1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月27日(月) 12時59分45秒

QP試打インプレッション ~ディアマナBFシリーズ編~

テーマ:試打インプレ シャフト


さて本日ですが↓






またもやラッキーなことに、新しいシャフトをGETしたのでマルっとご紹介!!


8月発売予定の新作である



三菱レイヨン ←クリック!クリック!



さんの



ディアマナ BFシリーズ



をご紹介しようと思います!




久しぶりのディアマナシリーズの新作とあって興味シンシン・・・


第三世代(ディアマナB・W・R)の発表が終わった直後は『ディアマナはもう終わりになっちゃうのでは?』っとマコトシヤカニ囁かれていたくらいでしたので、今回の発表は実に嬉しいものでした。












今回で第四世代になるワケなのですが↓








ディアマナシリーズを象徴する花柄は健在!お花の柄が大きく強調された感じがしますね。


大きくDiamanaのロゴが入ったのも変更点でしょう。
















先端部がシルバーになってツートンの趣き↓





シャフト先端部と手元側で色が分かれており、短く見える感じがします。


コスメはやっぱりキレイですねぇ・・・さすが三菱レイヨンさん。

















さて、ワッグルしてみますとやはりコレは前作でいうところのBシリーズの後継であることがよく分かります。


感じるのは手元側と先端部のしっかり感!


やはりクセのない青マナの流れを上手く踏襲してますね。


んでも先端部はマッタリとタイミングが取りやすく感じるんですが、コレはなんでしょうね・・・






って事でメーカーさんのリリースを見ますと、先端部には三菱レイヨンさんのお家芸であるボロン素材が採用されているんだとか!


だから・・・なんだと思いますが、シャフトの先端部はしっかりしているんだけど、ゆったりとした動きを感じるんですよね。


この辺がボロン素材の妙でしょうか?










さて打ってみましょう↓






やはり叩けるツアー仕様であるディアマナシリーズ!左に来る感じが一切ありません。


シャフト全長に感じる高弾性素材から来る加速感はやっぱりディアマナならではですが、シャフトの先が前作よりちょっと動く感じがしますね。



メーカーさんの公表値では中元調子とありますが、QP的には先中しなりくらいに感じます。



前回のBシリーズより、さらに万人向きになった気がしますね。

















打った数値はコチラ↓







打ち出し角はやや低め。


ただし、弾き感が強いせいかボール初速がしっかり出ました。



やはり弾き飛ばすシャフトの傾向なんだなぁ・・・っと思って見ていますと・・・・



メーカーさんではこの動きを『撥ね返す』という表現で伝えています。


受け止めた衝撃をしなりにかえて撥ね返す、そういう意味があるそうです。



確かにやわなシャフトではありませんで、一本、筋が通ったシャフトに感じますから、ある程度ヘッドスピードが無いとシャフト特性が生かせなさそうです。









合うスイングタイプは万人向きですが、ややタメが強いお方向きでしょう。


インパクトでのミスヒットが多く、ヘッドスピードなりの飛びが実感出来てないお方にはバッチリおススメです。



今回のディアマナBFシリーズは50g台から80g台までラインナップされており、より幅広いお方に合わせられるようになりました。


きっと先行試打会もあるはず!皆さんもぜひ打ってみて下さいね!!










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月25日(土) 16時00分40秒

念願のフェニックスCCをラウンドしました!

テーマ:ラウンドなお話し



QPはずーっと前ですが、ツアーキャディのまね事みたいなことを一年間だけ、させていただいておりました。


そんな時に各地の名門ゴルフ場を歩かせていただいておりましてですね・・・


やはり数か所、あそこだけはいつかラウンドしてみたい!っと思うコースがありました。





そんなコースでも三本の指に入るコ-スだったのが↓












宮崎県にある



フェニックスカントリークラブ ←クリック!クリック!



でございましたが、この度目出度くラウンドの運びと相成りました!!やった!超嬉しい!!!!







この日のラウンドは半分お仕事。


やっぱりお仕事とあっては入念な打ち合わせの元に行われなくてはいけません。



打ち合わせをしようと、クラブハウス周りをウロウロしていますと↓







これですよ・・・やっぱりフェニックスカントリークラブさんと言えばダンロップフェニックスオープンの会場でございましですね・・・









実は去年の11月にダンロップフェニックスオープンの会場にお邪魔した時に



中嶋常幸プロ ←クリック!クリック!


