1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年08月13日(日) 14時17分10秒

QP試打インプレッション ~ATTAS COOOL編~

テーマ:試打インプレ シャフト

 

 

暑い日々が続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

QPはおかげさまで忙しくさせていただいておりまして、暑い夏をさらに暑苦しくしているおデブちゃんでございます。ホントに申し訳ない。

 

 

そんな暑さを吹き飛ばしてくれるシャフトがコチラ↓

 

 

 

その名もクール!ってくらいに涼し気なのが新発売になる

 

アッタス クール←クリック!クリック!

 

USTマミヤさんの9代目になるNEWシャフトでございます。

 

 

いつも話題に上る数字の【9】にかけた名前はクールで決まった模様ですな。

 

通常のスペルは【COOL】なのに対しOが一つ多い【COOOL】にしたのがちょっぴりカッコいい感じがします。

 

 

 

 

今回もデザインがサッシンと相成りまして↓

 

 

手元側にはUSTマミヤさんのロゴとシルバーとホワイトの格子柄がクールな感じです。

 

 

 

今回のスペックは↓

 

 

70g台のSフレックスと↓

 

 

 

60g台のSフレックスも試しました。

 

 

 

コースで打てる機会があったので、まずは使用感をお先に・・・

 

 

振ってみるとシャフト全体が大きくしなる先しなり傾向に感じます。

 

前モデルであるアッタスパンチは元しなりで大きくしなるシャフトモデルでしたから、このクールとは真逆のシャフト挙動と思って良いでしょうね。

 

 

打ち出し角は高く、ボールをつかまえるのが容易な動き方をする印象でした。

 

 

 

70g台を打っても60g台を打ってもさほどテイストは変わりません。

 

しなり量が多い分、スペックはやや硬めを選んだほうが良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

スタジオに戻って打ってみると↓

 

 

 

やはり何度打っても、上手く打つとドロー回転のボールになりやすい感じです。

 

ただ、しなりは大きくても縦の方向にヘッドが落ちづらい印象だったので、いやなドロップチーピンにはなりにくい感じがしました。

 

 

手元がしっかりしているので↓

 

 

 

かなり大きくタメを作りにいっても芯に当てやすい印象。

 

その分、ボールスピードが稼げて飛ばしやすいシャフトモデルかと思います。

 

 

メーカーさんのサイトを見ると【軽 硬】と書いてありましたんで、しなり量は小さいのかと思いましたが、かなり大きくしなる印象。

 

メーカーさんのサイトでは40g台と50g台にもXフレックスがあるよって意味のようですね。

 

 

アッタス史上最速の走り感!ってフレーズはダテではありませんが、そう聞くとピーキーで当てにくさを連想しますがそんな感じはなく、むしろ振りやすいアッタスシリーズの上手さを踏襲しておりまして、加速感はあるけどミート率の上がるシャフト挙動に仕上がっております!

 

 

 

ぜひ皆さんも打ってみて下さいね!

 

 

 

スポンサー様のサイトも見て下さい!

 

会員権買うなら明治ゴルフ←クリック!クリック!

 

中古クラブならゴルフドゥ←クリック!クリック!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年08月07日(月) 09時00分00秒

小さいヘッドは敬遠しておりましたが・・・ (3UPクラブのメンバーと)

テーマ:試打インプレ ドライバー

 

 

 

さて先日の事・・・↓

 

 

 

まいどお馴染みの3UPクラブメンバーとラウンドに行ってまいりました。

 

 

ちょっとだけ告知!

 

おかげ様でクラブ会員数も増えております!

 

多くのお方にご参加いただきまして本当にありがとうございました。

 

 

運営するのに通常会員様ならびサポート会員様を募集しております。

 

なにぶん手弁当の持ち出しで運営しておりまして、もし趣旨にご賛同いただけるお方がいらっしゃいましたら、有料にはなりますが会員登録して下されば嬉しいです。

 

 

3UP CLUB ←クリック!クリック!

 

 

 

どんな感じなのかはトップ画面にフリーの動画も貼ってますので、ぜひ見てやって下さい!

 

 

 

 

 

 

 

さて冒頭の画像でもお見せしておりますが↓

 

 

 

今回はタイトリストさんのドライバーでラウンドしてまいりました。

 

 

917D3ドライバー←クリック!クリック!

