電車内で痴漢行為を行ったとして、千葉県警松戸署は26日、県迷惑防止条例(痴漢)違反の現行犯で、同県白井市堀込、警視庁蔵前署警務課長代理、斉藤順一容疑者(58)を逮捕した。同署によると、「下腹部を数回触った」と容疑を認めているという。

 同署の調べによると、斉藤容疑者は同日午前7時5分ごろから約5分間、北総鉄道の新鎌ケ谷~東松戸駅の電車内で、白井市に住む都内の公立中学校教師の女性(23)の体をさわったとされる。

 斉藤容疑者が下車しようとした際、女性が容疑者の手をつかみ、鉄道警察隊員に引き渡した。女性はこれまでにも同様の被害に遭って県警に相談。この日は、鉄道警察隊員が女性の周辺で警戒に当たっていたという。

【関連記事】
ホームステイ先で就寝中の女性の手を1時間握る 大阪府職員を停職
性犯罪者のGPS付足輪装着強化へ 韓国
NHK、強制わいせつのエンジニアを懲戒免職に
電車内で男子中学生に痴漢 大阪市立小の男性教員を逮捕
勤務先で多発、子供が大半…浮かび上がる教員のわいせつ行為

<長野夫婦殺害>被告に無期懲役の判決 長野地裁上田支部(毎日新聞)
建設会社社長ら2人を逮捕=玉東町の入札妨害-熊本県警(時事通信)
<強風>壊れた屋根直撃、47歳女性が死亡…北九州の駐車場(毎日新聞)
鶴岡八幡宮 「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(3)「逮捕しないと事件終わらない」(産経新聞)
AD