のインタビューをさせていただいた、思い出の場所でもありました。



実はこの時、練習ラウンドを松山英樹プロと周っておりましてですね・・・


や~・・・やっぱスゴイなぁ・・・っと良い物を見せていただいたワケであります。




インタビューしたゼクシオのサイトはコチラ ←クリック!クリック!

















歴代優勝者の使用クラブも飾ってありまして↓









ぐあぁぁぁ~~~!このWOSSパター欲しいぃぃ~~~~~っと悶絶する変態おデブちゃんココにありです。






今回は前回優勝の↓








宮里優作プロにあやかって、ツアー仕様であるビッグBマークのブリヂストンゴルフ



TOUR B330X ←クリック!クリック!


を使ってみました。気分上がる♪











さて、打ち合わせっと・・・・って思ってふと見ると・・・↓










ほほ~・・・練習場まではカートで行くのか・・・


しかもカートで8分・・・?なかなか遠いところにあるんだね・・・・


いやでもあそこか・・・?ツアー会場の時も練習場になるあの広々とした練習場の事だよな・・・



ふ~ん・・・行ってみたいなぁ・・・打ち合わせ・・・・行きたいなぁ・・・・・打ち合わせは・・・・






















































































え~、まるで松の回廊のような松並木を抜けて行くと練習場があるようでして・・・ウチアワセハドウシタンダヨ・・・





























































ホントに8分ほどかかり↓





ズドーン!っと抜けた先に練習場はあります。








この練習場↓






なんと!通常営業中でも芝の上からボールが打てるんですね!!!


これには本当に感動しまして、ここぞとばかりに打ちまくってやりました。ビバ打ち合わせスットバシ。











程なくスタートになりまして↓





フェニックスカントリークラブさんは27ホールあるのですが、今回のスタートはトーナメント使用をしない日南コースからのスタートになりました。








だからと言って↓









やさしいほう、なんて言う感じでは全くなく・・・


当日の張り切り過ぎた練習でQPのティーショットは完全に空回り。


やはりちゃんと打ち合わせをやっておけばと逆後悔のおデブちゃんでございました。アホデスワ・・・
















QPのおススメは↓







ジュースの自販機に売ってる日向夏ウォーター。


コレがすっぱ甘くてとっても美味しいの!!こっちでも売ってほしいとセツに思います。







昼食は↓







タイガーウッズも食べたという宮崎牛の牛丼!


これがまた絶品でして、ホッペタがウロコのようにバラバラと落ちるっていう、二つ合わせたらなんだか余計に分かりづらくなっちゃった感じだけど凄さが伝わったら幸いな逸品です。
















後半は↓






高千穂コースと言いまして、トーナメントではOUTコースになるんだそう。


コレはやはり難しくってですね・・・なんて言ったってティーショットがちょっとでもそれると、すぐにグリーンが狙えなくなってしまうという、ボールのポジショニングがひじょうに重要なコースでした。



それとやはり芝のことには触れなくてはですね。



フェアウェイの芝は、一般的な高麗芝のように横に根がはっていくタイプではなくって、撒き芝という、一本一本が自生するタイプの芝なんだそう。


その影響でアイアンショット等々のターフが大きくワラジのように取れるアメリカンな感じになります。


こういうのはアイアンショットを打ったなぁ・・・っという気になるので、調子が良いと益々にアイアンショットがキレッキレになりそうです。


















なかなか宮崎に行く機会はないので、フェニックスカントリークラブさんをラウンドする事は無いだろうか・・・?っと思っておりましたが、今回は本当に良い思い出になりました。



宮崎の思い出はフェニックスカントリークラブさんの青い芝と↓










コレは


木挽ブルー ←クリック!クリック!


という焼酎の水割り。


宮崎県、限定の焼酎なんですって!