 

 

 

タイトリストの広報さんとのラウンドだったので、クラブをお借りしてラウンドしてまいりました。

 

 

 

 

最近はですね・・・ちょっと小ぶりなヘッドは敬遠していたんです。

 

以前はむしろ小さい顔のほうが好みだったのですが、そういうドライバーって腕前が弾道にモロに反映するもんで、最近のチンチクリンな練習量では到底無理って思っておりました。ハイ。

 

 

ソレが以前の小さいヘッドっていう概念と、今の小型ヘッドってのは大きく違うんだなぁ・・・っと思いつかされまして・・・↓

 

 

 

915から採用されておりますアクティブ リコイルチャネルと呼ばれる溝があったり・・・

 

 

 

 

ラジアルスピードフェースと呼ばれる鍛造フェースで弾きがさらに強くなっていたりと、このヘッドサイズなのにボールが曲がらないんですね。

 

 

 

大型ヘッドを使っていた理由は慣性モーメントが大きくなるので曲がりが少なくなるから。

 

んでもコレだけの美人顔で↓

 

 

 

アドレスはスッキリ構えやすく、アライメントが取りやすいなら曲がり幅も同等な、こういう引き締まったシェイプのドライバーが良い気がします。

 

 

 

 

タイトリストのドライバーというところも敬遠材料になっていたかもしれません。

 

 

前作の915シリーズのドライバーは購入したのですが、スピンが想像以上に入らず、ドロップしてしまう印象でした。

 

ところが今回の917シリーズはスピンコントロールが適正になるので、ボールも上げやすく簡単に打てる印象に変わりましたね。

 

 

 

未だにメーカーさんの多くはヘッドサイズを2種類用意しますが、コレからは食わず嫌いせずに小さいヘッドも打ってみたいと思うQPでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサー様のサイトも見て下さい!

 

会員権買うなら明治ゴルフ←クリック!クリック!

 

中古クラブならゴルフドゥ←クリック!クリック!

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年08月04日(金) 15時34分50秒

QP試打インプレッション スピーダーエボリューションⅣ編~

テーマ:試打インプレ シャフト

 

 

 

先日の事、川口の練習場で

 

 

フジクラシャフト←クリック!クリック!

 

さんの新製品発表会があったので、行ってまいりました。

 

 

 

 

目玉はもちろんコレ↓

 

 

 

 

売り上げ好調なスピーダーエボリューションシリーズのNEWモデルである

 

 

スピーダーエボリューションⅣ

 

でございます!

 

 

 

 

実はこのシャフト↓

 

先日、教え子ちゃんである岩橋里衣と一緒にラウンドした際に、即実戦投入となったシャフトでして・・・

 

 

岩橋里衣はマルマン契約プロですが↓

 

 

 

マジェスティ ロイヤルSPドライバー←クリック!クリック!

 

 

 

のヘッドとの相性もバツグンで、先日のサマンサタバサで2位になった時にも大活躍してくれたのがこのドライバーでした。

 

 

 

 

 

全体的なコスメは2代目から変わっておりませんで↓

 

 

 

 

 

炎が揺らめいているようなフォルムは精悍そのものですね。

 

 

初代のホワイトからオレンジ、レッドときてブラックが4代目になりました。

 

 

 

 

 

 

 

スイングしてみると先端部の硬さを感じます。

 

ミスヒットしてもフェースブレが少なさそうで、思いっきり叩いて行ける印象です。

 

 

 

実際に打ってみるとシャフト全長が大きくたわんで、インパクト付近で重くしなり戻る印象。

 

さすがジュエルラインでも使用した90tカーボンシートを惜しみなく使ってるだけありますね!

 

ボールを思いっきりビンタするみたいな挙動を感じますが、やはり先端部の硬さからくる影響でしょうか、左に来る感じが一切ありません。

 

合うプレーヤーは比較的誰でも合いそうですが、加速感でヘッドスピードを維持しつつ左に来ないボールが打ちたいお方向きという印象でしょう。

 

 

叩ける中調子というのはメーカーさんのコピーですが、まさにそういった感じでした。

 

 

 

 

 

 

フェアウェイウッド用のシャフトもありまして↓

 

 

 

 

シャフト挙動は同じですが、さほど高い弾性率のカーボンシートを使ってないという事でして、逆にナチュラルに動いて振りやすい印象のフェアウェイウッド用のシャフトでした。

 

 

 

 

 

 

 

参考出品ではありましたが↓

 

 

 

 

 

先日発売したMCパターのニューカラーや

 

 

 

 

 

 

 

ツアー専用シャフトである元調子傾向のTR

 

 

 

 

 

 

 

工房からの熱いリクエストで再発売となった↓

 

 

 

スピーダーアイアンの40g台なんていうのもありました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサー様のサイトも見て下さい!

