさんですと、この溝がたわんでボール初速が上がるという表現が多かったかと思います。


ロマロさんはちょっと違ってまして、この部分に金属が折れ曲がって配置されてるワケですから、重さがソコに集中するワケですね。


ですから容易に浅い重心ポジションが作れるようになり、バックスピンが抑制されて飛距離につながるってのがウリのようです。




いや、ちょっと待ってよ・・・っと。




んでもロマロさんってばフェースにチタン使ってボールが上がりやすいように重心を下げてるんじゃないの?って思うワケです。




コレはですね、今までのモデルのようにボール上がりに注視するのではなく、フェースはそのままチタンの反発の良さを採用したまま、さらに浅い重心も達成させたいっていう狙いなのでしょう。


やはり今回のRay Vシリーズはアスリート向きと言えると思います。






ドライバーもいつもより大きめのロフトを選ぶと抜群に飛ばせますよ!


ぜひ一度、手に取ってみて下さいね!!






試打会情報は コチラ ←クリック!クリック!








いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月30日(土) 10時19分49秒

ぶっ飛びクラブのUD+2が新しくなったぞ!

テーマ:試打インプレッション


『ねーねーお母さん見て~!あのオジちゃん面白い顔してる~』



え~、山手線で思い切り大きい声で幼子に指さされたQPです。もう涙も出ない。







こんなブサイクな顔だからでしょうか?以外にもクラブの顔は案外気にするQPでして・・・



特にアイアンはアドレスした時にピタ!っと目標に向ける顔でなくてはイヤなんですよ。


よくトップブレードが薄くなくちゃダメってお方がいらっしゃいますが、QPはソレとは違った・・・なんと言いましょうか・・・フトコロがあって、ボールがつかまるイメージが出る顔が好き。


だからと言って、そのまま左に引っかかるのはダメっていう佐野ひなこもビックリなわがままボディぶりを発揮する始末です。本人は寸胴だども。








さてそんな折にですよ↓






おー!新しく出ましたか!ヤマハさんの売れ筋クラブの最新モデルである




UD+2アイアン ←クリック!クリック!




でございますれば!





コレって、名前の+2にあるように2番手上の飛びが出るっていう、飛び系アイアンの代名詞みたいなアイアンなんですが・・・


以前より、飛び系アイアンにも関わらず顔が良い事でも知られておりまして↓








バックフェースの裏側が見えてしまうのは、飛ばすコンセプトのアイアンとしては大目に見てあげてですね・・・


実際に構えた感じのシャープさがあると思います。


スッとアドレスしやすい感じが出ていて、ターゲットへ一直線に飛んで行きそうな印象ですよね。









新作の課題は前作を超えなければいけないところでして↓






トップブレードを軽量化して、ソール側に思いっきり重心を下げに行けるようになったんだそう。


こういった飛び系アイアンってのは、やっぱりロフトが立っているのですが、ロフトが立ってもその番手の高さが維持出来ていなければダメでして・・・


そういったテクノロジーがあってこそ、ロフトを立てても高さがキープ出来てるんですね。




さらにフェースには反発を大きくする新L UNITフェースを採用してさらにボール初速が出るようになってますんで、高く上がって初速も出れば飛距離UPにさらにつながるという事なんです!コレはスゴイ!!どこまで飛ぶの?





新しいUD+2は9月発売だそう!


ぜひ皆さんも打ってみて下さいね!!!












































『ちょっと・・・アイアンだけじゃないですってば・・・・』↓







ね?本当に顔の良さってのは得するんだなぁ・・・っと思うでしょ?だってクラブに目が行かんもん。


特に女性はクギ付けでしょ?いいよなぁ・・・そういう風に一度でいいから言われてみたい・・・っていうかアレ?


ヤマハさんの広報である藤崎さんの手には見慣れないドライバーが。


お?コレってもしや・・・?














藤崎さん 『そうなんです!今回のUD+2はアイアンだけでなく、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティとフルラインアップなんです!』














おお!ソレはスゴイ!!アイアンで一世風靡した飛びがドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティまで備わるなんて!!ぜひ打ってみたいじゃないか!!




って事で↓










つかまりの良さそうなフェースからネック周りの作りこみが特徴的なドライバーと




















ソール全面にタングステンを採用し、これまたギリギリまで重心を下げたフェアウェイウッドと
























ボディはチタン、フェースはルール限界いっぱいいっぱいの反発力を持つ、マレージングカップフェースを使っているユーティリティでございました。











打ってみると、どれもつかまり良く大きいキャリーで飛ぶクラブでした。


ドライバーで二番手上の飛び・・・ってどんなんだ?と思ってましたが、あれだけフェースの弾きが良く、重心角の影響でボールを大きく潰せれば飛びも良くなるってもんです。


どちらかというと、全体的にスライサーのお方が使うと楽に飛ばせるクラブになりそう!



飛びに対して貪欲に、あらゆるテクノロジーを駆使したUD+2シリーズ!


ぜひ皆さんも打ってみて下さいね。








いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。