これにハマってしまったQPなんです。



本当は宮崎の焼酎は水割りにしないほうが良いらしいのですが、酒の弱いQPはお許しを・・・





一般的な木挽はどこでも売ってるのですが、このブルーは無いんだそう。


写真は空港なのですが、飛行機に乗る直前の売店にも木挽ブルーの水割りがありまして、しばらくハマってました。


持ってるのは日向夏をドライフルーツにしたもの。


とっても焼酎と合うので、ついお代わりしちゃった次第です。












もうすぐフライト時間・・・


ああ・・・今回の宮崎出張はとっても楽しかったなぁ・・・


良い焼酎にチキン南蛮・・・宮崎牛に地鶏・・・






それになんと言ってもやっぱり↓









































































そうそうフェニックスカントリークラブ・・・


最高だったよなぁ・・・・






























































って思った瞬間、思考が固まる。













































え?なんで??なんでロッカーホルダーがここにあるの?


アレ?お会計は??お会計した?!







いや・・・したぞ・・・・



確か出口の脇でキャディバッグに伝票書いた後に現金で払って・・・・




っておい!それは宅急便代だろうがよ!!!プレー代はどうしたんだよ!!!!!!




































































え~・・・コレはマジに・・・・






































































































お金払わずに帰って来ちゃいました・・・

モウイケネーナ・・・




















































最後の最後にホントアウト・・・


すぐにゴルフ場へ電話して後日振り込むことに相成りまして、ロッカーホルダーは東京より本日発送いたします・・・


あああ・・・本当に申し訳ない・・・





え~・・・皆さん・・・うっかりミスには注意しましょうね・・・オマエグライノモンダヨ・・・・

















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月18日(土) 15時10分19秒

ATTAS PUNCHを打ってみた(インプレ一歩手前)

テーマ:試打インプレ シャフト


さていきなりではございますが↓








う~ん・・・写真ってのは難しいもんですなぁ・・・本当はもっと鮮やかな黄色なのですがですね・・・



最近、ツアー情報等々を見ておりますと、シャフトのNEWモデルの話題が事欠きません。


新しいスピーダーやディアマナ、いろんなニューモデルのお話しが入ってきますがですね・・・


こんな時に持ってて良かったプロライセンス!!って事で、今回は特別にプロだからって理由だけで、自分用のシャフトを一本GETしました!!USTマミヤさんウッカリミス!!


コレが本当のフライングゲットや~(古い)ってなもんでして、本日はUSTマミヤさんの新作である






アッタス パンチ ←クリック!クリック!



をご紹介したいと思います!





アッタスシリーズもついに8代目。


いつもはその面白いネーミングセンスに感心するところですが・・・ハチだからパンチか・・・・分からなくもないな・・・


ってことは、次は9代目だし・・・まさか・・・キック・・・・とかじゃないよね・・・・チガウダロ・・・








いつもならずら~っと数値並べてインプレッション!って感じなのですが、今回はQP用に出していただいた60g台のXフレックスのみの試打だったもんで、数値を出してのインプレッションはまた後日にしたいと思います。





って事での使用感のみインプレッションですが↓










そうそう、本当はこういう鮮やかな色なんですよねぇ・・・って言いながらですが、この画面見て違和感感じたお方はシャフト通。


手元側のシャフトの印刷が見えちゃってますよね?








実はコレ↓






本当にわずかなんですが、完全に裏に挿してもチョコ~っとだけ見えちゃうんですよ。




なんでQP的には↓







ならもう『アッタスパンチ使ってま~っす!』と言わんばかりに見せちゃうほうに挿してみました。








さてこのシャフトですが、どんな動きをするかと言いますと、さすが3代目のサンジョウの後継だけあって、手元側がしなる、いわゆる元しなり傾向のシャフト挙動になります。


先端部が硬く、ミスヒットに強いのが好印象ですね!



手元から中間部までが大きくしなって、タメが自然と出来るのがさらに飛距離を伸ばしてくれそうな動きでまたまた好印象でございますれば!


しかもカウンターバランス設計になっていて、長尺化にも対応してます。


QP的にはこのカウンターバランス設計が、最近のカチャカチャ機能付きドライバーとマッチしているんではないかと思ってまして・・・




カチャカチャ機能付きドライバーはスリーブまで入れるとヘッド重量があっさり200gを超えます。


そのまま入れてしまうと、ヘッドバランスが重く出過ぎてしまうのですが、こういったカウンターバランス設計だと、その度合いも上手く緩和されて数値の収まりも良くなります。



もちろん重いほうが好きというお方向きではありませんが、振り抜きやすいのは間違いありませんね。







特筆すべきはよく『芯に当たる』という事。







手元側が柔らかいシャフトはシャフト挙動がつかみにくくなって、芯を外してしまうお方も多くいらっしゃいます。


今回のアッタスパンチはそういう感じが一切ありません。


やはり誰でも上手く振れるシャフト作りの上手いUSTマミヤさんならではの仕事でしょうね。






詳しいインプレッションはまた後日!