 

会員権買うなら明治ゴルフ←クリック!クリック!

 

中古クラブならゴルフドゥ←クリック!クリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年07月30日(日) 10時55分37秒

QP試打インプレッション ~TOUR-AD Fシリーズ編~

テーマ:試打インプレ シャフト

 

 

前回に引き続きグラファイトデザインさんの新作になりまして↓

 

 

 

TOUR-AD Fシリーズ←クリック!クリック!

 

 

なんですが、コレってあんまり知らないお方も多いのではないでしょうか?

 

実はコレ、フェアウェイウッド用のシャフトでして、以前にあったTOUR-AD SFシリーズの流れになります。

 

SFシリーズはショートフェアウェイウッドの略でして、5W以下の番手に採用されたモデルでしたが、今回のFシリーズはショートフェアウェイウッドだけでなく、3Wにも十分使える長さを確保しております。

 

 

 

全体的なコスメはTPシリーズからと同じ流れでして↓

 

 

チップ側にはTOUR-ADのADの略である(ACCURACY)精度と(DISTANCE)飛距離が謳われております。

 

んでもこの白黒のモノトーンなコスメはどんなヘッドでも似合いそうで良いですね。

 

 

 

 

このシャフトのコンセプトを読んでみて、なおさらこういうコスメになったのかな?って感じを受けまして・・・

 

 

どんなドライバー用のシャフトにも対応する流れが作れるクセの無さが売りという事でございまして、誰の色にも染まりますよ~みたいな良妻をもらっちゃった感じになる事ウケアイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと振ってみると・・・

 

 

 

先端部にしっかり感を感じて、フェース面が安定して入ってきそうな感じがします。

 

ドライバーと違って地面から打つ事の多いフェアウェイウッドですから、このぐらい先が安定しているほうがライを気にせず、思い切り振れそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

さて打ってみましょう↓

 

 

 

おお~!いきなりのドストレートボール!!

 

やや右に飛んでますが、思い切り叩ける仕様がウリのTOUR-ADシリーズならばこういう反応はむしろプラスでしょう。

 

手元側にもややしっかり感があるので、タメを大きく作るお方でもタイミングを外される事なく振れて、飛距離が望めそうです。

 

 

 

ただやはりある程度振れるお方向きというのは間違いありません。

 

最近はシャフト自体がしなってくれて、大きな力を生むシャフトが増えておりますが、そういうシャフトの傾向ではなさそう。

 

前回ご紹介した秩父のシャフトとは大きくコンセプトが違います。

 

 

 

 

予想外だったのは↓

 

 

先端部の硬いシャフトって、打ち出し角が上がらないシャフトが多いのですが、このFシリーズはボールがよく上がりますね。

 

コレはシャフトの先端が大きくしならない分、しなり戻りが早く出るので、しなったまま当たらずに逆しなりっぽくインパクトさせてくれる挙動が打ち出し角を上げてくれるモデルなのだと思います。

 

 

シャフトの動きは謳い文句通りにクセが無い印象。

 

グラファイトデザインさん特有のダウンスイング時に出る、グググ!っとくる粘り感はそのままに。

 

フェース面を安定させて素直にしなり戻ってくれるのでボールも上がってコントロールがつきやすいです。

 

 

 

 

いかにも上級者が好みそうなアスリート仕様のフェアウェイウッド専用モデル!!

 

ぜひ皆さんも打ってみて下さいね!

 

 

 

スポンサー様のサイトも見て下さい!

 

 

会員権買うなら明治ゴルフ←クリック!クリック!

 

中古クラブならゴルフドゥ←クリック!クリック!

