日本弁護士連合会(宇都宮健児会長)は7日、参院議員会館で「労働者派遣法『改正』案の問題点を正す緊急院内集会」を開き、改正案の問題点を指摘、修正を求めていく姿勢を表明した。改正案について(1)登録型派遣の例外として認められる専門26業務は、専門とは言えない業務もあり見直しが必要(2)常用雇用は期間の定めのない雇用であることを確認する(3)日常のトラブル解決に、派遣先にも労組との団体交渉応諾義務を課す--などと指摘した。

【関連ニュース】
足利事件:誤判原因調査機関の設置求める…宮崎日弁連会長
オウム:松本死刑囚の弁護士1人、処分を変更 日弁連
日弁連:「誤判」原因究明へ、第三者機関設置を提言
日弁連会長選:再投票で宇都宮氏当選
日弁連:会長選再投票は10日 都市対地方の構図で激戦に

京都府知事選、現職・山田啓二氏が3選確実(読売新聞)
普天間、沖縄負担軽減を強調=10年版外交青書(時事通信)
子ども手当、半額は「現物支給」=民主若手が提言(時事通信)
<厚労省調査>インドネシア人看護師候補 患者は好意的評価(毎日新聞)
東北新幹線、ドアトラブルで運休 400人に影響(産経新聞)
AD