こんなに焦ってインプレッションをしたのにはワケもありまして・・・


コチラ ←クリック!クリック!



このアッタスパンチは先行予約を受け付けております!




初回1000本は予約でのみ販売という事で、先行分は7月1日発売。


通常販売は9月2日だっていうんですから、先行から二カ月空くワケでしょ!ね?




もし早く欲しいお方はお急ぎを。







もちろんQPのお店である



ゴルフフィールズ ←クリック!クリック!



でも6月20日まで受け付けております!センデンカヨ・・・





試打会も行われる模様!


ぜひ打ってみて下さいね~









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月15日(水) 11時19分26秒

告知でございます!パター本が出ました。

テーマ:告知なお話し



本日は梅雨時の鬱陶しい中、告知でございます。


QPみたいな雨男ですと、さほど気になりませんが、世はすっかり梅雨時期なもんでゴルフに行くのが雨に遮られてるお方もいらっしゃるのでは?っと思ったりします。通年梅雨男。



そんな時にはインドアでゴルフのお勉強ってのはいかがでしょうかね?


しかもインドアでも本番に近い練習が出来るのはショートゲームでして、その中でもパターってのは手軽に練習できますよね?



そんな時にお供にしていただきたいのがコチラ↓








先日発売になりました


誰もいわなかったパターの極意 ←クリック!クリック!


でございます!







今までパッティングについては全くと言って良いほどお話しをしてきませんでした。


ここぞとばかりに今まで培ったノウハウをギッシリ詰めておりますので、ぜひご参考にしていただければと思います。






とっても珍しいと思うのですが↓






パッティングストロークの連続写真までありまして、目で見てストロークの確認が出来る内容になっております。




ご自身のゴルフの助けになったら嬉しく思います!




ご興味があるお方はコチラ ←クリック!クリック!


よりご購入出来ますので、よろしくお願いします!!





単行本は今年に入って4冊目。


本当にありがたい事です。


これからも有益な情報を面白く出せるように頑張ります!!!









いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月13日(月) 15時55分37秒

ダンロップさんの発表会!

テーマ:発表会なお話し


さて本日↓








スリクソン ←クリック!クリック!



ブランドの新製品発表会に行ってきました!









マルっと新製品が一気に発表になったのですが↓







やはり気になるのはドライバーでして・・・



いつもラインナップにあった9シリーズは無くなって↓














Z765リミテッドモデル と名前が変わりました。


ヘッド形状は、スリクソン顔と言って良いでしょう、ZR600やZR30に代表される三角ヘッドなシェイプで440ccとなります。


コレは唯一、いわゆるカチャカチャ機能が付いておらず・・・


やはり上級者が求める低スピンによる強弾道を実現するために、低重心を重視した結果かと思います。


今後はカチャカチャ機能付きのクラブは少し減るんじゃないかな?っと思っていたQPでしたので、コレはタイムリーな感じがしました。












こちらはノーマルのZ765ドライバー。


フェースやアドレスカットは撮り忘れです・・・無念。


ヘッドサイズはリミテッドより5cc大きい、445ccになります。










これはZ565ドライバー↓













こちらはシリーズ中、一番やさしいモデルで、ヘッドサイズも460cc。


XXIOフォージドにドライバーラインアップが無くなった今、XXIOフォージドアイアンにはこのドライバーがマッチするかもしれません。


つかまりが良く、ややボールも上がる傾向といううたい文句ですが↓









先日、ツアー選手権を制した塚田プロもこのZ565ドライバーをチョイスしていたんだとか!


最近ではプロも難しいクラブを使わない時代になってきましたね。



塚田プロ曰く、本当に安心して飛ばせるティーショットが打てるドライバーというこのニューZシリーズ。



特にスピン量を抑えてくれる効果があったんだそうですが↓









今回のスリクソンシリーズはこの波状効果がキモのようでして↓










波動で飛ばせ!というキャッチフレーズなのですが、どうもソール形状が特殊なんだそう。


パワーウェーブソールという複数の段差が付いたソールでして、この段差がたわんでボールを弾くのだとか!