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年07月26日(水) 14時48分52秒

QP試打インプレッション ~秩父シャフト編~

テーマ:試打インプレ シャフト

 

 

今年のジャパンゴルフフェアで話題になっていたシャフトをやっとご紹介出来る幸せ・・・

 

っていうか単純に試打シャフトが用意できましたってお話しなのですが・・・

 

 

 

 

その名前で、かなりのインパクトのあったコチラ↓

 

 

 

 

グラファイトデザインさんの新ブランドである

 

 

秩父←クリック!クリック!

 

でございまして、グラファイトデザイン最高峰シャフトとしての登場でございます!

 

 

 

秩父の名前の由来は産地でしょう。

 

グラファイトデザインさんの本社は秩父市にありまして、QPが研修生時代を過ごしたゴルフ場のほど近いところにあります。

 

ダンロップさんのMIYAZAKIシャフトのように産地を名前にするのが今後流行ってくるのでしょうか?

 

 

 

先の画像は見づらいですね↓

 

 

 

やはり縦から見たほうが収まりの良いコスメです。

 

一転して裏面は横向き↓

 

 

 

秩父で有名な芝桜をイメージしたデザインでしょうか?

 

綺麗な桜の花びらが舞い散って、ひじょうに和なテイストを感じますね。

 

made in japanの文字の後にchichibuとありますが、やはり産地を強調した形でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

あり?フレックスとかって書いてないんだな・・・っと思ってよ~っく見ると↓

 

 

 

日本最古の貨幣として秩父で発掘された和同開珎(わどうかいちん)をあしらったであろうデザインの中に書かれておりました。

 

上の41はグラムを表してまして、右のMはキックポイント、下のRがフレックスで左の7.4はトルクです。

 

トルク7.4?!っとシャフトフレックスにお詳しいお方なら言ってしまいそうですが、コレが実はキモだったりするワケでして・・・

 

 

 

 

実際にスイングしてみるとRフレックスにしても大きくしなって柔らかい印象・・・

 

これじゃ振り遅れてしまうんだろうなぁ・・・っと思って数回振っても振り遅れない・・・?

 

んん?なんだこの感じ・・・初めて味わうテイストだぞ・・・

 

 

 

 

って事でまずは軽くヘッドスピード40h/sくらいで打ってみますと↓

 

 

 

 

 

打ち出しの高いボールでややつかまったボールになりました。

 

シャフト挙動としては中しなり。

 

シャフト全長が大きく動くぶんヘッドスピードが実際より早く出てしまいます。

 

ムチのようにしなりながらビンタするようにインパクト付近を加速させてくるあたりは、今までのTOUR-ADのソレとは違いました。

 

 

TOUR-ADシリーズは全てにおいて、叩けるお方が使っても左に来ずにパフォーマンスを高く出せるシャフトでしたが、今回の秩父はヘッドスピードがさほど無くてもシャフトが加速感を演出してくれる、そんなブランドかと思います。

 

 

 

 

面白かったのは↓

 

 

 

ちょっとヘッドスピードを上げて、早めに打っても左に来ないのが驚きでした。

 

こういう高トルクなシャフトは引っかかってしまう事が多いのですが、この秩父はマイルドにゆったりダウンスイングで動いてくれるのでタイミングが取りやすく、フェースが必要以上にドッカを向いてしまう感じにはなりません。

 

しなり戻りもゆったりですが、フェースターンもゆったりなんで、ボールコントロールがしやすいのでしょうね。

 

 

 

シャフト重量は40g台とひじょうにかるいのですが、軽量の頼りなさが一切ないシャフト!

 

手元側のしっかり感もあるので万人向きかと思いますので、ぜひ皆さんも打ってみて下さいね!

 

 

 

 

 

スポンサー様のサイトも見て下さい!

 

会員権買うなら明治ゴルフ←クリック!クリック!

 

中古クラブならゴルフドゥ←クリック!クリック!

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年07月22日(土) 10時05分53秒

ピンゴルフさんの試打ラウンド! ~G400ドライバー編~

テーマ:試打インプレ ドライバー

 

 

やはり新製品ってのはドライバーは外せないでしょう!って事で↓

 

 

 

 

ドライバーが苦手なお方はピンのGを使え!っとばかりに浸透いたしましたGシリーズの最新作である

 

 

G400ドライバー←クリック!クリック!

 

であります!

