1963年、石川県から出港した後に行方不明となり、死亡認定後に北朝鮮での生活が確認された寺越外雄さん=失跡当時(24)=について、神戸市の兄文雄さんが、海上保安庁に死亡認定取消願を提出したことが24日、分かった。寺越さんはその後、北朝鮮で死亡したとされる。
 支援団体によると、寺越さんは63年5月、親族2人と漁船で出港後に行方不明となり、その後海上保安庁が死亡認定した。しかし、87年に寺越さんから手紙が届き、北朝鮮での生存が判明。現地で結婚し子供もできたが、94年に死亡したとされる。
 支援団体は「取り消されれば事実上の拉致被害者と認定され、子供が日本国籍を得て帰国しやすくなる」と話している。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島~金総書記、「余命は3年」~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~
朝鮮学校、無償化見送りを=「思想教育を実践」

足利事件再審 裁判長が菅家さんに謝罪(産経新聞)
総務相「介入と感じたなら遺憾」自殺報道照会(読売新聞)
みんなの党・江田氏「権力闘争に国民は辟易」 新報道2001抄録(産経新聞)
スギ花粉症ワクチンの共同研究に着手―理研と鳥居薬品(医療介護CBニュース)
「円天」詐欺事件 元会長に懲役18年判決…東京地裁(毎日新聞)
AD