弾きが強くなってボールの接触時間が短くなればスピン量も治まるという事で、塚田プロの言うような低スピンの効果が表れたのかもしれません。










その他もフルラインアップ↓







ハイブリッドはウッド型、ユーティリティはアイアン型という呼び分けはそもそもアメリカで使われた言葉。


この辺りが海外戦略ブランドとして生まれたカッコ良さがあるなぁ・・・っと感心しました。












コレはZ565アイアン






残念ながらのZ765アイアンを撮り逃した・・・ガックシ・・・






からの↓








アイアンには9シリーズが残りましてのZ965アイアンでございました!











特にドライバーが良くなった印象のニュースリクソンシリーズ!


早く打ってみたいなぁ・・・っと思ったQPでした。










いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月10日(金) 10時32分32秒

話題のMCIブラックを組みまして。

テーマ:シャフトなお話し


最近は各所で話題になっております↓








フジクラシャフトさんの


MCIブラック ←クリック!クリック!


でございますが・・・




実はこのシャフト、すごく面白いコンセプトで作られてるシャフトでございますれば↓


フジクラシャフトさんのホームページより↓


ゴルファーにロングアイアンを打てる喜びを感じてもらいたい、アイアンセットを上から下まで全部使ってもらいたいという想いから、「MCI BLACK」を開発しました。
これまでのスチールを含む一般的なアイアンシャフトは、番手にかかわらず、その重量は同じでした。
結果として、どうしてもロングアイアンは重すぎてつかまらなかったり、ショートアイアンは軽すぎて引っ掛かりのミスが出てしまう傾向があります。
そのミスを解消すべく、「MCI BLACK」はシャフトを重量フローさせ、番手ごとの重量、バランス、振動数に流れを作ることに成功。
ドライバーからウェッジまで全番手の振り心地を揃えることで、そのクラブでも違和感なくゴルフを楽しんでいただけるクラブセッティングを可能にしています。







え~、簡単に申し上げますと、番手毎にシャフト重量やバランスポイントを最適化して、シャフトで振り心地を統一させようという狙いのシャフトなんだとか。


そんな事聞いてしまったら、それは作ってみたくなるじゃないですか?




って事で↓







新しくニューモデルが発売になりましたロマロさんの新作アイアン!


前作を上回るミスヒットの強さと、フェース面とボディ部に異なる軟鉄素材を使って打感にもこだわった


Ray Vアイアン ←クリック!クリック!



とですね・・・











巨匠 増田雄二さんの自信作!


『良いモデルは変える必要がない』という大好評だった前作のV-720アイアンにマイナーチェンジだけ施した



HC-01アイアン ←クリック!クリック!





という超が付くほどに優秀なアイアンヘッドをさらにメーカーさんにご協力いただきまして↓







通常はヘッド重量をある程度来た段階で加重したりして整えるのですが、今回のこのMCIブラックはヘッドの重量フローさえしっかり合わせれば完璧になる!との事だったので、この度はメーカーさんに本当にご無理を言いまして、今回は最適重量を選ばせていただきまして送っていただきました。



後は組むだけで、最適なクラブになるはず!って事で↓














ジャジャン!っと出来上がったのがこのアイアンセットでございます!!









Ray Vアイアンには80g台のシャフトを、HCー01アイアンには100gのシャフトを刺しました。



すると↓



RayVアイアン↓


4I  370.6g
5I  378.1g
6I  387.1g
7I  398.3g
8I  407.9g
9I  420.2g
PW  431.5g



C9.5
D0
D0.5
D1.0
D1.5
D2

D2.5





HC-01アイアン



4I  391.7g
5I  398.4g
6I  408.3g
7I  415.2g
8I  425.7g
9I  438.1g
PW  450.0g


D0

D0.5
D1.0
D1.5
D2.0
D2.5
D3





この様に、ヘッドバランスはキレイに0.5ポイントずつフローしてまして、総重量でもロングアイアンは軽く、ショートアイアンは重く仕上がりました。





んでも数値上でキレイに揃っても打って違和感が出るようではダメじゃないですか?