 

 

やはり今回もノーマルと、ボールのつかまりを良くしたSFテック(表記はSFT)とスピン量の減るLSテック(LST表記)になったワケですが、やはり今回もテクノロジーがてんこ盛り。

 

 

 

 

 

フェースの素材を変えて、さらに反発しやすくなっていたり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウン部にあるドラゴンフライ・クラウン・テクノロジーはそのままにしてクラウン部をさらに軽量化。

 

かつこのディンプルのような無数の突起が空気抵抗をさらに減らすってんだから驚きです。

 

 

 

 

ソールもリーディングエッジ側からお尻に向かって反りあがる度合いを大きくし、ヘッドの抜けや、やはり空気抵抗に特化した形状になっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてなんと言っても↓

 

 

 

ヘッド体積はなんとなんとの445ccと小さいヘッドになっておりました!

 

実はQP、この変更点には打つ前まで大きな疑問がありましてですね・・・

 

 

 

以前よりヘッドの空気抵抗を減らすテクノロジーに特化してきたピンゴルフさんでしたが、そのために『やさしいドライバーと言えばGシリーズ!』っと言わせた圧倒的な慣性モーメントの大きさが損なわれてしまうのでは?っと思っておりました。

 

 

 

 

んでも打ったら激しく納得。

 

 

 

 

実際の見た目も小ささをまるで感じない作りこみをしてますし、打った感じも『さすがGシリーズ!』っと思わず言ってしまうほどの直進性がありました。

 

しかも、やっぱり振り抜きが良いの!

 

もちろん460ccのソレと比較したワケではありませんが、振り抜けはやはり良くなっておりまして・・・

 

このヘッドサイズだから出来る事ってのがあったんだなぁ・・・っと感心しきりでした。

 

 

 

 

LSテックやSFテックはタングステンポジションの違いから、今までで一番ハッキリとヘッドの違いが分かるかもしれません↓

 

 

 

 

 

上記はLSテック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記はSFテックです。

 

 

 

 

 

やはりキャラ付けはしっかりとなされておりまして、SFテックは前作よりもつかまりが良くなっておりました。

 

QPがとっても気になったのはLSテックでして、スピン量が少ないのにも関わらず、ボールはよく上がるんです。

 

 

コレは全体的に言える事ですが、今回のG400シリーズはボールがよく上がります。

 

なので、購入する際には1度くらいロフトの立ったドライバーを選んでもらえると良いかもしれません。

 

 

 

ちなみにQPは早速注文してきたワケですが・・・マタカヨ・・・

 

 

NEW M1ドライバーだと10.5度をややロフトを立てた状態で使っておりますが、今回ですとLSテックの8.5度でちょうど良いくらいでした。

 

ぜひ皆さんも打ってみて下さいね!

 

 

 

 

 

スポンサー様のサイトも見て下さい!

 

会員権買うなら明治ゴルフ←クリック!クリック!

 

中古クラブならゴルフドゥ←クリック!クリック!

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年07月14日(金) 14時48分48秒

ピンゴルフさんの試打ラウンド! ~クロスオーバー編~

テーマ:試打インプレッション

 

 

え~・・・最近は新製品の発表が相次いでおりまして、ネタには困らず嬉しい限りですが・・・

 

 

本当にもう情報が即座に伝わる時代ですので、QPとしてはあまり注目されていないかな?ってところから攻めて行こうと思います!

 

 

 

ちなみに今回は

 

 

ピンゴルフ←クリック!クリック!

 

 

さんの試打ラウンドでございましてですね・・・

 

 

 

ラウンドにご一緒させていただいたのは何と!!↓

 

 

 

 

 

バレーボール日本代表としても活躍され、現在は解説のお仕事やジュニア育成に力を注いでおられます

 

 

山本隆弘←クリック!クリック!

 

さんとご一緒だったのであります!コレはラッキー!!

 

 

 

山本さんは甘いマスクも有名ですが、何と言ってもバレーボール選手の中でも高身長なのが有名でございまして、その身長は2mを超えてらっしゃるとの事!!!

 

や~・・・QPもそのくらい高かったらなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んん?なら何でこの画像で肩が並んでいるかって・・・?

 

 

それはホラ、QPってば体調が良い日には2m3cmありますから。

 

普段はちょっとお疲れで調子が悪いので167cmくらいに見えると思いますけども、調子がいい日には2m超えです。ハイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

んなワケなくて↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあこういうオチでした。とほほ。

 

 

 

 

 

 

山本さん 『QPさんって面白いですね!その画像下さい!!』

 

 

っと朗らかに言って下さった山本さんは本当に良いお人なんだと思います・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って事で本日はコレから↓

 

 

 

ピンゴルフさんより、以前より発売されておりましたクロスオーバーの進化版である

 

G400 クロスオーバー←クリック!クリック!

 

をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

このクロスオーバー↓

 

 

アイアン形状にも関わらず、中空設計になっておりまして、ミスへの許容範囲が広くなっております。

 

かつ幅広いソールでダフりのミスも軽減されまして、より使い勝手の良いモデルになりました。

 

 

 

 

 

トウ先には↓

 

 

黒いポッチの下になりますが、タングステンを採用しておりまして、慣性モーメントを大きくする製作意図が感じられます。

 

 

よく、アイアンだとトウ側に当たってしまって飛距離をロスするお方がいますが、このクロスオーバーだとそのミスが大幅に軽減されるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

特筆すべきは↓

 

 

 

このヘッドの大きさ!!

 

今回のピンゴルフさんのクラブコンセプトの一つに【反発する】があるワケですが、このクロスオーバーにもそういう反発をもたせる意図をこの大型ヘッドに感じます。

 

要はフェースをたわませて反発させるワケでして、より大きい面で受けたほうが反発そのものの大きさや反発する箇所が増えるワケでして・・・

 

しかもピンゴルフさんとしては初めて、フェースにマレージングを採用しまして、さらに反発力を高めているという事なワケです!

 

 

 

 

確かにヘッド体積を大きくすれば利点があるのは各メーカーさんも分かっているところかと思いますが・・・

 

 

 

なぜ大きくしないかというと、ヘッドが大きくなると地面に当たる面積も、芝を受けるフェースの面積も増えて抜けが悪くなるからなんです。

 

 

 

 

 

その点を今回のクロスオーバーは見事に解消!!

 

 

 

 

ソールの作りをフラットにしたせいでしょうか?

 

QPのヘナチョコインパクトでも明らかに芝を切り裂いての高弾道が打てました!!

 

 

もちろんアイアン形状だから操作性もバツグン!!

 

また欲しいクラブが増えてしまったQPでした。

 

 

しばらく続けます。

 

 

 

 

スポンサー様のサイトも見て下さい!

 

会員権買うなら明治ゴルフ←クリック!クリック!

 

中古クラブならゴルフドゥ←クリック!クリック!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年07月12日(水) 10時16分34秒

QP試打インプレッション ~OT TOUR編~

テーマ:試打インプレ シャフト

 

 

ちょっと遅くなってしまいましたが、三菱ケミカルさんの発表会の続きでございまして・・・↓

 

 

 

こちらはアイアン用のカーボンシャフトである

 

 

OT TOUR←クリック!クリック!

 

でございます!

 

 

 

以前よりアイアン用のカーボンシャフトでOTというモデルが出ておりますが、それのアスリートバージョンと言えばお分かりいただけるかと。

 

ディアマナ サンプというカーボンシャフトも出ておりますが、それ以来のアスリートモデルという位置づけですね。

 

 

 

シャフトの先端部に↓

 

 

書いてありますこのテクノロジーですが、コレこそがOTであるユエンでございましてですね・・・

 

 

多数のカーボンの束を編み上げて、円筒状にしたうえでシャフトを研磨してシャフトの形にするというひじょうに手間のかかる作業で作られております。

 

そのほうが余計な変化が出ないので、球筋が安定するんだとか!

 

正確なショットが要求されるアイアンショットには不可欠なシャフトですね。

 

 

 

 

 

このOT↓

 

 

裏表の半分でカラーリングが異なります。

 

 

 

 

構える方向の色は↓

 

 

この様にシルバーになるのですね。

 

 

理由はと申しますと、プロゴルファーの、特に海外の選手ほど色には保守的なんだそう。

 

スチールシャフトから移行するのに、同じくシルバーのほうが移行してもらいやすいんだそうです。

 

意外な一面を見た気がしたQPでした。

 

 

 

 

 

さて実際に打ってみると、いわゆるツアー向けの挙動だと思いました。

 

手元がややしなるのに対し、シャフトの先端部はとっても硬い!