って事でのインプレッションはというと・・・







や~・・・実に簡単にロングアイアンが打てるなぁ・・・・ってのが印象。


ヘッドバランスが軽く出るという事で、当たり負けとかの心配をしておりましたがそういう心配は皆無でした。


シャフトの動きは全体的に鋭くしなる印象で、ヘッドが走る印象と同様に中間部から先端がしなります。


手元はしっかりしており、ついつい腕で振り回してしまうお方も大丈夫な万人向きな印象。


なので振り抜き感が強く、ロングアイアンが簡単に打ちこなせるイメージでした。


変わってショートアイアンは重厚感があって、重たくボールをゆっくりラインに押し出してくれる印象。


この辺のテイストは重たいヘッドバランスが演出してくれているのでしょうが、実にストレス無く振り切れます。



よく考えられてるなぁ・・・どれ振っても同じタイミングで打てる・・・ってのがトータルで振った印象でしょうか?





アイアンシャフトをカーボンシャフトにするメリットの一番は『振り抜きやすさ』




そんな振り抜きを一番に考えたフジクラシャフトさんの渾身の一本と言えるのではないでしょうか?


ぜひ皆さんも、試打する際にはアイアンセット全てを打ってみて下さいね!!










いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月03日(金) 17時54分18秒

フェアウェイウッドとユーティリティ、どっちを選ぶ?

テーマ:クラブなお話し




え~、先日のこと・・・



3UP CLUB ←クリック!クリック!



にて、自分のセッティングを初披露いたしました。


最新記事ではフジクラシャフトさんのMCIソリッド&マイルドを解説しておりまして、ぜひ見ていただければと思いますが・・・




実はこれからまた自分のセッティングは変わっておりましてですね。


一番の変更点は5Wを再度バッグに入れた事でしょうか↓









だいぶ前のモデルになりますが



ロイヤルコレクション ←クリック!クリック!



さんのBBD 305Vフェアウェイウッド(18度)でございます。


ひょんなことから入手しまして、今年の3月くらいからずーっと使っておりました。









この前に使っていたのは5Wではなく、17度のユーティリティでして↓








アダムスゴルフ ←クリック!クリック!



さんのアイデア スーパー LS ハイブリッド(17度)でございます。



このユーティリティはいくら叩いても左に来ないツワモノなUTでして、極度のチーピン持ちであるQPさんのジャイアン的に言うなら心の友という感じであります。相思相愛な感じがしない。ボエ~








この2者。


ユーティリティとフェアウェイウッドと分かれておりますが、共通点はボールが上がり過ぎない事。


その点が好きで、QPは使っているワケなんですが・・・


実はそれだけではなく、ちょっとユーティリティでは200y超を打つにはシンドくなってきたというところもあるのです。











どういう事かといいますと↓






こちらはフェアウェイウッド。












こちらはユーティリティであります。




ゴルフクラブの種類を決めるのに、そのクラブの種類ごとの適正なヘッドサイズというのがあります。


一番大きいのはドライバーで、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンっとドンドンヘッドサイズは小さくなっていくのが通常です。






そのように、ヘッドサイズが小さくなりますと↓





コレがフェアウェイウッド。








コレがユーティリティ。









ヘッドサイズが決まると、その適正な長さのオオヨソも決まってしまいます。




例えばですが、以前のようにチタンヘッドが出始めてすぐの頃はヘッドサイズが200cc超程度でした。


その頃に46インチのような長尺クラブは存在していなかったのです。


それはなぜなら、極端に長く見え過ぎて上手く当たるかどうか不安になるからなんだそう。




コレは生前、クラブ作りの創始者であろうフォーティーンの竹林さんにお聞きしたお話しなのですが、ヘッドサイズが大きく作れるようになったからこそ、ルール限界の48インチに近い長さのクラブが存在出来るようになったという事なんですね。




コレはフェアウェイウッドとユーティリティでも同じ事が言えます。



もちろんヘッド重量とヘッドバランスの兼ね合いが大きいとは思いますが、QPが作った2つのユーティリティの長さは




アダムス 40.5インチ


ロイヤルコレクション 42インチ




と、ロフトはアダムスのほうが立っているにも関わらず、長さは短い仕様になってます。


コレはやはり、同じインチだととっても長く見えてしまうからという理由が大きいですね。





去年は全体的にクラブの総重量を軽くしてビュンビュン振り回すスイングにしてましたが、今年はクラブの性能を効率良く使うほうにフォーカスしたので、クラブの好みも変わりました。