 

あるゆるライからボールを打つ事を考えると、やはり先端部は硬いほうが安定しやすくなりますよね?

 

手元側のしなりでボール初速を上げて、かつボールをダウンブローに打ちやすくしてラインの出るクラブコントロールを容易にするシャフト挙動は本当にお見事でございます!

 

 

 

んでもやっぱりツアー向けだけあってビン!っとした力強さを感じます。

 

もし使うならシャフト重量を10gくらい落として使うとヘッドスピードが上がって良いかもしれません。

 

 

 

嬉しい事にシャフト重量のラインナップが【80g】【90g】【100g】【110g】というラインナップでして、フレックスは全ての重量帯で【S】と【X】になります。

 

 

80gのXフレックスってのは興味ありますね・・・

 

今回の試打ではボーっとしてて打ってませんので、今度打ちに行ってみようと思いました!

 

 

 

 

 

同じ挙動の↓

 

 

OT TOURハイブリッドも発売!

 

コチラは【80g】【90g】【100g】というラインナップです。

 

 

 

ぜひ皆さんも打ってみて下さいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサー様のサイトも見て下さい!

 

会員権買うなら明治ゴルフ←クリック!クリック!

 

中古クラブならゴルフドゥ←クリック!クリック!

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年07月06日(木) 15時34分38秒

QP試打インプレッション ~ディアマナRFシリーズ編~

テーマ:試打インプレ シャフト

 

 

最近は本当に蒸し暑い日が続いておりますが皆さんはお元気でしょうか?

 

QPはさすがのフトッチョだけあって、この時期は着てるウェアが即時、切手を貼るために湿らせてあるアレみたくなります。確実に失われる水分。

 

そんな暑い日に東陽町駅からメトログリーン東陽町まで歩いてご覧なさいよ。ね?

 

もう蜃気楼とか見え始めてて、横切るラクダを避けつつゴルファーのオアシスに向かう心境って言えばワクワクなんだけど、言っても東京砂漠だもんで辿り着けるか至難の業でございます。ハイ。

 

 

 

 

とはいえ物欲のカタマリであるQPは↓

 

 

 

こんな美味しいエサがあるって聞いたら一目散に向かうワケでございます!!

 

 

ってことで今回は

 

三菱ケミカル←クリック!クリック!

 

さんの新作発表会にお邪魔して、勝手にいろいろ書くインプレッションでございます!

 

 

 

いろんなモデルがあったのですが、今回は注目のモデルである

 

 

ディアマナRF←pdfが開きます。

 

 

をご紹介!!

 

絶対にツアーでも使う選手が続出するであろうシャフトをいち早く打ってみました!

 

 

 

 

 

 

ディアマナと言えば↓

 

 

ハワイアンな花柄が手元側にあしらわれていてキレイ・・・

 

しかも今回のBFから始まった3代目は↓

 

 

先端部に行くにしたがってキレイなシルバーになっていきます。

 

いかにも強靭さを弾きを兼ね備えたシャフト!っといった外観です。

 

 

 

 

実際に打ってみると、手元がしっかりしておりましてシャフトのコントロールが容易な印象。

 

しかし今までの赤のシリーズという印象はハッキリ分かりまして、とにかくシャフト全長での弾き感と先端部に感じる走り感はスゴイ!!!

 

前作のディアマナRをディアマナ史上最速シャフトとQPは表現しましたが、さすが後継モデルだけあって、このRFが最速と言って良いモデルかと思います。

 

 

 

 

んでも数発打ってみて・・・ちょっと面白い挙動に気付いたんです・・・

 

 

 

 

先端部の動きが感じられるので、やっぱりつかまるシャフトの傾向なのかな?っと思っていたのですがチョイと違うみたい?

 

インパクトした瞬間は『お!つかまった!』っと思うほどに左にボールが出るのに、そこからビタイチ左にボールが曲がりません!

 

 

先端部の動きはあるので、ややボールが高い印象でしたが、叩いても左に来ないシャフト挙動はまさにツアー仕様と言えるのではないかと思ってまして、しかも飛ばしに必要な分のつかまりはほど良く残してくれてるシャフトモデルという印象でした。

 

 

 

やはりアスリ-トでややボールを上げてキャリーで飛ばしたいというお方にはうってつけ!