ユーティリティの短さからくるコントロール性の良さで、自分の力で思い切り飛ばすのではなく、長さによる遠心力とウッド特有の重心深さで、楽にヘッドスピードを稼いでボールをやや上げてコントロールしたいという好みに変わったというところです。








どこからユーティリティにして、どこからがフェアウェイウッドまたはアイアンにしようと悩まれるお方も多いと思います。


QPは下の番手(短いほう)から、ボールが上がりづらく感じたら切り替えて行くべきだと考えてまして・・・




例えば5番アイアンがボールが上がらないと考えたらユーティリティに。


ユーティリティでもボールが上がらないとなったらフェアウェイウッドにというシフトをしていくべきだと考えます。








いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年05月28日(土) 09時38分08秒

ローロフトウェッジの使い方。

テーマ:ウェッジなお話し

ちょっとだけ告知させて下さいませ。



自分が雑誌等々に出て変顔を披露することはあっても↓




表紙になる事は無いと思うので、表紙になれるアプリを使って、自分で画像加工してみました~♪









ってのは冗談でしてってドッチが冗談か分かりませんが・・・


実はこの度、ファッション誌である2ndさんの別冊にあたります





BOO ←クリック!クリック!




というポッチャリ系男子向けのファッション誌の表紙を飾らせていただく事になりましたからさあ大変。


中では数パターン、着替えて載っておりますので・・・え~・・・ちょっと恥ずかしいんですが、ぜひ見ていただければと思います。はい・・・










ってことでQPは先日↓












男子チャレンジツアーであります


FIDRA CLASSIC ←クリック!クリック!


に行ってまいりました!



一応、誤解のないように・・・・って誤解するお方もいらっしゃらないかと思いますが、選手としてではなく、プロアマの司会をしに行ったワケでございます。









FIDRA広報の大木さん↓







大変、忙しくされてました。


やっぱりトーナメントを運営するのはとっても大変ですよね。






ちなみにQPは長らくFIDRAのウェアを着させていただいております。


研修生時代から大好きなブランドだったもんで、今はこうしてサポートを受けられる事が本当に有り難いですね。









さて、そんな中。


久しぶりに若手選手のスイングやキャディバッグの中身を覗き見る事が出来て本当に良い勉強になりました。


しかし最近の若手はみんな飛ぶなぁ・・・自分が考えていた以上に飛距離が伸びておりましてですね・・・



会場となった嵐山カントリークラブは研修生時代を埼玉で過ごしたQPには懐かしいコースでして、そんな昔の自分の飛距離と重ねて今の若手を見ると、道具の進化だけでは語れない、何か圧倒的な違いを感じました。


その話には検証が必要なので、また調べて後日の記事にさせて下さいませ。








さてギア的に気付いたのは↓







コレは先日の取材で


フォーティーン ←クリック!クリック!


さんのウェッジをQPが撮影したものですが・・・






今回の若手プロを見ていて、最近はPWを抜いてこういったローロフトウェッジをバッグに入れる選手が増えました。


やはりあれだけのパワーがあると、120y以内はアプローチ感覚で寄せたいと考える気持ちの表れでしょうか?


本当に多く見受けられた気がします。





こういったローロフトのウェッジは構えやすく、ウェッジの流れで打てるのでフェースに乗る感じも同じで、やはり飛距離の打ち分けがしやすくなるのでしょう。


ただし気を付けなければいけないところもあって、これはフォーティーンさんもおっしゃってましたが




ロフトなりの距離が出ない




ところが要注意です。




元々ウェッジというのは設計上、スピン量を増やしてボールを止める役割があります。


その設計理念がローロフトウェッジでも採用されているので、普通のアイアンよりバックスピン量が多くなり、飛距離が思ったより出ないのです。



こういったローロフトウェッジを選ぶ時は、フルショットの流れからいって、丁度良いロフトから1度ないし2度立ったロフトのモデルを選ぶのがおススメです。




流行のローロフトウェッジ!


正しく選んで、ゴルフをやりやすくしましょうね!







いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年05月22日(日) 15時04分30秒

QP試打インプレッション ~MAGICAL ATTAS編~

テーマ:試打インプレ シャフト



最近のシャフト業界では軽量化に特化したシャフトが増えてきましたが、今回のコレもまさにソレ↓









USTマミヤさんの


MAGICAL ATTAS ←クリック!クリック!


でございますれば!






いやね・・・いつもながらに思うワケですよ・・・USTマミヤさんって本当にネーミングセンスあるなぁ・・・っと。



QPは本当にネーミングセンスが皆無。



自分の娘に日向(ひなた)ってつけたら男の子に間違われるわ、雨男の憧れだけで名前を決めるんじゃない!っと怒られたりとか・・・マジデ・・・


その点、USTマミヤさんはアッタス自体が『ありがとうございます』の略語でして、その後発売したシャフトの名前には必ず何代目なのかを文字った名前を付けております。







そんな中、今回は『マジカル』でしょ?





マジカルってのは不思議とか魔法的なとかの意味でしょ?


この言葉がシャフトにどう反映するのかと言いますと、なんとこのシャフトの重さは34gしかないそうなんでして・・・


チチンプイプイ!っで重さを削っちゃいました~~~!なんて簡単じゃないんだろうけども、とっても軽い仕上がりになっているワケでございます。



ただし最軽量はフジクラシャフトさんのゼロスピーダー が夢の20g台を達成したばかり。



その後にチチンプイプイで出したマジカルアッタスは、どの辺が軽量シャフトとして優れているのでしょうか?








コスメも幻想的ですね↓





手元側にオーロラのような模様が入っております。


軽くするために、あまり余計なことが出来ないはずですが、しっかりとオシャレは忘れておりません。








こういった40gを切ってくるシャフトは全て軽くするために、シャフト自体の肉厚を薄くしてあるため、シャフトそのもののしなりは大きくなっております。


フレックスもレディースシャフトのフレックスに近いモデルが多いのです。


マジカルアッタスもやはり同じ・・・・なのですが、ちょっぴりテイストが違う感じがしますね・・・











ともかく打ってみましょう↓








やはりシャフトの動きは全体的に大きくしなる、いわば全体調子ですな。


このマジカルアッタスはトルクが7.8もあるので、その分、シャフトのねじり戻りで打つのでボールがつかまるのかと思っておりました。


でもこのマジカルアッタス・・・どうもトルクの大きさでつかまってる感じでは無さそうなんです。







数値を見ると↓





ヘッドスピードは40以下にして計測しましたが、思ったよりヘッドスピードが出てしまって、計測に苦労したシャフトです。


ソレはもちろん軽さの影響もあるのですが、一番はダウンスイング時の



シャフトの粘り



なんです!




軽量のシャフトはスイング時に中身が軽く、スカスカに感じるお方も多いと聞きます。


先ほどもお話しした通り、カーボン自体の肉厚が薄いせいもあるのですが、それではタイミングが取れません。


このマジカルアッタスはそういったスカスカ感をあまり感じず、むしろダウンスイングではシャフトが体に巻き付いてくるような粘り感を感じるのです。


そうする事によってタメが効き、ボールが捕まえやすくなったりヘッドスピード増大にもなるワケですね。



しかもインパクト以降のヘッドの走り感が強く、振り抜けが強くなるので、飛距離になりやすくなります。





粘り感が強い分、もの凄くボールが上がるシャフトというワケではありませんが、圧倒的な強弾道がその飛距離を助けてくれるはず!




ぜひ皆さんも打ってみて下さいね!!















ちなみに・・・名前の由来のもう一個。



マジカルは マジ で  いシャフトだからってのは・・・言わずもがなでしたかね?シャレガスキネ・・・







いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年05月19日(木) 16時21分10秒

みんなで見てね!3UP CLUB!!!

テーマ:告知なお話し



ちょっぴり告知です!!


先日ご案内した鹿又さん、ツルハラくんと始めた3UP CLUB。


皆さん、ニュースレター登録はしていただけましたでしょうか?


第二弾の配信が始まりました!ぜひ見てやって下さいませ!!!



多くのメディアでは語り切れない・・・というか端折られてしまうような言葉の隅までお伝えしたいと思って始めた新しい発信ツールと考えております。

ゴルフのギアを中心に、リアルなお話しを動画でお送りする3UP CLUBは今後、定期的に配信していく予定です。

ぜひこの機会に会員登録をお願いします!

3UP CLUB ←クリック!クリック!

.よろしくお願いします!!



いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。