 

50g台のRフレックスから用意されているので、スペックさえ上手く合えば、どなたでも使える逸品になるかもしれません。

 

 

ディアマナRFは9月中旬発売予定!

 

ぜひ皆さんも打ってみて下さいね!!

 

 

 

 

スポンサー様のサイトも見て下さい!

 

会員権買うなら明治ゴルフ←クリック!クリック!

 

中古クラブならゴルフドゥ←クリック!クリック!

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年07月01日(土) 12時39分46秒

ムジークさんのぶっ飛びFW!

テーマ:ブログ

 

先日のラウンドで↓

 

 

 

コチラ←クリック!クリック!

 

でもご紹介いただいておりますが、LUNA SEAの真矢さん、奥様の石黒彩さんご夫婦と、教え子ちゃんである岩橋里衣とラウンドに行きましてですね・・・

 

 

 

終始楽しくラウンドを終えまして、本当に有難く・・・

 

実はこの時、とってもレアな物を打てたのですが、ソレは後のお話しとしましてですね。

 

先日、組んで持って行ったクラブが本当に腰が抜けるほどにビックリの飛びだったクラブでございまして・・・↓

 

 

 

 

 

ハイコチラ!

 

話題沸騰中のムジークさんは

 

オン ザ スクリューDF←クリック!クリック!

 

このフェアウェイウッドであります!!

 

 

 

今まで飛び系フェアウェイウッドっていろいろありましたが、QPの中ではコレが最終結論なんではないか?っと思われるほどに完成度の高い逸品です。

 

 

見た目もイケメンな↓

 

 

 

以前より良いと言われる洋ナシ形のトラディショナルな顔つき。

 

誰もがウットリするようなさわやかイケメン具合はQPのソレとは程遠く・・・

 

本当にアドレスしやすいモデルです。

 

 

 

 

 

 

実はこのフェアウェイウッド、フェースやボディはチタンで出来ておりまして↓

 

 

フェースにはDAT51というチタンの中でもとっても弾くフェース素材を惜しみなく使う事によってドライバー並みの反発を実現しております。

 

 

 

 

 

 

 

んでもね・・・

 

こういうヤツってたいていがアスリート向き。

 

こんな本格的な顔してるヤツじゃボールが上がらなくってしょうがないんじゃないの?

 

一般ゴルファーが打てるの?ってお思いでしょう!!

 

 

 

 

 

ソコにはこんな仕掛けが↓

 

 

 

実はコレ、ソールプレートはとっても重いステンレスを採用しておりまして、その重さはなんと90gもあるんだとか!!

 

ボディをチタンで作っているのはフェースの反発を良くする狙いもあれば、このように重いプレートをヘッド下部に付けるためにヘッド自体を軽く作らなければいけないっていう狙いもあったんですね!

 

しかもこのプレートってばCNCミルドという、超精密に作れる製法を採用してまして、一日に数枚しか作れずに生産が追い付かないって事なんです。

 

 

 

 

 

 

 

この重いプレートを採用する事によって↓

 

 

ヘッドの重心を低く、深く出来ます。

 

重心が深いとボールが上がりやすくなって、ヘッドスピードがさほどなくてもボールが簡単に上がります。

 

重心が深いと慣性モーメントも上がるので、ボールも曲がりづらくなりますよね?

 

実際にQPがラウンドで試した時も、やや曲げて打ちたい局面でもあまり曲がらずに直進性の高いボールで飛ばせました。

 

 

 

んでも特筆すべきはやはり飛び!

 

低重心の恩恵でしょうが、とにかくスピンレスに強いボールで飛びます。

 

久しぶりにロングのセカンドでキャリー260yくらい打てた時には若返った気がしたなぁ・・・遠い目・・・

 

 

 

ムジークさんは自社のホームページでモンスターフェアウェイウッドと表現してますがまさにその通りかと。

 

打ち出し角は楽に上がるのですが、スピンが一般的なフェアウェイウッドと比べると少ないので、プレーヤーによっては3Wよりも4Wや5Wのほうが飛ぶというお方もいらっしゃるかもしれません。

 

ぜひ皆さんも打ってみて下さいまし!

 

 

 

 

スポンサー様のサイトも見て下さい!

 

会員権買うなら明治ゴルフ←クリック!クリック!

 

中古クラブならゴルフドゥ←クリック!クリック!

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。